イ・ドンジュン(サッカー韓国代表11番)wiki経歴|富安に肘打ちで流血

スポンサーリンク
0未分類

イ・ドンジュンは韓国のKリーグのチーム「蔚山現代FC」でプレーするサッカー選手で、韓国サッカーでは2020五輪世代で活躍が期待されています。

スポンサーリンク

イ・ドンジュン(韓国サッカー)wiki経歴|富安に肘打ちで流血

「マナーすらない」 韓国MF、冨安顔面流血の“ラフプレー”を母国批判「国民が激怒」

森保一監督率いる日本代表は25日、国際親善試合で韓国代表と対戦し、3-0と圧勝した。センターバック(CB)で先発フル出場を果たしたDF冨安健洋(ボローニャ)は無失点に貢献したが、後半23分に相手選手が振り上げた手が顔面に直撃し、口を裂傷する場面があった。韓国メディアは「マナーすらなかった」と取り上げている。

0-2で迎えた後半23分の場面に韓国メディアが注目。韓国が日本陣地に攻め込んだ際、MFイ・ドンジュン(蔚山現代)の振り上げた手が冨安の顔面に当たり、冨安は口を抑えながら転倒。流血が確認されたため、一時的にピッチを離れることになったが、大事には至らず、数分後にピッチへと戻った。

この場面を受け、韓国メディア「WIKITREE」は「マナーすらなかった。韓国選手のパンチで日本選手が負傷」と見出しを打ち、「冨安はイ・ドンジュンの腕が当たって倒れた。血を流し、歯が折れていないか確認する素ぶりも見せていた」と、状況を説明した。

https://news.yahoo.co.jp/articles/e44732043c18b698b624e67def35bf9187602204

イ・ドンジュンwikiプロフィール

名前:イ・ドンジュン

国籍:韓国

生年月日:1997年02月01日

学歴:崇実大学

年齢:24歳

身長:173cm

体重:64kg

インスタグラム:@dongjunlee11

イ・ドンジュンの経歴

イ・ドンジュンは2021年3月25日の国際親善試合・日本代表戦に韓国代表メンバーとして招集されました。

日本サッカー協会(JFA)が3月23日に発表した韓国代表の来日メンバーは以下の通り。

GK
キム・ジンヒョン(セレッソ大阪)
キム・スンギュ(柏レイソル)
チョ・ヒョヌ(蔚山現代)

DF
パク・チュホ(水原FC)
キム・テファン(蔚山現代)
キム・ヨングォン(ガンバ大阪)
ホン・チョル(蔚山現代)
キム・ヨンビン(江原FC)
パク・ジス(水原FC)
ウォン・ドゥジェ(蔚山現代)
ユン・ジョンギュ(FCソウル)

MF
キム・インソン(蔚山現代)※追加招集(3/21)
チョン・ウヨン(アル・サッド)
ナム・テヒ(アル・サッド)
チョ・ジェイワン(江原FC)※追加招集(3/21)
ナ・サンホ(FCソウル)
イ・ドンジュン(蔚山現代)
イ・ジンヒョン(大田ハナシチズン)※追加招集(3/21)
イ・ドンギョン(蔚山現代)※追加招集(3/22)
チョン・ウヨン(フライブルク)
イ・ガンイン(バレンシア)
ファン・ヒチャン(ライプツィヒ) ※負傷離脱
ソン・フンミン(トッテナム) ※負傷離脱(3/21)
オム・ウォンサン(光州FC) ※負傷離脱(3/21)
ユン・ビッカラム(蔚山現代) ※負傷離脱(3/22)
チュ・セジョン(ガンバ大阪) ※コロナ陽性のため離脱(3/21)

FW
イ・ジョンヒョプ(慶南FC)
チョ・ヨンウク(FCソウル)

監督
パウロ・ベント

タイトルとURLをコピーしました