10万円給付は何に使う?使い道は?十万円給付のもらい方は?

スポンサーリンク
新型コロナウイルス・マスク在庫(入荷,売り切れ,品切れ)

日本国内でもコロナウイルスの感染拡大がとどまるところを知らない中、政府からは日本国内に居住する人を対象に一律10万円給付することが発表されました。

早ければ5月から10万円給付される見込みで、ネットではマイナンバーカードを取得している人から優先的に10万円給付が実施されるのでは?などなど、現時点では未確定な情報ばかり。

もらい方についても現金なのかそれとも電子マネーなのか?手続きの方法も郵送やオンラインなのか?などなどわからないことばかりですが、いずれにしても日本国籍を持っている人ならば10万円給付してもらえます。

不謹慎かもしれませんが、胸をワクワク躍らせながら10万円給付を心待ちにしている私だけではないと思うので、10万円給付ど何に使うのが良いのか?現実的な使い道についてまとめてみました。

スポンサーリンク

おすすめできない10万円給付の使い道

まず最初にあまりおすすめできない10万円給付の使い道について紹介をしていきます。

当初は生活困窮世帯を対象に30万円給付が検討されていたのが一転、一律10万円給付に切り替わったわけですが、その趣旨から考えると以下の2つは10万円給付の使い道としてふさわしくないのでは?と考えています。

  • コロナ終息後の旅行・飲食にとっておく
  • さらなるコロナ対策に銀行預金・貯金する

10万円給付の目的は、コロナウイルスの影響で縮小気味の経済を何とか下支えすることが目的なので、コロナウイルスが問題視されている今、使うべき給付ではないでしょうか。

ただ移動を伴う消費活動だとコロナウイルスの感染を広げてしまうので、旅行に出かけたり外食することに10万円給付を使うのは本末転倒と言えそうです。

コロナ終息後の旅行・飲食にとっておく

コロナウイルスで大きな影響を受けている産業として

飲食(外食)
旅行

といったものが挙げられます。

特に個人事業規模の小さな飲食店・居酒屋と言うのは十分なキャッシュフローを蓄えられていないところがほとんどと言われています。

もし1ヶ月でも収入がゼロに近い状態が続くと軒並み、閉店に追い込まれると言われるほどなので、飲食店を応援する意味で10万円給付を使うのは意義があることです。

ただ飲食店に行くといわゆる「3密」の条件に該当することになってしまうので、コロナウイルスの拡大中はできれば来店はやはり避けたほうが良いものの、
かといって、コロナウイルスが落ち着いてから飲食店や居酒屋に行くのはすでに手遅れとなっている可能性も十分に考えられます。

同じく旅行業界に関しても、コロナ感染拡大中に10万円給付で旅行に出かけるのは避けたほうが良いものの、かといってコロナ終息後だと遅すぎする可能性があるし、そもそもコロナがいつになったら収束するのか、現時点ではめどがまるで見えません。

旅行に関しては、私のアイデアではコロナ感染拡大中に応援する方法が見当たらないものの、飲食店・外食に関してはテイクアウトやUberEatsを利用して応援することは出来そうです。

さらなるコロナ対策に銀行預金・貯金する

日本居住者に対して一律10万円給付が決定した背景としては、規模縮小気味の経済を少しでも活性化させる狙いの他、収入が激減している世帯の救済という2つの側面を持っていると考えられます。

生活に余裕がある世帯にとっては、10万円給付はある意味、国からお小遣いをもらうような感覚になるわけですが、
銀行預金・貯金してしまうと政府としても10万円給付した意味が全くありません。

10万円給付はあくまでもコロナウイルスで経済が低迷している今現在に使うべき給付金なので、
今後のコロナ対策のことは国の方針に任せておいて、とりあえずは消費に回すべきでしょう。

特に欲しいものがない・使い道がないという場合でも、楽天のコロナ応援ページで通販するなどして、
コロナウイルスの影響を受けている産業を消費で支援するような使い道が良さそうです。

