浦和学院野球部メンバー2021!出身中学や注目選手#甲子園スタメン

スポンサーリンク
デフォルト 0未分類

浦和学院高校野球部が2021年の夏の甲子園(第103回全国高校野球選手権大会)出場を決めました。

浦和学院高校野球部はこれで3年ぶり14度目の甲子園出場となりました。

スポンサーリンク

浦和学院高校野球部メンバー2021の出身中学

背番号選手守備学年出身投/打身長/体重
1宮城誇南投手2年生読谷ボーイズ左/左173/70
2吉田瑞樹捕手3年生東松山市立南中右/右177/82
3金田優太内野手2年生川口市立芝西中右/左179/74
4八谷晟歩内野手2年生佐賀フィールドナイン右/右169/69
5高松陸内野手3年生東京神宮リトルシニア右/右174/72
6吉田匠吾内野手3年生いわきボーイズ右/左173/75
7松嶋晃希外野手3年生倉敷ビガーズ右/左183/76
8藤井一輝外野手3年生橿原ボーイズ右/左175/74
9三奈木亜星外野手3年生山口東リトルシニア右/左178/79
10芳野大輝投手2年生熊本泗水ボーイズ左/左
11浅田康成投手2年生愛知名港ボーイズ右/右174/72
12高山維月捕手2年生福岡志免ボーイズ右/左180/70
13倉岡弘道内野手3年生熊本泗水ボーイズ
14尾崎亘内野手3年生和歌山御坊ボーイズ右/左168/71
15大内碧真内野手2年生新座東リトルシニア右/左172/65
16観音啓太内野手3年生大森ホワイトスネークス右/右173/73
17松田大成内野手3年生千曲ボーイズ/左
18石田創大郎外野手3年生オール岡山右/右160/68
19安達斗空外野手3年生長岡リトルシニア左/左184/80
20藤野航捕手2年生狭山西武ボーイズ右/右

浦和学院高校野球部メンバー2021の出身中学

2019秋季県大会メンバーの出身中学一覧です。

背番号名前ポジション学年出身中学中学所属
1三奈木 亜星投手1山口 室積中学校山口東シニア
2吉田 瑞樹捕手1埼玉 東松山南中学校中学軟式(県選抜)
3小櫻 耕介内野手2広島 府中緑ヶ丘中学校ヤングひろしま
4吉田 匠吾内野手1福島 小名浜第一中学校いわきボーイズ
5高松 陸内野手1埼玉 広島中学校東京神宮シニア
6樋口 結希斗内野手2佐賀 小城中学校佐賀フィールドナイン
7金丸 斗南外野手2北海道 札幌丘珠中学校札幌新琴似シニア
8里 飛鳥外野手2兵庫 猪名川中学校兵庫伊丹
9茂原 亨一朗外野手2佐賀 小城中学校佐賀フィールドナイン
10美又 王寿控え2福岡 頴田中学校飯塚ボーイズ
11廣咲 悠雅控え2沖縄 仲西中学校大矢BBC
12眞銅 和馬控え2大阪 羽曳野中学校羽曳野ボーイズ
13松嶋 晃希控え1岡山 福田中学校倉敷ビガーズ
14小嶋 晴彦控え2神奈川 南加瀬中学校東京城南ボーイズ
15齋藤 知哉控え2埼玉 坂戸桜中学校狭山西武ボーイズ
16伊藤 和平控え2愛知 志賀中学校東山クラブ
17オコーリ・ジャスティン健控え2埼玉 川越砂中学校川越シニア
18松村 海李控え1熊本 熊本城西中学校熊本泗水ボーイズ
19藤井 一輝控え1奈良 片塩中学校橿原ボーイズ
20木藤 忠広控え2埼玉 富士見西中学校新座シニア

浦和学院高校野球部メンバー2021甲子園スタメンは?

