僕らは恋がヘタすぎる(ドラマ)のwiki!相関図や原作あらすじは?結末ネタバレ

スポンサーリンク
未分類

ドラマ「僕らは恋がヘタすぎる」は自己犠牲ガール、Mr.正論、セフレ体質女子、影ありチャラ男、健気わんこ系男子といった、それぞれ性格が全く異なる男女5人が繰り広げる濃厚ラブシーンありのオトナの恋愛ドラマ

引用:https://www.asahi.co.jp/bokuheta/

スポンサーリンク

僕らは恋がヘタすぎる(ドラマ)の放送日程・放送局

ドラマ「僕らは恋がヘタすぎる」はABCテレビの日曜深夜に新たなドラマ枠“ドラマ+(プラス)”で全7話分が放送されます。

ABCテレビ 2020年10月25日(日)スタート 毎週日曜 23:55~
テレビ神奈川 2020年10月27日(火)スタート 毎週火曜 23:00~

僕らは恋がヘタすぎる(ドラマ)のあらすじ

藤原花(川島海荷)と片山みずきは、小学生の頃からの大親友。彼氏に浮気され、フラれてしまった花は、みずきと一緒に傷心旅行へ。そこで成田洋介(白洲迅)と一之瀬歩に出会う。いきなり正論を振りかざし、性格的に言いたいことが言えない花を叱る成田に、当初は反発する花だったが、これまでの出来事は自分の欠点によるものだと気づく。そこで自分を変えようとするが…。

僕らは恋がヘタすぎる(ドラマ)の原作

ドラマ「僕らは恋がヘタすぎる」は電子書籍配信サイト「コミックシーモア」で配信されている橘えいこさんの同名漫画が原作です。

■橘えいこ コメント
ドラマ化のお話をいただき、ドキドキとワクワクの中で毎日過ごしております。
この作品に関わっていただいたすべての人に感謝の気持ちを持ちつつ、「動きまわる5人を早く見たい!」という気持ちでいっぱいです。
皆様にも楽しんでいただけましたら幸いです。

僕らは恋がヘタすぎる(ドラマ)のキャスト相関図

川島海荷 藤原花
白洲迅 成田洋介
浅川梨奈 片山みずき
塩野瑛久 一之瀬歩
嶋崎斗亜(「Lil(りとる) かんさい」) 一之瀬奏多
野呂佳代(元AKB48) 浜野由梨
大場美奈(SKE48) サエ

川島海荷 藤原花

コンビニエンスストアの商品開発部に所属し、スイーツ開発を担当する藤原花。気を使いすぎる性格で、何も言いだせず、残念な結果になることもしばしば…。

■川島海荷 コメント
原作マンガを読んだ感想
とってもドキドキしましたし、登場人物がみんな魅力的だったので引き込まれました。
わたし自身、中高校生の頃は少女マンガが大好きで、ハマってしまうと続きが気になって一気に読んでしまうという癖があり、その現象が再び起こりました。それぞれの不器用さがもどかしくもあり愛らしくて、みんなを応援したくなるような作品です!

白洲迅 成田洋介

花が旅先で出会う口の悪いイケメンで、正論を振りかざす経営コンサルタント
相手のためにと思って正論を言うが、そのせいで周囲から人が離れていってしまうことも。

■白洲迅コメント
原作マンガを読んだ感想
大人だからこその不器用な恋愛。相手を思いやるが故のすれ違いに、それぞれの人間模様が見えて、あっという間に読ませていただきました。
男女5人の恋愛、そして友情から見える不器用な人間模様に共感してもらえる部分が必ずあると思います。是非、ご覧ください

浅川梨奈 片山みずき

藤原花の小学生の頃からの親友。男性と真剣に付き合ったことがなく、セフレ体質な彼女は、イイ雰囲気になった男性から花を紹介してほしいとせがまれるなど、内心は花に対して嫉妬心など複雑な思いを抱いている

■浅川梨奈コメント
元々、少女漫画が大好きでたくさん読んでいるのですが、自分が好きなテイストの作品で楽しく拝読させて頂きました。大人たちの不器用だけども真っ直ぐな恋愛模様やすれ違う矢印に切なくもキュンキュンします。1人で読みながら思わずキャーキャー言ってしまった場面もありました(笑)。
登場人物全員が抱えている想いや悩み、大人の不器用な恋愛模様やそれぞれの友情はもちろん、突き進んでいく5人を様々な視点から楽しんで見てもらえたらなと思います。所々ある生々しさが面白いなと思うし、魅力的だと思いますので、ぜひ「僕ヘタ」を見てドキドキしてくださいね。

塩野瑛久 一之瀬歩

成田洋介(白洲迅)の友達
これまで、成田にも誰にも明かしてこなかった心の影を抱き、優しくもありチャラくもあるキャラクター。明るくふるまっているが、どこか、距離を詰めさせてくれない壁がある

■塩野瑛久コメント
僕の演じる歩は5人の中でも少し達観したような軽い印象を受けたのですが、誰よりも友達想いで自分の心に忠実な人間でもあるので、そのバランスや独特な雰囲気を自分なりに消化させました。現場は短期間ながらにとても温かい雰囲気でキャストもスタッフも楽しみながら撮影ができていたと思います。色々な意味でドキドキするようなシーンもありますが歩という人間がこの作品にとって重要な存在であると言っていただければ本望です。

嶋崎斗亜 一之瀬奏多

一之瀬歩の弟

■嶋崎斗亜コメント
今まで少女漫画は女性が読むものだと思っていて読んで来なかったんですが、読んでみると楽しくて次へ次へと読み込んでいました。登場キャラクターの気持ちになってキュンキュンしたり腹立ったりもしちゃいました。
不器用な5人がヘタながらも恋愛に取り組む姿を客観的に応援する立場や、それぞれの人物の視点で見れるのでこれだけでも5通りの見方があります!楽しみ方は沢山あるので、多くの方に見て頂きたいです。よろしくお願いします。

野呂佳代(元AKB48) 浜野由梨

藤原花(川島海荷)の会社の上司

大場美奈(SKE48) サエ

成田洋介の元カノ

僕らは恋がヘタすぎる(ドラマ)の最終回・結末をネタバレ

他人に気を遣いすぎて自分を犠牲にしてしまう花。真剣に付き合ったことがなく、愛されたいと強く願うみずき。相手のためにと正論を言って嫌われてしまう成田。心の影のせいか優しくもチャラくもある歩。そして、歩の弟・奏多。それぞれの中に渦巻く友情や嫉妬、裏切り、諍い…彼らが恋愛を通して自分と向き合っていく。

僕らは恋がヘタすぎる(ドラマ)の感想

タイトルとURLをコピーしました