箱根駅伝2020の1区走者(ランナー)は?誰が東洋,青学,早稲田,東海の1区?

箱根駅伝2020の1区走者(ランナー)のメンバー予想

すでに発表されている選手も含めて箱根駅伝2020で1区のランナー(走者)が誰なのかを予想します。

予想の根拠としては、2019年の箱根駅伝に出場をしていてなおかつ、
1区を担当していたかどうかです。

これまでの箱根駅伝の傾向として、同じ大学の同じランナーが同じく区間を走るケースが多く見られます。

もちろん、法政大学の佐藤敏也選手のように復路6区を走っていたものの、
1区にコンバートされたケースもあります。

2019年箱根駅伝の1区での成績と共に予想選手をまとめた表は下記のとおりです。

1 東洋大学 西山和弥 01:02:35 
4 早稲田大学 中谷雄飛 01:02:42 00:07
5 法政大学 佐藤敏也 01:02:43 00:08
6 東海大学 鬼塚翔太 01:02:43 00:08
8 東京国際大学 モグスタイタス 01:02:50 00:15
10 国学院大学 藤木宏太 01:02:57 00:22
12 日本体育大学 池田耀平 01:03:10 00:35
13 明治大学 鈴木聖人 01:03:11 00:36
14 中央学院大学 川村悠登 01:03:14  1:03:14
17 日本大学 横山徹 01:04:24 01:49
18 拓殖大学 赤崎暁 01:04:26 01:51
19 順天堂大学 沢藤響 01:04:40 02:05

下記の大学に関しては、2019年の箱根駅伝で4年生が1区を担当していたため、
新たなメンバーが選出されることが予想されます。

青山学院大学
駒澤大学
帝京大学
法政大学
神奈川大学
創価大学
筑波大学
国士舘大学
中央大学

西山和弥(東洋大学)

大学駅伝の強豪校の一角、東洋大学で1年生からレギュラーの座を勝ち取り、箱根駅伝2020は早くも3回目の出場。

2019年の箱根駅伝では1区を1位で駆け抜け、東洋大学3位に大きく貢献しました。

自己ベスト記録
5000m 13分46秒95
10000m 28分35秒72

中谷雄飛(早稲田大学)

高校陸上界(長距離)で名門中の名門である佐久長聖高校に在籍していた逸材で、
高校時代から数々の大会で優勝・上位入賞を果たしてきた早稲田大学が誇る次代のエース。

自己ベスト記録
5000m 13分45秒49
10000m 28分50秒

佐藤敏也(法政大学)

佐藤敏也選手は1年生から箱根駅伝に出場を重ねていて2019年で3年連続で出場と達成。

しかも全て区間上位と安定した走りを見せていましたが、
今年は怪我で出雲駅伝・全日本大学駅伝いずれにも欠場しているので、
箱根駅伝の出場ももしかしたら微妙かもしれません。

自己ベスト記録
5000m 13分38秒22
10000m 28分35秒

鬼塚翔太(東海大学)

「スピードの東海大」の中でもスピードスターの異名をとるのが鬼塚翔太選手。

2019年は第24回全国都道府県対抗男子駅伝にも出場し3区を走るも順位は20位とやや調子が良くないかもしれません。

自己ベスト記録
5000m 13分38秒5
10000m 28分17秒52
ハーフマラソン 1時間02分03秒

モグスタイタス(東京国際大学)

東京国際大学の中で10000mの成績は2位に10秒以上の差をつける1位で、
27秒台に迫る記録を持っているのがモグスタイタス。

自己ベスト記録
5000m 13分36秒78
10000m 28分16秒35
ハーフ :1時間02分42秒

関東インカレ 男子2部5000m決勝 優勝ムイル(創価大)13’43”20 2017.5.28

藤木宏太(国学院大学)

2019年箱根駅伝に1年生で1区デビューを飾っています。

5000m 14分06秒66
10000m 28分46秒41
ハーフ 1時間02分17秒

池田耀平(日本体育大学)

学部 体育
年齢 21歳
登録陸協 静岡県
出身校 島田
記録
10000m公認:28分47秒05
ハーフマラソン公認:1時間04分06秒

鈴木聖人(明治大学)

鈴木聖人は茨城県の水城高では全国高校駅伝で「花の1区」を走り区間5位の好走を見せていました。

自己ベスト記録
10000m 28分48秒12
ハーフ 1時間03分45秒

川村悠登(中央学院大学)

10000mの記録は中央学院大でトップの実力を持つのが川村悠登選手。

駅伝デビューは実は2018年の出雲駅伝で、
1区を4位で走る好成績を上げて中央学院大学の総合6位に大きく貢献しました。

自己ベスト記録
10000m 28:39.39
ハーフ 1.04.42

横山徹(日本大学)

学年 3年生
学部 経済
年齢 21歳
登録陸協 新潟県
出身校 中越
記録
10000m公認:28分44秒31
ハーフマラソン公認:1時間04分19秒

赤崎暁(拓殖大学)

11月の上尾ハーフでは1時間01分46秒で、拓大の赤崎暁(4年)は日本人トップとなる2位。このタイムは2019年の学生ランキングでは日本人トップの相澤晃(東洋大4年)と1秒差の2位タイだ。

沢藤響(順天堂大学)

学年 3年生
学部 スポーツ健康科
年齢 21歳
登録陸協 秋田県
出身校 秋田工業
記録
10000m公認:29分15秒74
ハーフマラソン公認:1時間04分08秒

タイトルとURLをコピーしました