伊丹健一郎の経歴・学歴をwiki調査!父・家族は?

スポンサーリンク
デフォルト 0未分類

伊丹健一郎さんは世界で初めてカーボンナノベルトの合成に成功した世界で活躍する研究者。

自身の研究チームの元大学院生による論文不正により悪い意味でも注目されてしまった伊丹健一郎さんの気になるプロフィールをまとめています。

スポンサーリンク

伊丹健一郎wikiプロフィール

名前:伊丹健一郎(いたみ けんいちろう)

生年月日:1971年(昭和46年)4月4日

年齢:50歳

出身地:アメリカ合衆国ペンシルベニア州

出身高校:都立国立高校

出身大学:京都大学工学部合成化学科

最終学歴:京都大学大学院工学研究科博士課程

職歴:
名古屋大学トランスフォーマティブ生命分子研究所(WPI-ITbM) 拠点長・教授
名古屋大学大学院理学研究科物質理学専攻化学系 教授

伊丹健一郎の経歴

主な研究内容は、有機合成における新戦略、分子触媒化学に立脚した有機分子変換法の開拓、生理活性物質、天然有機化合物の合成、光電子機能性物質の合成、新規ナノカーボン物質の合成

2009年にはベンゼンがパラ位で環状に繋がった-シクロパラフェニレン (CPP) の選択的合成に成功。

ジグザグ型カーボンナノベルトの合成に成功 〜3種全ての型のカーボンナノチューブ構造を合成可能に〜(瀬川泰知准教授ら) - お知らせ | 分子科学研究所

将来の半導体の材料として期待される炭素素材「グラフェンナノリボン」の合成に関する内容に関して、科学誌ネイチャーで発表した論文が撤回された。

ネイチャーの発表によると、物質の分子量を調べる「質量分析」の実験結果に不自然な点があった上、基となったデータを確認できなかった。

また、それ以外にも2報の論文が撤回され、2報の論文に訂正が出るなど、複数の研究不正が確認され、元大学院生が実験データを加工して使い回すなど不正に関与したとされています。

論文の責任著者だった伊丹健一郎らは、直接不正に関与した可能性は認められないとする一方、確認を怠っており責任は重いとしています。

論文は伊丹健一郎教授自らが「実験結果に不自然な部分があり、人為的な操作がある」として2020年に大学に不正の疑いがあると申し立てていました。

■略歴
2005年 名古屋大学物質科学国際研究センター 助教授(野依良治 特別教授)
2005-2008年 科学技術振興機構 戦略的創造研究推進事業 さきがけ研究員
2007年 名古屋大学物質科学国際研究センター 准教授(野依良治 特別教授)
2008年- 名古屋大学大学院理学研究科 教授(物質理学専攻化学系)
2012年- 名古屋大学トランスフォーマティブ生命分子研究所 (ITbM) 拠点長(理学研究科教授 兼任)
2013年- 科学技術振興機構 ERATO 伊丹分子ナノカーボンプロジェクト 研究総括(理学研究科教授 兼任)

■受賞
2013年 – 向山賞
2014年 – 日本学術振興会賞
2017年 – 中日文化賞
2018年 – 日本化学会学術賞

伊丹健一郎のインスタ・ツイッター

伊丹健一郎のツイッター

伊丹健一郎のインスタグラム

伊丹健一郎のフェイスブック

伊丹健一郎の高校や大学など学歴は?

伊丹健一郎さんの通っていた学校は次のとおりです。

出身高校:都立国立高校

出身大学:京都大学工学部合成化学科

最終学歴:京都大学大学院工学研究科博士課程

高校時代はバスケットボール部所属

化学は大嫌いだっただったそうですが、3年生の時に「ベンゼン」と出合ったことで化学の道に進みたいと考えた僕は、受験先を京都大学一本に絞ったそうです。

大学院時代の博士後期課程中にスウェーデン留学

伊丹健一郎の家族は?父・母は?

伊丹健一郎さんは経営学を専門とする父が大学院時代を過ごしたアメリカ合衆国ペンシルベニア州出身。

その後、東京・多摩市で少年時代を過ごす一方、父親のスタンフォード大学赴任に伴って断続的にアメリカ生活も経験しています。

タイトルとURLをコピーしました