浦和学院高校の甲子園スタメンは地方大会決勝のベンチ入りメンバーとほぼ同じになると予想されます。

打順 守備 名前 学年
1 二 吉田匠吾 3年生
2 遊 金田優太 2年生
3 左 松嶋晃希 3年生
4 捕 吉田瑞樹 3年生
5 右 藤井一輝 3年生
6 一 高松陸 3年生
7 右 三奈木亜星 3年生
8 投 宮城誇南 2年生
9 三 八谷晟歩 2年生

勝てば甲子園が決まる全国高等学校野球選手権埼玉大会決勝で浦和学院高校野球部は昌平高校と対戦。

浦和学院高校野球部は初回に吉田瑞樹(3年)の犠牲フライで1点を先制すると、2回にも吉田匠吾(3年)の3ランホームランなどで4点を追加。

3回以降も得点を重ね、守っては4投手の継投で昌平打線に1度もリードを許すことなく勝利しました。

■全国高等学校野球選手権埼玉大会の戦績
決勝 昌平 10-4
準決勝 春日部共栄 6-1
準々決勝 立教新座 2-0
5回戦 坂戸 10-0
4回戦 東農大三 8-0
3回戦 越谷南 11-1
2回戦 聖望学園 11-4

浦和学院高校野球部メンバー2021の注目選手

三奈木 亜星

2021年ドラフト候補 三奈木亜星(浦和学院) 5球団が評価 打撃・投球集 vs正智深谷

名前:三奈木 亜星(みなぎ あせい)

出身:山口県光市

身長:180cm

体重:78kg

投打:右投げ左打ち

ポジション:ピッチャー兼外野手

出身中学:光市立室積中学校

ポジション:投手/ 内野手/ 外野手

学年:3年

球速:146km/h

遠投:120m

50m走:6.2秒

ウクライナ人の母を持つハーフで、兄は山口県立光高校でプレーしていた三奈木玲音選手。

小学6年生の時に軟式ですでに130km/hを記録する剛腕ぶりを発揮し中学時代は硬式野球チーム・山口東リトルシニアでプレー。

主将兼エースとして挑んだ中3夏の全国大会では準優勝に貢献し、138キロの速球を投げて注目されました。

浦和学院では1年生の春から背番号18でベンチ入りすると、1年時秋の新チームで背番号1でレギュラーを獲得。

5番・左翼手レギュラー兼投手で主力を務めますが2年夏から秋にかけてはベンチ外も増え登板もないまま終わります。

3年時春の県大会から再び5番・右翼手兼投手でレギュラーに復帰すると、球速も最速146km/hをマーク。

ノーワインドアップから重心を下げて早めに着地するフォームから、スライダー、カーブ、チェンジアップなどの変化球を投げ分けます。

打撃では1年からすぐに高校野球の球速に対応し、左右に鋭い打球を飛ばしています。

浦和学院高校野球部メンバーの進路

鈴木 健 8期生 内野手/ドラフト1位 西武~ヤクルト 現役:1988~2007
清水 隆行 12期生 外野手/ドラフト3位 東洋大~巨人~西武~巨人1軍打撃コーチ~U15日本代表監督 現役:1996~2009
鷹野 史寿 12期生 外野手/ドラフト6位 国士舘大~日産自動車~近鉄~楽天~楽天スクールJrコーチ 現役:2000~2008
田中 充 14期生 投手/ドラフト4位 東洋大~NTT関東~NTT東日本~ロッテ~ヤクルト 現役:2002~2007
木塚 敦志 16期生 投手/ドラフト2位 明治大~横浜~横浜1軍投手コーチ 現役:2000~2010
久保田 智 16期生 外野手/ドラフト6位 東洋大~川崎製鉄千葉~ヤクルト~電通 現役:2003~2006
石井 義人 17期生 内野手/ドラフト4位 横浜~西武~巨人~埼玉武蔵ヒートベアーズ打撃コーチ~公徳会佐藤病院・軟式野球部顧問 現役:1997~2014
三浦 貴 17期生 外野手/ドラフト3位 東洋大~巨人~西武~浦和学院高教員・コーチ 現役:2001~2009
小川 将俊 17期生 捕手/ドラフト8位 東洋大~日本通運~中日~中日ブルペン捕手~中日バッテリーコーチ 現役:2004~2009
坂元 弥太郎 21期生 投手/ドラフト4位 ヤクルト~日本ハム~横浜~西武~新波投手兼コーチ~APベースボールワールド(野球スクール)コーチ 現役:2004~2009
大竹 寛 22期生 投手/ドラフト1位 広島~巨人 現役:2002~
須永 英輝 24期生 投手/ドラフト2位 日本ハム~巨人~日本ハム~日本ハム打撃投手 現役:2004~2016
豊田 拓矢 25期生 投手/ドラフト3位 上武大~TDK~西武 現役:2014~2018
今成 亮太 26期生 捕手/ドラフト4位 日本ハム~阪神 現役:2006~2018
赤坂 和幸 28期生 外野手/ドラフト1位 中日 現役:2008~2017
坂本 一将 29期生 内野手/育成4位 東洋大~セガサミー~石川ミリオンスターズ~オリックス 現役:2017~2018
南 貴樹 31期生 投手/ドラフト3位 ソフトバンク 現役:2011~2014
小島 和哉 35期生 投手/ドラフト3位 早稲田大~千葉ロッテ 現役:2019~
榊原 翼 37期生 投手/育成2位 オリックス 現役:2017~
渡邉 勇太朗 39期生 投手/ドラフト2位 埼玉西武 現役:2019~