10万円給付の使い道1 生活必需品を購入する

コロナウイルスの影響で収入が激減し、生活がままならなくなっているのであれば真っ先に10万円給付生活必需品を購入すべきでしょう。

申請から受給までに3週間ほどの期間が空くことが予想されるものの、1人10万円もあれば1~2か月の当座の生活資金を工面できるんじゃないでしょうか。

また、社会保険(国民年金や国民健康保険など)や税金の納税、住宅ローンなどに関しては、コロナウイルスの影響も受けて非常に柔軟に対応してもらえるようになっています。

免除や猶予といった措置を取ってもらえる可能性が高いので、支払いを滞納させてしまう前に事前に相談するようにしましょう。

10万円給付の使い道2 コロナ支援・応援に使う

さしあたって生活の不安がないのであれば、コロナで悪影響を受けている産業を支援・応援するために10万円給付を使うのが良いんじゃないでしょうか。

具体的な手段としては、

  • 楽天などのコロナ応援ページで通販する
  • 地産地消する

といった使い道が考えられます。

楽天のコロナ応援ページで通販する

【寄付活動のご案内】本ページ掲載商品のご購入 1商品につき100円を、感染症対策支援募金へ寄付いたします

楽天のホームページにはコロナ応援の特設ページが開設されています。

【楽天市場】新型コロナウイルス関連緊急施策 食べて支援!全国の美味しいもの

今まで給食として納めていた業者の食品ロスなどが主に取り扱われていて、リアルタイムで出品状況が変わっています。

市販の製品に比べると1セット当たりの容量が多いので購入後の保管方法を考えなければいけないものの、
その代わりに価格は感覚的に2割以上は安いんじゃないかな?というお手頃価格となっています。

地産地消する

テレビのニュースでは有名な大手企業の業績悪化や倒産のニュースばかり報道されるものの、実際には小規模な企業の売上が大幅に低迷していると思われます。

政府のコロナ救済策ではどうしても個人事業レベルの会社は救いきるのは難しいと思われるので、
近所の飲食店の持ち帰り(テイクアウト)やUberEatsを利用するのも良さそうです。

すでに埼玉県和光市の松本市長が地産地消するために10万円給付するツイートを発信しています。

10万円給付の使い道3 子供がいる場合(幼児,小学生,中学生など)

幼児,小学生,中学生くらいの子供がいる家庭なら、次のような使い道が10万円給付の現実的な使い方じゃないでしょうか。

  • 暇つぶしできるゲーム・動画コンテンツ
  • 進研ゼミなど学習教材の購入
  • 室内でも使える運動グッズ

暇つぶしできるゲーム・動画コンテンツ

動画コンテンツと言えば代表的なモノにはYoutubeがありますが、

アマゾンプライム
hulu
netflix
unext

などなどさまざまなものがあります。

最も低額なのはアマゾンプライムで、月額500円で膨大な量のコンテンツを無料視聴できます(一部は有料)。

ただアマゾンプライムはどちらかと言うと、あまり興味の沸かないコンテンツがほとんどなのに対してunextは有料分も含めて最近の映画やドラマ・アニメコンテンツが豊富です。

unextの月額料金は動画配信サービスの中では割高ではあるものの、毎月付与されるポイントで有料コンテンツを視聴することができるので実質料金は他の動画配信サービスとほぼ同額といった感じに収まります。

進研ゼミなど学習教材の購入

進研ゼミ「こどもちゃれんじ」のように通信教育の教材も10万円給付があればお試ししやすいんじゃないでしょうか。

通信教材と言うのは、続けられるかどうかは実際に与えてみないとわからないところがありますからね。

通信教材がうまくはまってくれれば、コロナ自粛中にむしろ自宅学習の習慣が身について休校が終了後の学校再開したときには、逆に周囲に差をつけられているかもしれません。

室内でも使える運動グッズ

都内の公園にも混雑を避けるように注意を促したり、至近距離で接するのを極力控えるようにとの張り紙が見られるようになりました。

週末にはむしろ通常よりも多くの人で混雑している公園もあることがツイッターで報告されているように、子供を満足に外遊びさせられる状況もなくなってきました。

子供が持て余している体力を発散できるように、10万円給付で室内でも使える運動グッズを用意するのも良いですね。

小学校高学年とか中学生くらいであればバランスボールを買って、椅子の代わりにバランスボールに座らせて勉強させるの良さそうです。

勉強しつつ体幹も鍛えることができて一石二鳥です。

タイトルとURLをコピーしました