ヤーラ殺害事件の犯人逮捕は?動機・判決は?イタリア13歳新体操少女

スポンサーリンク
デフォルト 0未分類

イタリアでピッコラ・ヤーラは当時13歳が何者かによって殺害される事件が発生。

「奇跡体験!アンビリーバボー」について「ありえへん世界∞」でも紹介されたヤーラ殺害事件の犯人は誰?動機や逮捕で判決は?

スポンサーリンク

ヤーラ殺害事件の犯人逮捕は?動機・判決は?イタリア13歳新体操少女

事件が起きたのは2010年11月26日のこと。

イタリア・ミラノの隣町ベルガモ県で美少女だと噂されていたピッコラ・ヤーラ当時13歳が1人で帰宅途中の道すがら行方不明となった。

ヤーラはイタリアの新体操界で、希望の星とも言われる人物だったこともあり誘拐事件としてすぐトップニュースになった。

ヤーラが行方不明になったのが、新体操の練習終えた自宅までの帰り道のわずかな時間でした

小さな田舎町で起きた事件だったということもあり、ヤーラは発見には時間がかからないだろうと言われていたが、失踪から3ヶ月が経過しても手掛かりを見つけることができず、徐々に事件性を帯びていきます。

そして町外れの空き地で、全身を何箇所も刺された状態で帰らぬ姿となって発見されました。

事件後すぐに犯人と思われるモロッコ人が逮捕されていますが、これは誤認逮捕だったということで釈放。

ヤーラの衣服に犯人のものと思われる血痕があったことから、警察は街の住民全員にDNA鑑定への協力を依頼しますが該当する人物は見つかりません。

警察は提供しなかった人物を徹底的に調べ続け延べ1万8千人のDNA鑑定を実施。

すると2011年10月21日、鑑定した住民の中に現場に残されたDNAと似た特徴を持つ人物が見つかります。

ヤーラ殺害事件の犯人の動機・判決は?イタリア13歳新体操少女

この男の登場が事件を奇妙な方向へと発展させていきます。

この男の血縁者の中に犯人がいると睨んだ警察は両親や兄妹、親戚まで徹底的にDNA鑑定を行った。

男の家にあった絵葉書の切手に付着した唾液から採取されたDNAにより新たに疑惑の人物が浮かび上がった。その人物は男の叔父でバス運転手のジュゼッペグエリノーニという男性。

しかしその叔父は10年以上も前の1999年に亡くなっていた。事件が起きた時、この男はこの世に存在していなかった。

その男が生前に使っていた免許証に貼られていた印紙の唾液からDNAを採取したという。

グエリノーニのDNAと犯人のDNAは一致していたわけではなかったが、血縁者の中にはいるのは間違いがないということで、グエリノーニの子どものDNAが犯人のものと99%合致していると特定された。

しかし、グエリノーニの子どもたちのDNAは鑑定済みで、完全に一致するものではなかったそうだ。

そして、グエリノーニはすでに死亡していたということもあり、捜査は行き詰まることとなった。

事件の真相はますます謎に包まれたのだった。

その後、捜査員は調査を進めていく中で、ある仮説を立てた。

その仮説とは、グエリノーニには愛人がいて、その隠し子も存在しているのではないか?という仮説である。

そして、その仮説を基に調査を進めていった結果、10年以上も前に亡くなったには愛人がいて、妊娠をさせたという情報が入ってきた。

捜査員はグエリノーニの愛人を特定することに成功。

だが、その愛人は既に結婚しており、双子の子どもにも恵まれごく普通の生活をしていたという。

そこで捜査員は犯人と疑われる双子の子どもがらよく通る道に検問をはり、子どもたちのDNA採取に成功。

すると、双子の子どもの一方のDNAが、ヤーラ発見現場に残されたDNAと一致。

生前バス会社で働いていて明るかったグエリノーニは既婚にも関わらず女癖も悪かったという。

手当たり次第声をかけ、その誘いに乗った1人との間に双子の子どもができたのでした。

3年半の月日をかけて、ようやく犯人逮捕に至った。

犯人は当時44歳の土木工事作業員のマッシモ・ボッセッティで、犯行の動機は暴行目的で誘拐したが、抵抗されたからというものだった。

犯行の否定をしてたそうですが 少女が誘拐された日、現場近くの防犯カメラに男のトラックが7回も映っていた。

さらに被害者の着ていた衣服に付着した繊維が男の車のシート素材と同じだということも明らかになり、裁判で終身刑が言い渡されています。

タイトルとURLをコピーしました