アンディ・ジャシーの経歴をwiki調査!ベゾス引退でアマゾンCEO就任

スポンサーリンク
未分類

アンディ・ジャシーがアマゾン・ドット・コムの創業者ジェフ・ベゾス氏のCEO引退を受けて、同社の次期CEOに就任しました。

スポンサーリンク

アンディ・ジャシーの経歴をwiki調査

アンドリュー・R・アンディ・ジャシー(Andrew R. アンディ・ジャシー、1968年1月13日生まれ)は、Amazon Web Services(AWS)のCEOを務めるアメリカの実業家。また、ナショナルホッケーリーグのシアトル・クラーケンの少数株主の一人でもある。アンディ・ジャシーは2006年の創業以来、Amazon Web Services(AWS)の開発に貢献してきた。アンディ・ジャシーは2021年第3四半期にジェフ・ベゾス氏の後任としてAmazonのCEOに就任し、ベゾス氏はエグゼクティブ・チェアマンに就任する予定である。

アンディ・ジャシーは、ニューヨーク州スカースデールのMargery and Everett L. アンディ・ジャシーの息子である 。 父親はニューヨークの会社法事務所Dewey Ballantineのシニア・パートナーであり、同事務所の経営委員会の委員長を務めていた 。 アンディ・ジャシーはスカースデールで育ち、スカースデール高校に通っていた 。 ハンガリー人の祖先を持つユダヤ人である。

アンディ・ジャシー はハーバード大学を優等で卒業し、ハーバード・クリムゾンの広告マネージャーを務めた後、ハーバード・ビジネス・スクールで MBA を取得しました。

大学卒業後、収集品会社MBIのプロジェクト・マネージャーとして働いた後、MBAを取得しています。

1997年にマーケティングマネージャーとしてAmazonに入社したが、2003年にはAmazon Web Services(AWS)を設立し、57人のチームを率いた。 2016年4月、アンディ・ジャシーはAWSの上級副社長からCEOに昇格した

2020年、AWSのCEOとしての仕事に対して、アンディ・ジャシーは基本報酬17万5000ドルに加え、2023年から権利確定するAmazonの4,023株(2020年7月26日時点での価値は1,210万4,844.93ドル)の制限付きストック・ユニット・アワードを獲得した。また、2018年4月に10,000株(2020年7月26日時点での価値は30,089,100ドル)の制限付きストック・ユニット・アワードを受領しており、2021年に37.5%、2022年に12.5%、2023年に37.5%、2024年に12.5%の権利確定となっている。

アンディ・ジャシーはシアトルのチャータースクール「レイニア・プリップ」の会長を務めている。

2020年11月現在、アンディ・ジャシーの推定純資産は3億7700万ドル。

2021年2月には、ジェフ・ベゾス氏の後任としてアンディ・ジャシー氏が2021年第3四半期にアマゾンのCEOに就任し、ベゾス氏はエグゼクティブ・チェアマンに移行することが発表された。

私生活では1997年、アンディ・ジャシーはエディ・バウアー(Eddie Bauer)のファッションデザイナーでフィラデルフィア繊維科学大学を卒業したエラナ・ロシェル・キャプラン(Elana Rochelle Caplan)とロウズサンタモニカビーチホテル(Loews Santa Monica Beach Hotel)で結婚した。 二人の父親はともに法律事務所デューイ・バランタイン(Dewey Ballantine)のシニアパートナーだった。 二人の間には二人の子供がおり、シアトルに住んでいる。

ベゾス引退でアンディ・ジャシーがアマゾンCEO就任

米ネット通販大手アマゾン・コムは2日、創業者で最高経営者(CEO)のジェフ・ベゾス氏(57)が7~9月期にCEOを退任し、会長に就くと発表した。後任CEOにクラウド事業を率いるアンディ・ジャシー氏(53)が就任する。

 ベゾス氏は「アマゾンは今、独創性の極みにある。移行に最適な時期だ」と退任理由を説明した。クラウド事業を急成長させることに成功したジャシー氏にCEOを託し、さらなる経営拡大を目指す。

 1994年にアマゾンを創業したベゾス氏は、当初の書籍販売から手を広げ、生活用品やビデオなどのコンテンツを含む通販サイトを構築。人工知能(AI)搭載スピーカーなどの家電事業や、データ管理のクラウド事業を含む巨大IT企業を一代で築いた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/4d05528d2fae426acd4082befbccfec33628825c

正直、国家予算並みの売上げで、ある意味、1企業としては、天文学的な数字で、、日本の上場企業全部じゃないかと思うくらいですが、
違った目線で見ると、この急激な急成長でこれだけ、どこかの業者の売上げが減ったとも捉える事が出来る。
10年前には予測することも出来なかったFacebook、アップル、そしてアマゾン、変化に柔軟に対応しないと生き抜けない大変な時代になった。

AmazonのCEO交代より世間の目はぺゾス氏の慈善事業に行きそうだ。
資産家がどういった慈善活動をやるのか興味津々、報道に期待したい。

行きつくところは「世のため人のため」ですよね。何十兆円も資産があったら自分のお金いくらあるかより、何人の人を救えたかに価値を見出したくなるかも。

タイトルとURLをコピーしました