カリーヨのフィギュア成績や身長をwiki調査!北京五輪メキシコ代表で旗手

スポンサーリンク
デフォルト 0未分類

ドノバン・カリーヨ(ドノバン・カリージョ)はフィギュアスケート選手。

メキシコ勢として30年ぶりにフィギュアスケートで北京オリンピック(北京五輪)出場を決めたドノバン・カリーヨ(ドノバン・カリージョ)選手の気になるプロフィールをまとめています。

スポンサーリンク

ドノバン・カリーヨwikiプロフィール

名前:ドノバン・カリーヨ(ドノバン・カリージョ、Donovan CARRILLO)

生年月日:1999年11月17日

年齢:22歳

国籍:メキシコ

出身地:ハリスコ州グアダラハラ

身長:168㎝

体重:54kg

ドノバン・カリーヨ(ドノバン・カリージョ)がフィギュアスケートを始めのは8歳のときから。

カリーヨが当初、練習しているのは、ショッピングセンターにある公共のアイスリンク

オリンピック出場の夢を実現するため、2013年に親元を離れてコーチのグレゴリオとともにグアダラハラからグアナファト州レオンに拠点を移す

2019年フィラデルフィア国際銀メダリスト、メキシコ国内チャンピオンに4度輝いた。世界選手権2回(2018年、2021年)、四大陸選手権3回(2018年?2020年)、2018年世界ジュニア選手権と、6回のISU選手権で決勝セグメントに出場している。世界選手権ではメキシコ人スケーターの最高位を獲得し、2022年北京冬季オリンピックの出場権を獲得している。

ドノバン・カリーヨ(ドノバン・カリージョ)は北京2022選考基準大会のひとつである2021年の世界選手権で20位に入り、オリンピック出場権を獲得

北京五輪開会式では旗手を務めたフィギュアスケーターとなりました。

メキシコのファッションデザインコンペで1位を獲得したエドガール・ロッサノによるデザイン衣装で参加することで母国でも話題になっているそうです。

ドノバン・カリーヨの成績・経歴

2014-2015シーズン
カリーヨはJGPの任務を2回受けた。9月、2014年チェコスケートで両セグメントで20位となり、21位となった。10月、2014年JGP Pokal der Blauen Schwerterで20位に入賞。その後、メキシコ選手権でジュニア男子のタイトルを獲得した。

2015-2016年シーズン
2015年、ブダペストで開催された2015年サンタクロースカップで、カリーヨはジュニア男子で8位に入賞した。

2016-2017年シーズン
JGPシリーズに復帰したカリーヨは、9月に横浜で開催されたJGP大会で13位[9]。 10月にドイツのドレスデンで開催されたJGP大会で9位となった。

3月、台湾の台北で開催された2017年世界ジュニア選手権ではショートプログラムで27位となり、フリーには進めなかった。

■2017-2018年シーズン
シニアの国際デビューを果たしたカリーヨは、2017年8月上旬に開催されたフィラデルフィア・サマー・インターナショナルで9位入賞を果たした。その後、同月にオーストラリアのブリスベンで開催されたJGPで7位となり、キャリアベストの成績を収めた。9月には、2018年冬季オリンピックの最終予選の場となる2017年CSネーベルホルン・トロフィーに出場した。ショートプログラムで19位、フリーで12位、総合で14位となり、オリンピックの出場権には届かなかった

1月、台北で開催された2018年四大陸選手権で、カリーヨは最終セグメントへの出場権を獲得し、ショートプログラムで20位、フリースケートで17位、総合で18位となった。3月、カリーヨはジュニア世界選手権でファイナルセグメントへの出場権を獲得し、ショートプログラムで18位、フリースケーティングで20位、総合21位となった。2週間後の世界選手権では、ドノヴァンはショートプログラムで24位となり、フリーへの出場権を獲得した。フリーでは21位となり、総合22位となった。

