源頼朝の子供は何人?死因は暗殺?

スポンサーリンク
デフォルト 0未分類

源頼朝には子どもが何人いたのですか?

源頼朝・北条政子夫婦は一夫一妻制

跡継ぎになるような子はいなかった?

スポンサーリンク

源頼朝の子供は何人?死因は暗殺?

鎌倉幕府2代征夷大将軍 源頼家
鎌倉幕府3代征夷大将軍 源実朝
源義高(木曾義仲嫡男)室 大姫
夭折 千鶴丸
大進局の子、仁和寺で仏門に入る 男子女子 乙姫
清和源氏頼光流多田氏族和賀氏和賀義治嗣子 和賀頼忠 落胤
薩摩島津家祖 島津忠久 落胤
大伴氏宗家祖 大友能直 落胤

など。

源頼朝・北条政子夫婦の間には男子二人、娘二人の計4人の子を政子との間にもうけています。

頼朝が次女に手を付け、産ませた子供など側室の子供はたくさんいたと思われます。

九州の島津氏や大友氏、少弐氏の祖は、頼朝の隠し子だという伝説があります。

頼朝は、まず、伊豆の豪族の娘(八重)との間に子をもうけたが、平家の勘気を恐れたその豪族が子を殺した。

その後、北条政子との結婚後にも、他の女性との間に子ができたが、政子が嫉妬心からその子を暗殺してしまった。頼朝は、有力な北条氏をバックに持つ政子には逆らえなかった。

政子との間には、頼朝の跡を継いた嫡男の頼家と次男の実朝をもうけた。女子は長女の大姫と次女の何とかと言う女をもうけた。

大姫も次女も結婚前に若死にした。

2代将軍頼家と3代将軍実朝の運命は、周知のとおり。

なお、頼家には、公暁と八幡という男子がいたが、公暁は実朝暗殺直後に北条氏に殺され、八幡もその後殺された。

他には子供はいない。

薩摩の島津氏の家祖は、頼朝の子となっているが、これは俗説といえる。

また、その前に頼朝の弟の範頼も頼朝と北条氏に殺されており、他の兄弟も死んでいるか、僧籍に入っており、源氏の直系は八幡の死により絶えた。

ちなみに、頼朝と兄弟関係にある人物は次のとおりです。

源義平
源朝長
源義経
源義圓
圓成
鎌田政治
源希義
源範頼
義門
阿野全成

タイトルとURLをコピーしました