まだまだ暑い日が続きますがメール・手紙の例文は?

スポンサーリンク
デフォルト 0未分類

メールや手紙などの挨拶・暑中見舞いで

「まだまだ暑い日が続きますがどうぞお体にはお気をつけください。」という文章は正しい表現なんでしょうか?

「まだまだ暑い日が続いておりますが、ご自愛ください」は間違い?

スポンサーリンク

まだまだ暑い日が続きますがメール・手紙の例文は?

「まだまだ暑い日が続きますが」という挨拶は年配の人も使う表現です。

他にも色々な書き方があります。

「まだまだ暑い日が続きますが、どうぞご自愛くださいませ」

「まだまだ暑い日が続きますが、ご自愛されますようお祈り申し上げます」

「まだまだ暑い日が続きますが、お体にくれぐれもご留意い下さいませ」

「まだまだ・・・・・・・お体にはお気をつけて体調を崩しませんようお過ごし下さい」

「「まだまだ暑い日が続いておりますので、お身体にお気をつけてお過ごしください」

「日に日に暑くなって参りました今日この頃ですが、体調を崩しやすい季節ですので、お体ご自愛くださいませ。」

「暑さ厳しき折から、ご自愛・・」と「寒い日厳しき折から」を書く人もいます

ちなみに、「ご自愛」には「身体を大切にする」の意味が含まれていますので「お身体をご自愛」とはしません

逆に、「まだまだ暑い日が続いておりますが、ご自愛ください」といったメール・手紙を受け取った場合の返信については、

「お心遣いありがとうございます。○○さんもお元気で過ごされますようお祈り申し上げます。」

といった文章にして、自分なり挨拶を考えて、季節にあった文章を書き加えるのが良いでしょう。

ちなみに、冷房を毎日28度で5時間つけっぱなしだった場合の1ヶ月の電気代は、設定温度と稼動時間による室温変化による効率を見て300wと仮定して1時間だけの稼動なら500wと仮定すると、

1日、5×約300w=1500w/h

月45kw/h

1kw/h当たり約28円

45×28=1260円

まだまだ暑い日が続きますが|ネットの口コミ・使い方は?

タイトルとURLをコピーしました