矢沢永吉の35億円の詐欺事件(オーストラリア)とは?で借金完済?

スポンサーリンク
デフォルト 0未分類

矢沢永吉さんは40年以上に渡って日本のロックシーンに君臨してきたカリスマ。

多くのファンがその「生き様」に憧れる矢沢永吉さんのオーストラリアで巻き込まれた35億円という巨額詐欺事件の全貌は?

スポンサーリンク

矢沢永吉の35億円の詐欺事件(オーストラリア)とは?で借金完済?

矢沢永吉、35億円詐欺のバッシングを回想「俺が倒れるの待ってんだろうな、と」

日本ロック界の礎を築き上げたトップシンガーの矢沢だが、かつて35億円もの詐欺被害に遭った。80年代後半、矢沢は世界進出の夢を実現するため、銀行から35億円を借り、オーストラリアの土地とビル2棟を購入する。しかし10年後、矢沢の知らぬ間に土地とビルは勝手に競売にかけられ、他人の手に渡ったことが発覚した。

のしかかる絶望感と借金のプレッシャー、そして「騙された矢沢が悪い」とマスコミから激しいバッシングを受けることに。「俺が倒れるの待ってんだろうな、と思いますよね。今でこそこう笑いながら、いや実はね~って言えるけどあの時はね、あれは今でも忘れない」と矢沢は当時の心境を回想する。

https://news.mynavi.jp/article/20220718-2401501/

矢沢永吉さんはオーストラリア・ゴールドコーストに音楽学校やスタジオを併設するビル施設を建てることを計画。

英語が話せて現地との交渉事をスムーズにできる不動産や金融関係の経験が豊富な信頼できる二人の部下に任せたものの、矢沢への報告はすべて虚偽だったことが判明

矢沢永吉さんの名義で矢沢の資産を担保に入れて金を借りたが、取締役が35億円を横領し持ち逃げされています。

これはオーストラリア犯罪史上二番目に大きい被害金額で、矢沢永吉さんも一時は打ちのめされたそうですが、その後はCMや映画などにも出演し露出を増やすと数年をかけて全額返済。

自己破産はしたくないと当時を振り返って言っていました。頑張れば返せない額じゃないと。

矢沢永吉のCM出演料は1億4千万円と言われており日本では渡辺兼と並んで最高の出演料と言われております。

返済は一度も遅れることなく行われ、銀行の担当者に「返済の優等生」と言われたという。

スポーツ新聞や週刊誌に「矢沢永吉35億の詐欺に合う」と書かれたものが一面を飾り、マスコミやその他の人間もこれで、矢沢永吉もおしまい。中には面白いと思う人間もきっと居るだろうと思った矢沢永吉は「こいつ等の思うようにはさせない」と思ったそうです。
マスコミも矢沢永吉がバンザイ(自己破産)するのを
待っているから、絶対に返してみせると思ったそうです。

矢沢永吉さん借金完済後、新たに都内にスタジオを兼ねた15億円ものビルを建設している。

矢沢永吉さんのお金を持ち逃げした犯人はその後、2003年3月13日に、オーストラリアのブリスベーン地方裁判所でオーストラリア事件の判決が出ました。

矢沢永吉著書『アー・ユー・ハッピー?』によるとひとりは禁固10年の刑。しかし、3年4か月で仮釈放の検討対象に。

もうひとりは禁固4年。1年で仮釈放検討に。

この2人はラスベガスなどでかなりのお金を使ってしまい、
残りのお金のも不明となっています。多分、犯人2人は
出所後、日本で暮らすとみられ、オーストラリアの司法
では返済義務までは踏み込めなかったのではないかと思います。
そして土地も建設者も矢沢永吉自身の名前なので
合点がいかないでしょうが、仕方の無い事なのかも知れません。

矢沢永吉の35億円の詐欺事件(オーストラリア)にネットの口コミは?

タイトルとURLをコピーしました