運転で対向車すれ違いが怖い!

スポンサーリンク
デフォルト 0未分類

細い道で対向車とすれ違うのが怖い!

狭い道の運転で対向車とすれ違うときに怖いと感じるのは誰でも同じです。

左側はサイドミラーを見れば、どのくらい残っているかわかりますが、右側は相手のミラーにぶつけてしまいそうで怖い場合、どうすれば良いんでしょうか?

スポンサーリンク

運転で対向車すれ違いが怖い!

細い道で対向車とすれ違うのが怖い場合、いずれにしても慣れと経験が足りていない証拠でしょう。

運転に慣れている人でも多少の恐怖と不安を感じながらすれ違いをしているものです。

少しでも怖さを克服するためには、スーパーなどの広い駐車場へガラガラにすいている時間帯に行って練習をしてみましょう。

地面に描いてある白線を中央線に見立てて車を停めてみることをオススメします。

自分で「これくらいだと怖いかな?ギリギリで怖いかな?」と思う位置に車を停めてから、車外へ出て実際どれくらい線から離れているかを確認するのです。

右と左と両方実地体験して車両感覚をつかむと、道を走っている時も車庫入れをする時も心に余裕を持てるようになります。

普段、車を停めてる時に運転席に座って、自分の位置から見てミラーの端がどのくらい離れてるか慣れておくのも良いでしょう。

それに、細い道で対向車とすれ違うのがどうしても怖いうちは、止まってしまったら良いのです。

完全に止まってしまえば、当たったとしても相手側の過失です。

まとめ:運転で対向車すれ違いが怖い!

運転で対向車すれ違いが怖い場合、交通量が極端に少ない時は、ギリギリ寄せたら停車しミラーをたたみましょう。

相手に譲りささっさと行ってもらった方が安全だし気楽です

慣れてくると対向車も当然避けるわけで、距離感でわかるようになってきますが、『 電柱や標識の横で、同時にすれ違わない 』点にも注意をしましょう。

道幅と自車(大型又は中型)の位置および対向車両の位置、自車側並びに対向側の電柱や標識の場所なども、早くから広く見渡してお互いにベストな位置ですれ違えるようにするのです。

ギリギリすれ違いができない幅で、お互いが止まってしまいました。お互い後続車がいるためバックすることもできないような道を走らなくてもいいようなルートで走る。

仕方なくその道しかないのであれば、精一杯ギリギリ端に寄って待ち、これが精一杯だということをアピールし、相手の車の出方を伺う。

相手も端に寄せたら、頑張って通過しようとしてみる。

それでもお互いに通過できそうにない道幅なら、一度車から降りて、対向車もしくは自車の後続車に「これは通過が無理だと思います。後ろの広くなる場所までバックしてもらえませんか」と下手に出て伝える。

それでも相手がバックする気がないなら、後ろの車の人にも状況を説明して、先ほどの対向車の人も加えてどうすべきか話し合って、折り合いをつける。

それでも解決しないなら警察を呼んで対処してもらう。

運転で対向車すれ違いが怖い!ネットの口コミは?

タイトルとURLをコピーしました