インディヘナの洞窟は誰の隠れ家?アメリカ独立戦争時代

スポンサーリンク
デフォルト 0未分類

インディヘナの洞窟(cueva del indio )を独立戦争時代に誰が隠れ家として利用していたのでしょうか?

インディヘナ洞窟はキューバにある先住民の洞窟で現代ではインディージョーンズ気分を堪能できる観光スポットとなっていますが誰の隠れ家だった?

スポンサーリンク

インディヘナの洞窟は誰の隠れ家?アメリカ独立戦争時代

Cueva del Indio (Indian Caves) Boat Trip – Vinales Cuba

家を建てる技術や物資が無かった先住民族が住居として使用していた「インディヘナの洞窟」を独立戦争時代に誰が隠れ家として利用していたのかというと、当時の革命家だったのは間違いないようですが、名前などははっきりしていないようです。

ちなみに、洞窟の名前は、壁にペトログリフとして知られる多数の彫刻が見られることから付けられました。

植民地化時代は奴隷の隠れ家になっていたそうです。

1992 年、プエルトリコ計画委員会はクエバ デル インディオを自然保護区に指定しました。それ以来、洞窟はプエルトリコ自然環境資源局 (DNER) によって管理されています。

タイトルとURLをコピーしました