雨上がりにフロントガラス外側が曇る!デフロスターでも

スポンサーリンク
デフォルト 0未分類

雨上がりの湿気の多い日にフロントガラスの外側がすごく曇るようになり、対向車のライトが当たると全く見えなくなっていませんか?

デフロスターを調節(室外気温と同じ温度くらい)しても直ぐにフロントガラスの外側が曇る原因・対処法は?

スポンサーリンク

雨上がりにフロントガラス外側が曇る!デフロスターでも

フロントガラスの外側が曇ったらワイパーで取れます、車内の温度が外より低いと曇ります。

ウォッシャー液でもかけながらワイパー使いましょう。

冷房を止めてデフロスタ(扇の様なマーク)にして暖かい空気を送って温めればすぐ取れます。

フロントガラス外側の曇りを取る(曇らないようにする)為には、風向をデフロスターから室内側にして、設定温度をやや上げる(つまりガラスの温度を下げ過ぎない)ようにしましょう。

春や秋など季節の変わり目は日中は暑くても夜になると気温が下がり、空気中の水分が過剰に為って曇り易く為っているので余計に外側が曇りやすく為ります。

曇りを取ろうと冷房を強くし、冷えた空気をガラスに当て続けるとガラスはドンドン冷えていきます。すると内側は乾燥した空気ですからもう曇りようは有りませんが、外側の空気はガラスよりも温度が高いので水蒸気は沢山含まれています。そして冷えたガラスに『外側』の水蒸気がドンドン凝結して行きます。これがガラスの外側が曇る原理です。

フロントガラスに限れば撥水剤を使うことで滲みを防げるかもしれません。

リアの窓はデフォッガー(熱線)をONにしておけば防げるかもしれませんが、デフォッガーは電気を多く使うので、あまりお勧めしません。

タイトルとURLをコピーしました