入澤あきこの旦那や子供などwiki調査!ブログ年収は?

スポンサーリンク
未分類

入澤あきこさんはカラーコンサルタントやパーソナルスタイリストといった仕事を経て現在は子育てしながら働く女性のための研究所所長としても活動。

育児と家事と仕事という3つのワークライフバランスの両立について個人・法人問わずアドバイスしている入澤あきこさんの気になるプロフィールをまとめています。

スポンサーリンク

入澤あきこwikiプロフィール

名前:入澤あきこ(旧姓:岩佐有希子)
出身地;神奈川県横浜市
生年月日:1982年
年齢:38歳
出身高校:私立横浜雙葉高等学校
最終学歴:法政大学
職業:子育てしながら働く女性のための研究所所長、カラーコンサルタント、パーソナルスタイリスト

入澤あきこさんは小学校低学年の頃から着る服によってその日のテンションを左右するほどファッションが好きで、
大学生の頃には、あるアパレルブランドにて4年間、アパレルショップののアルバイトを経験。

ただ就職では大同生命保険に勤務し事務職を経験すると2009年から独立してパーソナルカラー診断・ファッションメイクアドバイスを始めています。

その間、旦那の転勤や子供の出産なども経て、転勤族の妻が仕事を続けることの難しさを実感したそうです。

入澤あきこさんは次女を出産後、転勤先の長崎から東京・横浜に戻ると、転居で保育園にも入りにくなることも実感しています。

入澤あきこの経歴

入澤あきこさんは、ライフステージに変化で女性は安定的に仕事を継続することの難しさを知ると
長女が小学生になったのを機に、パーソナルスタイリストに加え、インターネット広告関連の会社で会社員としても働き始めます。

子育てしながらフルタイムで働くことの難しさを肌で体験すると、
自身のこれまでの働き方への悩みから、105人の子育てしながら働く女性へのインタビューを行い、2020年12月末で会社員は退職。

子育てしながら働く女性のための研究所を設立し現在に至ります。

パーソナルスタイリストの仕事も続けていて、これまで、ミスユニバースビューティーキャンプ講師、テレビの変身企画のスタイリストなどを経験し、美容専門学校、高等学校などで後進育成にも務めています。

■職歴
東京ヘアビューティ専門学校講師
白鵬女子高等学校講師
AFT認定色彩講師
ミスユニバース長崎大会ビューティキャンプ講師
NBCあっぷる番組内コーナー「ビューティレッスン」ファッション担当
中小企業ネットワーク専門家

■セミナー講師・イベント・各種カラー監修実績

【2020年】
子育てしながら働く女性のための研究所設立
出版「子育てのために仕事を諦めなくてもいい方法」
白鵬女子高等学校様 夏期講習「カラーコーディネート基礎講座」開講
手帳アカデミー様「講師のための装い講座」開講
大同生命保険株式会社埼玉支社様「パーソナルカラー診断セミナー」開催
出版「働いてるからできる子どもが自立する子育て方法」

【2019年】
メンズオーダースーツK-51インターナショナル様「パーソナルカラー研修」開催
株式会社FPパートナー 川越支社様「パーソナルカラー研修」開催
東京ヘアビューティ専門学校様「パーソナルカラー診断力講座」「色彩検定3級対策講座」
白鵬女子高等学校様 春期講習・夏期講習「カラーコーディネート基礎講座」開講
「自分の人生が愛おしくてたまらなくなる100の質問ノート」シェア会 6回開催
Umineko美容室様「パーソナルカラー診断講座」開催

入澤あきこのツイッターやインスタグラム

入澤あきこのツイッター
@akirisawa

入澤あきこのインスタグラム
@akirisawa1209

入澤あきこのフェイスブック
@akiko.irisawa.5

入澤あきこのブログ(note)
@akirisawa

入澤あきこの公式HP

入澤あきこの高校や大学など学歴は?

入澤あきこさん中学受験をして、関東を代表するお嬢様学校の横浜雙葉という女子校に進学しています。

中学高校を横浜雙葉で過ごすと、大学は法政大学に進学。

大学時代はアパレルのアルバイトと、バックパックを背負って海外旅行に行くことに夢中になったそうです。

入澤あきこの結婚した旦那(夫)や子供は?

入澤あきこのさんは2010年に結婚をしていて、旦那の名前は入澤勇紀さんです。

転勤の多い仕事ということなので、旦那さんの職業は銀行マンなのかもしれませんね。

2020年11月時点で8歳と5歳の娘が2人いて、ブログに投稿されていた入学式の画像から神奈川県横浜市港北区にある大綱小学校に通っているとみられます。

入澤あきこの本

入澤あきこさんはこれまでに下記の本を出版しています。

2020年11月 「働いてるからできる子どもが自立する子育て方法」

■子育てのために仕事を諦めなくてもいい方法: 105人の子育てしながら働く女性にインタビューしてわかった働き方

105人の子育てしながら働く女性にインタビューした事例をもとに、子育てしながら働く女性が一人でも多く、働くことを諦めず、理想の働き方を実現させる方法のガイド!

「このまま仕事続けられるかな」
「仕事と子育て両立できるかな」
など、悩んだ時は、多くの事例に触れ視野を広げたら、壁を乗り越えるきっかけになるはずです。

105人の働くママの取材を通じて、以下の3つの条件のどれかに当てはまる人が、働きやすい環境に恵まれていると言えました。

1 自身の実家、または義実家に頼める。
2 夫の仕事の融通が利く。
3 バリバリ仕事をしているので、シッターや家事代行などの外注費をかけやすい。

一方、働きたくても二の足を踏んでしまう方は、この3つが当てはまらない方でした。
「3ない」の場合。

1 実家の支援が頼れない。
2 夫の支援が頼れない。
3 外注できない。

ですが、「3ない」でも仕事のできているママ達もいました。そういう方達は

1 今の職場を働きやすい環境に改善していく。
2 自分の理想を追求できる職場を見つける。
3 自分らしい働き方を確立する。

という、自分の使える時間に合わせた働き方ができるよう、工夫と努力を重ねられていました。

この本を読むことで、子育てしながら自分にとっての理想の働き方の叶え方を見つけることができます。

入澤あきこの年収は?

入澤あきこのブログでは、自身の事業の売上も生活費に回し、なおかつ旦那に売上からお小遣いを渡したこともあるそうです。

おそらくは入澤あきこさんの年収だけでは家族4人が暮らせるだけの収入ではないようで、年収の金額は300万円~400万円といった水準になりそうですね。

タイトルとURLをコピーしました