運行管理者解答速報2020(難易度,問題解説,合格率,合格基準点,ボーダーライン)

スポンサーリンク
受験,入試(解答速報,倍率,志願状況)


運行管理者は下記のような日程・内容で行われました。

■日程
令和2年3月1日(日)

■合格発表
令和2年3月31日(火)

■出題範囲

【貨物】
貨物自動車運送事業法関係
道路運送車両法関係
道路交通法関係
労働基準法関係
その他運行管理者の業務に関し、必要な実務上の知識および能力

【旅客】
道路運送法
道路運送車両法
道路交通法
労働基準法
その他運行管理者の業務に関し、必要な実務上の知識および能力

スポンサーリンク

運行管理者試験解答速報2020

2020年の運行管理者解答速報は

twitterのハッシュタグ「#運行管理者解答速報」
5ch

といった手段で情報収集できます。

twitterのハッシュタグ「#運行管理者試験」でも解答が続々と投稿されるし、
5ch掲示版にも解答がドンドン投稿されていきます。

最終的に完成度の高い解答速報が出来上がるスピードで言えば、
5ch掲示版が最も早い印象があります。

最も信頼できる解答は「運行管理者試験センター」のホームページで更新されます。

正答発表|試験を受けた方|公益財団法人 運行管理者試験センター

運行管理者試験の合格率,合格ボーダーラインは?

運行管理者試験で合格するには

  • 総得点が満点の60%(30問中18問)以上
  • 出題分野(貨物、旅客)ごとに1問以上の正解
  • 出題範囲「その他運行管理者の業務に関し、必要な実務上の知識および能力」については正解が2問以上

という条件を満たしている必要があります。

運行管理者試験の合格者数・合格率の推移を見てみるとおおむね30%前後を推移しており、
資格試験の中では難易度が高めの試験と言えます。

運行管理者試験受験者数合格者数合格率
令和元年度 第1回試験36,530人11,584人31.70%
平成30年度 第2回試験29,709人9,743人32.80%
平成30年度 第1回試験35,619人10,220人28.70%
平成29年度 第2回試験29,063人9,605人33.00%
平成29年度 第1回試験37,774人13,238人35.00%
平成28年度 第2回試験29,621人6,069人20.50%
平成28年度 第1回試験36,028人10,868人30.20%
平成27年度 第2回試験29,520人8,582人29.10%
平成27年度 第1回試験32,699人7,402人22.60%
平成26年度 第2回試験27,610人10,180人36.90%
平成26年度 第1回試験25,501人3,674人14.40%

調理師試験のように受験資格を満たしたうえで受験をすればほぼ間違いなく合格するような試験ではなく、
それなりに勉強をしないと合格は難しくなります。

運行管理者試験の難易度,受験生感想まとめ

タイトルとURLをコピーしました