アイススラリー意味は?

スポンサーリンク
デフォルト 0未分類

アイススラリーとは胃腸への負担少ないシャーベット状のスポーツドリンク・冷却飲料として日本で知られるようになりました。

液体で補給するよりもゆっくりと冷たさがカラダに浸透するそうですがアイススラリーのもともとの意味は?

スポンサーリンク

アイススラリー意味は?

子どものスポーツは特に熱中症に注意!……発汗機能が未発達で外気温の影響受けやすい

近年、注目を浴びているのが、微細なシャーベット状の飲料である「アイススラリー」で、深部体温を効率的に下げるのに有用との報告もあります。氷は溶ける際に体内の熱を吸収し、深部体温の上昇を抑えるのに効果があり、それを氷より飲みやすい状態にしたのがアイススラリーです。

 熱中症は命にかかわる問題ですから、子どものスポーツ指導者や保護者は、暑さ指数を踏まえて、時にはスポーツの中止も考え、実施している時は、休息や水分、塩分の補給に十分に留意して楽しんでください。

https://news.yahoo.co.jp/articles/2474fb405282cd2068802419541c2e621dde522d?page=2

氷の粒子サイズが小さいため、同じ重量の他のタイプの氷よりも熱伝達面積が大きくなることから、広く空調、包装、工業用冷却プロセス、スーパーマーケット、魚、農産物、家禽、その他の傷みやすい製品の冷却と保管に広く使用されてきた経緯があります。

スラリーアイス発生器の世界初の特許は、1976 年にカナダのSunwell Technologies Inc.によって出願されています。

その流動特性、高い冷却能力、用途の柔軟性により、スラリーアイスシステムは従来の氷発生器や冷凍システムの代替品となり、エネルギー効率が 70%向上します。標準システムの約 45% と比較して、1 トンあたりのフロン消費量が減少します氷とより低い運用コストで維持できるというメリットもありました。

スラリー アイスは、耐水性輸送コンテナ内の食品加工アプリケーションでの製品の直接接触冷却にも使用され次の利点があります。

○製品はより速く冷却されます – 小さな結晶の滑らかな丸い形状により、製品との接触面積が最大になり、その結果、熱伝達が速くなります。

○優れた製品保護 – 滑らかで丸い結晶は、他の形態の鋭くギザギザの氷 (フレーク、ブロック、シェルなど) とは異なり、製品を損傷しません。

○均一な冷却 – 主に空気を介して熱を伝導する他の不規則な形状の氷とは異なり、スラリー結晶の丸い形状により、製品全体の周りを自由に流れることができ、すべてのエア ポケットを満たし、直接接触と望ましい低温を均一に維持します。

ただ日本で「アイススラリー」はどちらかというと、微細に砕いた氷と液体を混ぜた、シャーベット状の冷却ドリンクのことを指しています。

「アイススラリー」は朝ドラ「おかえりモネ」でも体にこもった熱を最速で下げる”最終兵器”として車いすランナーの女性が実践していました。

運動前に摂取することで運動能力が向上することが多くの研究で報告されている。

スポーツドリンクをアイススラリーの形で摂取すると、水分摂取や身体の冷却に加えて、糖質や電解質の摂取が可能となり、より大きな運動能力に影響する可能性のある栄養素や成分の補給効果を発揮できると考えられています。
http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/hbg/detail/1251820210309123716

タイトルとURLをコピーしました