引用:https://ug-baseball.com/obinfo/ob/

浦和学院高校野球部の監督

浦和学院高校野球部の監督は森士監督です。

■森士監督プロフィール

生年月日:1964年6月23日

年齢:57歳

出身中学:浦和市立(現さいたま市立)大谷場中学校

出身高校:上尾高校

出身大学:東洋大学

■森士の監督としての主な成績
1992年 第64回選抜高等学校野球大会 ベスト4
1998年 第70回選抜高等学校野球大会 ベスト8
2002年 第74回選抜高等学校野球大会 ベスト8
2010年 第41回明治神宮野球大会 ベスト4
2012年 第84回選抜高等学校野球大会 ベスト8
2010-12年 秋季関東地区高等学校野球大会 3連覇(史上初)
2013年 第85回記念選抜高等学校野球大会 優勝
2014年 第45回明治神宮野球大会 準優勝
2015年 第87回選抜高等学校野球大会 ベスト4
2018年 第100回全国高等学校野球選手権記念大会 ベスト8
甲子園出場回数と勝敗数

■甲子園の戦績
春:出場10回・20勝9敗
夏:出場11回・8勝11敗
通算:出場21回・28勝20敗

■主な表彰

2013年 – 彩の国功労賞(埼玉県)、さいたま市長特別賞(さいたま市)、教育功労賞(埼玉県)、埼玉文化賞(埼玉新聞社)

中学時代には全国大会3位入賞を経験。

上尾高校時代に肘を故障し、医師から手術の成功率は7割と言われたものの野球を続けたかったため手術を決断。

高校3年間は怪我もあり一度もベンチ入りはできなかったものの、高校2年生の時に第54回選抜高等学校野球大会に出場しています。

東洋大学卒業後は、浦和学院高校の野球部部長になることが決まっていて、上尾高校時代の恩師である野本喜一郎の下で指導するはずが、大学4年時に野本喜一郎さんががんのため死去。

1986年から野球部部長を務めると1991年には27歳の若さで同校監督に就任。監督就任1年目で迎えた秋季関東大会ではベスト4にチームを導いています。

その後、浦和学院を春夏通算21度の甲子園出場を誇り2013年にはセンバツ初優勝を果たすなど甲子園常連校に育て上げた。

また2016年から早大大学院に入学し、修士を取得しています。

多数のプロ野球選手を輩出しており、選手の育成手腕には定評がありますが監督として30年目の節目となった2021年を持ってユニホームを脱ぐことを発表。

後任候補には森士監督の長男で浦和学院高校野球部の部長を務める森大さんの名前が挙がっています。

■森大の略歴
出身校 浦和学院高校→早稲田大学→三菱自動車倉敷オーシャンズ
球歴 投手。平成20年夏甲子園出場、全日本大学選手権優勝
出身地 さいたま市(旧浦和市)
生年月日 1990年
血液型 A型
好きな言葉 不道心
スタッフ暦 2016~

浦和学院高校野球部の戦績

■浦和学院高校2021戦績
出場した主な大会 大会戦績
秋季県大会 3回戦で敗退
春季県大会 優勝
春季関東大会 ベスト8
夏季県大会 優勝

■浦和学院高校甲子園戦績
出場回数(春選抜大会) 10回
    (夏選手権大会) 13回
優勝 1回
準優勝 0回

初優勝を達成した2013年第85回春の選抜大会の戦績
◯ 4-0 土佐高
◯11-1 山形中央高
◯10-0 北照高
◯ 5-1 敦賀気比高
◯17-1 済美高

タイトルとURLをコピーしました