米子北高校サッカー部メンバー2020|出身中学や進路は?監督は?

スポンサーリンク
0未分類

米子北高校が第99回全国高校サッカー選手権大会の本選に出場。初戦は山梨県代表の山梨学院高校と対戦します。

スポンサーリンク

米子北高校サッカー部メンバー2020

米子北高校は、第99回全国高校サッカー選手権大会の鳥取県大会・予選決勝で、米子東と対戦。

22年ぶり9回目の選手権出場を狙う米子東に対して、米子北高校は猛攻を仕掛けます。

開始直後から米子北がどんどん前線にボールを送り込む波状攻撃を仕掛け前半を「2-0」で折り返すと、
後半も米子北が主導権を握る展開は変わらず、米子東も粘って耐えるしかなく結局「7-0」という大差がつき、、
米子北高校が11年連続16回目の優勝を決めました。

■米子北高校の予選結果
全4戦31得点1失点
2回戦:10-0 vs 八頭
準々決勝:6-1 vs 米子松蔭
準決勝:8-0 vs 鳥取城北
決勝:7-0 vs 米子北

1 GK 長崎勇也 3年 サウーディ
17 GK 森木海斗 3年 蹴友
2 DF 為本滉太 3年 FC Viprate
3 DF 鈴木慎之介 2年 大宮アルディージャU-15
5 DF 横山凌雅 3年 サンフレッチェ広島Jrユース
6 DF 木村滉太 3年 セレッソ大阪西U-15
12 DF 吾郷凌成 3年 サンフレッチェくにびきJrユース
14 DF 海老沼慶士 2年 後藤ヶ丘中
20 DF 山田楓大 3年 GRANDE FC
25 DF 石川達也 3年 FCアミーゴ
26 DF 土居頼生 3年 蹴友
27 DF 福家諒也 3年 境港三中
28 DF 北條晴海 3年 加茂中
29 DF 秋里公宣 3年 ガイナーレ鳥取U-15
4 MF 林莞大 3年 サンフレッチェ広島Jrユース
8 MF 竹中元汰 3年 セレッソ大阪西U-15
10 MF 佐野航大 2年 FC Viprate
11 MF 矢野巧也 3年 ヴィッセル神戸U-15
19 MF 宮本樹 3年 松江湖南中
24 MF 古川和雄 3年 FCアミーゴ
30 MF 織田悠太郎 3年 愛媛FC U-15
7 FW 﨑山友太 3年 ヴィクサーレ沖縄FC
9 FW 中田来輝 3年 FC琉球U-15
13 FW 高草木魁 3年 前橋SC Jrユース
15 FW 落合翔太 3年 松江二中
16 FW 北尾陸 3年 後藤ヶ丘中
18 FW 小橋川海斗 1年 ヴィクサーレ沖縄FC
21 FW 延原輝 3年 サルパFC
22 FW 野々村拓也 3年 鳥取セリオFC
23 FW 石田翔太 3年 廿日市FC
基本フォーメーション・スタメン【4-4-2】

米子北高校サッカー部の注目選手は?

