【アハモフック】ドコモショップがahamoをエサにギガホ勧誘で景表法違反か?

スポンサーリンク
未分類

アハモ(ahamo)はオンライン申し込みのみとなっていますが、ドコモショップや家電量販店などでahamoをエサに高額な大容量プラン・ギガホプランに勧誘しているようです。

おとり広告や優良誤認、有利誤認として景表法に違反するのでは?と疑問の声が出ています。

スポンサーリンク

【アハモフック】ドコモショップがahamoをエサにギガホ勧誘で景表法違反か?

ドコモ、「アハモでギガホ勧誘」景表法違反か

携帯電話大手のNTTドコモは3月26日、格安の新プラン「ahamo(アハモ)」の提供を開始する。

そんな中、昨年12月から同社がドコモショップを営む携帯販売代理店に対し、アハモを前面に押し出して客を勧誘したうえで、高額な大容量プラン「ギガホ」などに誘導するように指示をしていたことが、東洋経済の取材でわかった。ドコモは事実と異なる説明をするように代理店に奨励しており、景品表示法違反(おとり広告や優良誤認、有利誤認)のおそれがある。

 アハモは利用できる月間データ容量が20GB、5分以内の通話無料で月額税別2700円という内容だ。オンライン受付専用のプランで、ドコモショップからは申し込めない。

 にもかかわらず全国各地のドコモショップの出張販売の出店では2020年12月以降、ドコモからの指示に従ってアハモのポスターや旗を掲げ、盛んに宣伝している。ドコモはこうした手法を「アハモフック」(フック=「ひっかけるための道具」の意味)と社内資料で称している。

https://news.yahoo.co.jp/articles/f60135f9ae54f2cc2dc04f0d6037d67f7641d761
タイトルとURLをコピーしました