赤井成彰のwikiがやばい!モバイルハウスの生活冒険家でノンフィクション

スポンサーリンク
0未分類

赤井成彰さんは軽トラックの上に居住空間を作った「モバイルハウス」で暮らす生活冒険家。

生活拠点を持たず、好きなタイミングで好きな場所で過ごすライフスタイルを体現している赤井成彰さんの気になるプロフィールをまとめています。

#1 世界一わかるモバイルハウスの作り方〜買い出し〜

赤井成彰の生活ぶりはフジテレビ「ザ・ノンフィクション」でも紹介されました。

■放送内容
「モバイルハウス」と呼ばれる「移動する家」に住む若者が増えている。
赤井成彰さん(31)もそのひとり。小型トラックの荷台に、約80万円で小さな家を作り、そこを自宅にしている。暑い夏は北海道で暮らし、寒くなったら暖かい場所へ…
北海道大学を卒業し、大手企業で働いていた赤井さんは今、住所にも、家賃にも縛られず、自分なりの「幸せな生き方」を模索している。

最近は、神奈川県・相模原市の山の中で暮らす赤井さん。野菜を作り、川での水浴びがお風呂替わりだ。
https://www.fujitv.co.jp/thenonfx/

スポンサーリンク

赤井成彰wikiプロフィール

モバイルハウスを作ったワケ Part.1 お金って何?夢を叶えるための脱サラ計画

出身地:石川県金沢市
生年月日:1989年4月
年齢:31歳
最終学歴:北海道大学農学部
職業:生活冒険家

赤井成彰さんは小学校5年生のときに家族でハワイ旅行に行き、ハワイの雰囲気にすっかり魅了され「将来は絶対ハワイに住むぞ」と心に誓ったそうです。

大学卒業後は株式会社バンダイに就職し、ガンプラビルダーの「アッカイ」としてテレビ東京の「おはスタ」にも出演していたことがあるようです。

赤井成彰の経歴

赤井成彰さんは学生時代、ハワイに本気で住むことを考え、まずは英語習得のために21歳のときにワーキングホリデービザで1年間ほどカナダで過ごします。

そこでたまたまアメリカ西海岸の国立公園を巡る17日間のバスツアーに参加し、
みんなで国立公園を歩いて、ご飯を食べて、夜は星を見て、そして夜間もバスは走り続けて、朝起きたら全然違う場所で目覚める移動中心の生活を送ります。

違う景色を見て、色んな人と暮らしているうちに、普通な生活に疑問を感じるようになり、移動生活というライフスタイルにぼんやりと憧れを持つようになりました。

そして23歳のときには実際に2ヶ月間ほど「プチ移住」をテーマにハワイ島で過ごし自給自足の暮らしも体験。

自然の恩恵を直に受けながら自分たちの力で生きている人たちの生活に衝撃を受けました。
「人が幸せに生きるとはどういうことなのか?」を真剣に考えるようになります。

バンダイに就職はしたものの、慌ただしい生活に違和感を感じ続ける毎日で、
赤井成彰さんは日本でも移動生活はできないかと情報収集をしているうちに「バンライフ」という生活様式を発見。

さらに調べてみるとTwitterで「荷台夫婦」の龍本司運さんを発見し、タイニーハウスよりも安く自分の家が手に入ることを知ると
2018年5月に4年間勤めたバンダイを退社、動く家「モバイルハウス」の自作に取り掛かります。

トラック購入費(車種:マツダボンゴトラック(ワイドロー)、年式:2004年)と建築資材費合わせて約70万円ほどの費用は全額クラウドファンディングで募り、
モバイルハウスは2018年10月に制作を開始して、2019年1月に完成。

家賃がかからず移動しながら1年間のモバイルハウス生活をすると何が起こるのか?自分自身で実験をするたびに出ています。

ちなみに、モバイルハウスの電源は主にソーラーパネルで充電をしているようで、愛用バッテリーは「suaoki PS5B」を使用。

モバイルハウスの名前は海から空へぶっ飛んで違う世界を見る「トビウオ」と自由に飛びながら世界を見渡す「トンビ」から「Toby(とびー号)」と名付け、
現在は神奈川県相模原市の土地を開拓し、新しい暮らし体験ができる場所を制作する”モバイルハウスヴィレッジ ぼちぼち”プロジェクトに挑戦中

テレビには「ザ・ノンフィクション」に取り上げられているほかBSテレ東「TVチャンピオン 極~KIWAMI~」の「夢の軽トラハウス王決定戦」企画にも出演をしています。

赤井成彰のツイッターやインスタグラム

赤井成彰のツイッター
@nariakiakai

赤井成彰のインスタグラム
@nariakiakai

赤井成彰のフェイスブック
@lifestyleexplorer.nariakiakai

赤井成彰の公式HP

赤井成彰のyoutube
生活冒険家 赤井成彰 Nariaki Akai

赤井成彰の高校や大学など学歴は?

赤井成彰さんはモバイルハウスで衣食住を満たしているわけですが、料理は基本的にカセットコンロを使用し、飲料水などは旅先の湧水をポリタンクに汲んで使用するなどエコに努めています。

損あ赤井成彰さん学歴は、高校については学校名は明らかになっていないものの、大学は北海道大学を卒業しています。

現在は金沢工業大学(KIT)建築学部 宮下智裕准教授の研究室と体験型の車中泊観光ができるモバイルハウスの共同開発にも取り組んでいます。

赤井成彰の結婚した嫁は?子供はいる?

赤井成彰さんはモバイル生活をするにあたって「家族がいたら、厳しい」とコメントをしていることから、結婚はしていないと思われます。

モバイルハウスでの自由でミニマルな移動可能な生活は魅力的な側面も大きいですが、家族がいたら、「教育」と「通勤」の点で支障をきたす可能性が高いです。

タイトルとURLをコピーしました