崎山友太

崎山友太選手は3人兄弟の末っ子で長男の諒一さん、次男の誉斗さんが共に米子北高校に進学したことから、ヴィクサーレ沖縄FCジュニアユース(沖縄)からはるばる入部。

「お兄ちゃんができなかったことを自分が超えたかった。高卒でプロになる」という高い意識を持ち、
入学してすぐに1年生からレギュラーを獲得するとゴールを量産。

スペースへのランを繰り返す走力、鋭い得点感覚を武器に攻撃の中心となり、
1年目の夏には右SBとしてインターハイに出場も果たしています。

林莞大選手

林莞大選手は2年生からボランチとしてレギュラーを獲得しており2020年度の米子北高校サッカー部のキャプテン主将を務めています。

ボランチといえば攻守の要ですが、得点感覚にも優れていて、
鳥取県予選決勝では右サイドバックでの出場が多くハットトリックを記録しています。

サンフレッチェ広島ジュニアユース出身で昨年度の高校選手権では初戦の青森山田(青森)を相手に「0-6」という大差で敗れた苦い経験を身をもって体感しています。

2019年の米子北高校サッカー部メンバー

No. Pos. 選手名 学年 前所属チーム
1 GK 岩田 大河 3年 FCアミーゴ
17 GK 長崎 勇也 2年 サウーディFC
21 GK 岡 好誠 3年 セレッソ大阪西U-15
2 DF 田中 秀磨 3年 SC鳥取プエデU-15
3 DF 荒川 莉音 3年 玉湯SC
4 DF 高橋 祐翔 3年 蹴友
6 DF 居川 楓河 3年 メーヴェFC
12 DF 野嶋 健人 3年 ガイナーレ鳥取U-15
13 DF 横山 凌雅 2年 サンフレッチェ広島FCジュニアユース
16 DF 為本 滉太 2年 FC Viparte
26 DF 榎本 遼 3年 ハジャスFC
27 DF 藤下 武士 3年 サウーディFC
29 DF 赤井 歩夢 3年 尚徳中学
7 MF 崎山 友太 2年 ヴィクサーレ沖縄FCジュニアユース
8 MF 後藤 佑也 3年 鳥取市立南中学
9 MF 植田 葉月 3年 鳥取市立南中学
14 MF 岡田 后央 3年 西宮SSジュニアユース
15 MF 林 莞大 2年 サンフレッチェ広島FCジュニアユース
22 MF 石本 一樹 3年 鳥取市立南中学
23 MF 和田 将張 3年 FC Sword Osaka
24 MF 竹中 元汰 2年 セレッソ大阪西U-15
25 MF 本池 康生 3年 美保中学
30 MF 生田 凌大 3年 鳥取セリオFC
5 FW 岡田 大和 3年 サンフレッチェくにびきFC
10 FW 佐野 航大 1年 FC Viparte
11 FW 原田 海 3年 廿日市FCジュニアユース
18 FW 鈴木 慎之介 1年 大宮アルディージャジュニアユース
19 FW 廣田 皓平 3年 VIVO FC
20 FW 中田 来輝 2年 FC琉球U-15
28 FW 中島 蒼太 3年 ボアソルテ美都FC

2019年の米子北高校は堅守を売りとしていて、初戦の青森山田ともそれまでの対戦では「0-1」やPK戦など接戦を繰り広げていました。

米子北高校サッカー部のJリーガーや進路は?

小林崇法(鳥取-鳥取D)
山本大稀(鳥取-栃木-A京都)
昌子源(鹿島-トゥールーズ-G大阪)
谷尾昂也(川崎-鳥取-V市原-松江-福井-八戸-鳥取)
加藤潤也(鳥取-群馬)
松浦尚人(V大分)関西福祉大学コーチ
森本大貴(松本-相模原)
佐野海舟(町田)

米子北高校サッカー部の監督は?

中村真吾監督

生年月日:1974年8月28日
出身高校:松江商業高校
出身大学:九州産業大学

大学卒業までサッカー選手としてプレーを続け、卒業後は指導者に転身し2003年から米子北高校サッカー部コーチに就任。

2015年に米子北高校サッカー部監督に昇格しています。

コーチとして臨んだ2009年のインターハイでは、現・日本代表DFの昌子源(ガンバ大阪)を擁し準優勝を果たしています。

中村真吾監督の指導方針は部訓の「心・技・体・和」を基調に、サッカーを通じて社会で通用する人材育成をテーマとしています。

「前後半あわせて80分走り切れる選手になれ!ということですね。」とフィジカルの強化に重点を置いた指導をしています。

米子北高校の歴代成績

全国高校選手権出場15回
8強1回(17年度)

全国高校総体出場15回
準優勝1回(09年)

全日本ユース(U-18)選手権
8強1回(09年)

タイトルとURLをコピーしました