東京リベンジャーズ25話のアニメ放送はいつから?

スポンサーリンク
デフォルト 0未分類

東京リベンジャーズのアニメは24話が最終回となっていました。

24話では2005年10月31日に東京卍會・芭流覇羅(バルハラ)の間で起こった抗争「血のハロウィン抗争」が収束。

本来はこの抗争で場地圭介が一虎に、一虎がマイキーに殺される結果となりましたが、タイムリープしたタケミチの介入によってマイキーが一虎を殺害せずに抗争は終了。

タケミチが再び現代に戻ると東京卍の幹部になっていました。

ちなみに、東京リベンジャーズ漫画原作では血のハロウィン編とされるのは5巻36話~9巻77話あたりになります。

スポンサーリンク

東京リベンジャーズ25話のアニメ放送はいつから?

東京リベンジャーズのアニメ25話が放送されるなら第2期(シーズン2)といった扱いになります。

24話では「血のハロウィン抗争」後の世界が描かれていて、現在にタイムリープした「タケミチ」は千冬と再会し、「稀咲」とも対面することになりました。

「血のハロウィンは俺が仕組んだ」
「場地が死んだのは俺のせい」
「ずっと謝りたかった」

と、稀咲から謝罪されたタケミチは「ん?(稀咲)がいいヤツに変わってる?」といった感情が頭をよぎりますが、それは一瞬の出来事にすぎませんでした。

稀咲は千冬に銃口をむけると引き金を引きます。

千冬はタケミチに

「マイキー君は姿を消してドラケン君も死刑」
「いつの間にか汚ねぇ事にも手を染めた」
「オレらは間違いもいっぱい犯した」
「でも、根っこは変わんねぇハズだ」
「場地さんの想いを、東卍を頼むぞ、相棒」

といった言葉を残して命を落とすことになります。

稀咲はタケミチにも銃口を向けますがなぜか涙を流しながら「じゃあな、オレのヒーロー」と口にしています。

東京リベンジャーズ25話ではこの後の展開について漫画本編が放送されることになりそうですが、具体的な日程はまだ明らかにされていません。

ネットではアニメでドラケン役を担当している人気声優・鈴木達央による不祥事によって第2期が放送されないかもしれない、と心配する声も出ています。

ちなみに東京リベンジャーズのシーズン1はアマゾンプライムで視聴できます。

月額料金だけで全話(1話~24話)を追加料金なしで視聴できて、アマゾンプライムといえば他の動画配信サービスに比べると圧倒的に低価格なのが特徴です。

月額料金プラン 500円/月
年額プラン 4,900円/年(月換算408円)

となっているので、もし1か月以内の24話をすべて視聴してしまった場合、何と1話当たり約20円で済むことになります。

アマゾンプライムで東京リベンジャーズを視聴するにはこちら

さらに大学生や専門学校生など、学生の方は、Prime Students(プライムスチューデント)がおすすめです。

月額料金プラン 250円/月
年額料金プラン 2,450円/年(月換算204円)

通常のプランのほぼ半額となっています

Prime Studentsで東京リベンジャーズを視聴するにはこちら

タイトルとURLをコピーしました