behavior win32/hive.zy?Windows Defenderでランサムウェアのウイルス検知

スポンサーリンク
デフォルト 0未分類

Windows Defenderで

「Behavior:Win32/Hive.ZY」

というランサムウェアのウイルスを検知したという報告が急増しています。

「Behavior:Win32/Hive.ZY」とは?

スポンサーリンク

behavior win32/hive.zy?Windows Defenderでランサムウェアのウイルス検知

マルウェア「win32/hive.zy」が検出されるトラブル ~「Microsoft Defender」ウイルス対策の誤検知か

日本時間9月4日より、内部で「Chromium」を利用するアプリ(「Google Chrome」や「Microsoft Edge」、「Spotify」など)を起動するたびに「Microsoft Defender」ウイルス対策が「win32/hive.zy」というマルウェアを検知する現象が発生しているようだ。編集部でも確認をした。

 Microsoftによる公式な声明はまだないようだが、同社のコミュニティサイトに寄せられた情報によると、これは誤検知のようだ。「セキュリティ インテリジェンス」をv1.373.1537.0へアップデートすることで解決するという情報もあるので、試してみるとよいだろう。

https://news.yahoo.co.jp/articles/d33b0155fa0f937682144ecbae0002cfd6a66393

Windows Defenderで

「Behavior:Win32/Hive.ZY」

というランサムウェアのウイルスを検知したというアラートメッセージが表示されることがありますが、誤検知であり、コンピューターは問題ありません。

Microsoft の Defender 更新ファイルの最近のリストに関連しており、誤った検出を行っています。

「Electron ベースまたは Chromium ベースのアプリケーションをマルウェアとして」検出する Defender に関連付けられているようです。

Microsoft は、問題を軽減するために Microsoft Defender にパッチを適用/更新する予定で、「Microsoft Defender」ウイルス対策をアップデートするには、

[スタート]画面から「Windows セキュリティ」を検索・起動

[ウイルスと脅威の防止]画面から[ウイルスと脅威の防止の更新]セクションにある「保護の更新」というリンクをクリック

としましょう。

behavior win32/hive.zyにネットの口コミは?

タイトルとURLをコピーしました