彼は主にグアナフアト州レオンでトレーニングをしており、グレゴリオ・ヌニェスのコーチを受けている

■2018-2019シーズン
Carrilloは2018 JGP Bratislavaでシーズンをスタートし、両セグメントで11位、総合でも11位に入賞した。オーストリアのリンツで開催される2回目のジュニアグランプリの割り当てを受けたが、大会に参加する余裕がないため辞退せざるを得なかった[13]。 2018 CS Autumn Classic Internationalに割り当てられたが、大会前に辞退した。右足首を痛めていたのだ[14]。 1月に行われた2019年四大陸選手権では、ショートプログラムで14位(つまりファイナルセグメントへの出場権を獲得)、フリープログラムで20位、総合17位であった。四大陸選手権で、カリーヨは初めてトリプルアクセルを着氷した。

2019年2月、Comision Nacional de Cultura Fisica y Deporteは、カリーヨに3月から資金援助を与えることを発表した

カリーヨは2019年世界選手権前に足首の怪我を悪化させ、フリースケートを行わなかった。

■2019-2020シーズン
カリーヨは、2019年フィラデルフィア夏季国際大会において、初の国際メダルである銀メダルを獲得した。2つのチャレンジャー大会にアサインされ、2019年CSオータムクラシック国際で10位、2019年CSゴールデンスピン・オブ・ザグレブで17位となった。2020年の四大陸選手権に出場したカリーヨは自己ベストを更新して15位に入ったが、2020年の世界選手権に出場するために必要なフリースケートの技術点には0.20点及ばなかった。

パンデミックのため、カリーヨは4ヶ月間氷上練習ができなかったが、ハーネスとスピナーが届いたことで、コーチの家でジャンプの練習を続けることができた。

■2020-2021年シーズン
2月下旬にオランダで開催されたインターナショナル・チャレンジ・カップで、カリーヨは3月にストックホルムで開催された2021年世界選手権に出場するために必要な技術的最低ラインを獲得した。スウェーデンでは、ショートプログラムで23位となり、2度目の世界選手権フリーへの出場権を獲得した。ファイナルセグメントで19位となり、総合20位となる。この成績で、2022年冬季オリンピックの男子シングルのメキシコ代表の座を獲得した

■2021-2022年シーズン
カリーヨはボストンのスケートクラブのクランベリーカップでシーズンをスタートし、9位でフィニッシュした。フェスティバル・アビエルト・メヒカーノに出場したカリーヨは金メダルを獲得し、メキシコのスケーターとして初めて4回転ジャンプである4回転サルコーを着氷した。

2021年のUSクラシックでカリージョは自己ベストを更新して5位でフィニッシュした。2021年のCSフィンランディア・トロフィーでは、メキシコ人として初めて国際大会でコンビネーションで4回転サルコーを着氷した。 フリーで自己ベストを更新したカリージョは15位でフィニッシュした。

メキシコ選手権で4度目の国内タイトルを獲得した後、カリージョはメキシコのオリンピックチームに選ばれ、その間にCOVID-19に感染するリスクを最小限に抑えるため、2022年の四大陸選手権を辞退することを選んだ[24]。 その直後、彼はアルペンスキーのサラ・シュレパーと共に開会式のメキシコの旗手の一人に指名された

ドノバン・カリーヨのツイッターやインスタグラム

ドノバン・カリーヨのツイッター

ドノバン・カリーヨのインスタグラム
@donovandcarr

ドノバン・カリーヨのフェイスブック

ドノバン・カリーヨの身長・体重は?

ドノバン・カリーヨ(ドノバン・カリージョ)の身長体重は次のとおりです。

身長:168㎝

体重:54kg

ドノバン・カリーヨの身長・体重は?

ドノバン・カリーヨ(ドノバン・カリージョ)の両親は体育教師です。

ダフネ、ダニエラ、サニーの3人の姉妹がいます。

タイトルとURLをコピーしました