嵐のライブを撮った巨匠は?#エンタメ検定

スポンサーリンク
0未分類

5月24日の「グッドモーニング」内のクイズ「エンタメ検定」で出題された問題は「嵐のライブを撮った巨匠は?」でした。

スポンサーリンク

答え:嵐のライブを撮った巨匠は?【エンタメ検定】

青:堤幸彦
赤:三池崇史
緑:クリント・イーストウッド

答え:堤幸彦(青)

嵐のライブフィルム「ARASHI 5×20 FILM」上海国際映画祭で上映決定、監督は堤幸彦

本作は嵐が2018年11月から2019年12月にかけて計50公演を行ったデビュー20周年ツアー「ARASHI Anniversary Tour 5×20」より、ファイナルの東京・東京ドーム公演の模様を100台以上のカメラで収めたもの。監督は嵐初主演映画「ピカ☆ンチ LIFE IS HARDだけどHAPPY」を手がけた堤幸彦が務めており、今作について「たくさんライブ映像を撮ってきましたが、間違いなく自分が撮った中では最高峰になるでしょう」と手応えを語っている。なおジャニーズ所属アーティストのライブフィルムが制作されたのは今作が初となる。

「ARASHI Anniversary Tour 5×20 FILM “Record of Memories”」は6月11~20日に中国・上海で開催される「第24回上海国際映画祭」のGala部門とDolby Vision部門に出品される。両部門同時出品は史上初。なおワールドプレミアはドルビーシネマでも実施されるが、日本での公開は現時点で未定となっている。

https://natalie.mu/music/news/429366
タイトルとURLをコピーしました