古江彩佳wiki|結婚は?実家の父や高校は?

スポンサーリンク
デフォルト 0未分類

古江彩佳さんはミレニアム世代プロ第1号となった女子プロゴルファー。

2022年のアメリカ・ヨーロッパ女子ツアー共催「スコットランドオープン」でルーキーイヤーながら米ツアー初優勝を果たした古江彩佳選手の気になるプロフィールをまとめています。

スポンサーリンク

古江彩佳wikiプロフィール

名前:古江彩佳

生年月日:2000年5月27日

年齢:22歳

身長:153 cm

体重:54 kg

出身地:兵庫県神戸市

出身中学:神戸市立長田中学校

出身高校:滝川第二高校

所属:富士通(以前は六甲国際ゴルフ倶楽部)

2019年10月23日付でJLPGAに入会、 JLPGA91期生となりミレニアム世代プロ第1号となった。

古江彩佳のツイッターやインスタグラム

古江彩佳のツイッター

古江彩佳のインスタグラム

古江彩佳のフェイスブック

古江彩佳の高校や中学は?

古江彩佳選手の通っていた学校は次のとおりです。

出身中学:神戸市立長田中学校

出身高校:滝川第二高校

小学生時代には2012年『関西小学生ゴルフ選手権』優勝。

神戸市立長田中学校在学中の2014年と2015年の「関西中学校ゴルフ選手権」、2015年「全国中学校ゴルフ選手権」、2016年「関西高等学校ゴルフ選手権」など数々の大会で優勝し、その年「日本女子オープンゴルフ選手権競技」に出場(28位タイ)

滝川第二高進学後の2017年と2018年はJGAナショナルチーム入り

「ネイバーズトロフィーチーム選手権」で個人7位タイ、団体優勝。

2018年の「トヨタジュニアゴルフワールドカップ」で個人4位、団体優勝。

また、佐渡山理莉等共に挑んだ同年の「第18回アジア競技大会ゴルフ競技」で個人4位、団体5位

古江彩佳の身長・体重は?

古江彩佳選手の身長体重は次のとおりです。

身長:153 cm

体重:54 kg

古江彩佳の実家の父

【父の日ウィーク】女子ゴルファー古江彩佳を育て上げたのは未経験の父!全面サポートで世界へと羽ばたいた親子の愛情物語

 順風満帆なゴルフ人生を歩んできた古江。彼女がゴルフを始めた3歳のときから、ずっと指導してきたのは、父親である芳浩さんだった。娘に父親がゴルフを教える例は意外と多い。宮里藍や横峯さくら、藤田さいき、菊地絵理香、笠りつ子など、ツアーで優勝している選手が目白押しだ。ただ、その多くはゴルフ経験者であり、父親がゴルフをしていたから興味を持ったパターンがほとんどだった。ところが、古江の父親である芳浩さんはまったくのゴルフ未経験者だったという。
https://news.yahoo.co.jp/articles/3ac1e1f663a6c453e718c23b2532398750898e1e

古江彩佳さんの実家の父親の名前は芳浩さん。

古江彩佳さんがゴルフを始めたきっかけは3歳の時に母が勤め先のゴルフコンペに参加する練習についていったことから。

古江彩佳さんがゴルフに興味を持ったことから「クラブの握り方も知らなかった」ほどゴルフ経験は皆無だった父の芳浩さんが練習に付き合うようになります。

小学校高学年になって大会に出場すると上位に入賞。全国大会にも勝ち進むなど試合で結果を残すにつれ、父の芳浩さんも雑誌やテレビ番組で徹底的に技術を研究した

サラリーマン家庭で金銭的な負担を軽くするため「打ち放題500円」の練習場にほぼ毎日通い詰めたそうです。

古江彩佳のコーチも父

古江彩佳さんはプロのコーチに指導をしてもらってるわけではなく現在も「調子が悪い時に話を聞ける。2人なので迷うことがない」と、父がコーチをしています。

古江彩佳さんの高校時代のゴルフ部監督、角谷真吾さんも「崩れないスイングはお父さんがつくり上げた。彩佳自身、信じる人をお父さん一人と決めているのでぶれない」と太鼓判。

古江彩佳さんに対して父はスコアは縮めるためにバーディを奪うゴルフよりもボギーを打たないゴルフを徹底指導。

実際に古江彩佳さんはプロになってからの20-21シーズンのパーセーブ率が89・1%(2位)と高い数字をマークしています。

ちなみに、トーナメントで使用するボールに刻まれている7つの星は父が手作業で描いているそうです。

古江彩佳の結婚・彼氏は?

調査中
古江彩佳選手のプライベートについてネットメディアやSNSなど調べられる範囲では結婚していることを確認できるような情報は掴めませんでした。

古江彩佳のルーキーイヤーで米ツアー初優勝にネットの口コミは?

米ツアー初勝利ルーキー・古江彩佳 同組の相手が戦意喪失してしまう不思議な〝魔力〟

【英国ゲイレス31日(日本時間1日)発】米、欧州女子ツアー共催の「スコットランドオープン」最終日(ダンドナルド・リンクス=パー72)、首位と4打差の9位から出た古江彩佳(22=富士通)が、ボギーなしの10バーディーで62と異次元猛チャージをかけて通算21アンダーとし、ルーキーイヤーで米ツアー初優勝。ツアーメンバーとして同期の渋野日向子(23=サントリー)より先に勝ったが、実はこの活躍は“予言”されていた。同じく9位スタートの畑岡奈紗(23=アビームコンサルティング)は通算15アンダーの7位だった。

https://news.yahoo.co.jp/articles/9addd856ff686a6c3d1784d3e31ad8c36168a87a
タイトルとURLをコピーしました