梨泰院圧死事故の原因は有名人?立ったまま圧死

スポンサーリンク
デフォルト 0未分類

韓国・梨泰院(イテウォン)で立ったまま圧死する犠牲者が続出するという痛ましい事故が発生しました。

ハロウィーン直前の梨泰院(イテウォン)で狭い路地に殺到した人たちが折り重なるように倒れる群衆雪崩が発生しましたが、事故の原因は?

スポンサーリンク

梨泰院圧死事故の原因は有名人?立ったまま圧死

梨泰院圧死事故:「立ったまま圧死した犠牲者多い」証言複数…専門家推定の死因は「圧着性窒息死」

29日にソウル市竜山区の繁華街・梨泰院(イテウォン)で発生した「ハロウィーン圧死事故」の犠牲者の多くは立ったまま死亡していたと伝えられた。一部の報道機関では消防当局の話として、「犠牲者たちは下敷きになって圧死したのではなく、立っている状態で押しつぶされて圧死した」と報道した。インターネット上にも「立ったまま失神した人がいた」という現場での目撃談が投稿されている。事実、あるインターネット放送運営者が事故発生時、現場からリアルタイムでアップロードした動画には、ある女性が立ったまま四方八方から押され、その圧力のために苦しくなり悲鳴を上げ、まもなく力が入らなくなったかのようにぐったりする様子がとらえられていた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/cc37f830298f6767269d9b0b14633a05da70aba7

梨泰院圧死事故の現場は梨泰院のランドマークとなるホテルの後方にある幅4メートルほどの狭い通り

大勢の人がこの道幅の狭い坂道に殺到し、折り重なるようにして倒れこみ、これまでに153人の死亡が確認され、そのほとんどが10代から20代ということです。

韓国・尹錫悦大統領はこの事故の対応を国政の最優先順位に置き、原因の調査を徹底して再発しないよう根本的な改善を行うとしています。

事故原因については、韓国のニュース専門テレビYTNによるとによると若者に人気の著名人が坂道付近に姿を見せたため、通行人の一部が移動しようとしたことが将棋倒しにつながったとの見方も出ています。

ソウル繁華街・梨泰院で50人心肺停止、うち20人死亡…ハロウィーンの若者ら有名人に殺到
【読売新聞】 【ソウル=上杉洋司】聯合ニュースなどによると、ソウルの繁華街・ 梨泰院 ( イテウォン ) で29日夜、ハロウィーンで集まっていた大勢の人が将棋倒しになる事故が起きた。行政当局は本紙の取材に、少なくとも20人の死亡が確

梨泰院圧死事故の原因は有名人?立ったまま圧死にネットの口コミは?

梨泰院圧死事故は現場に居合わせた人らがSNSに投稿した映像などによると、坂道の通行が停滞して身動きがとれない状態になったところで、坂の上方にいた人らが体勢を崩したり転倒したりして、下方にいた人らの上に折り重なってしまったようです。


街のキャパシティと、集まった人の数が折り合わなかったことが遠因ではないか。

狭い道幅に入り組んだ路地という街の構造に加え、地下鉄の駅から街に入る人達と、街中から出る人達の動線が整理、区別されなかった。そこに、若い方々がそれぞれに集まって、巨大な群衆となり、坂の下に向けて雪崩を起こしてしまったのでは。

事故直前の動画を見てもすでに異常だし、密集に巻き込まれた人は動けなかっただろう。

これから行政の対策の不備が指摘されるかもしれんが、現場の状況からして都市計画の立て直しからしないとダメではないか。

街全体の構造を踏まえ、人の流れを規制する計画を立て、一方通行を定め、人流をさばく規制を設け、要所要所に警備員を多数配置してアナウンスし、人々がそれを守れれば、事故は防げるとは思う。

だが、以上は事故を受けた結果論にすぎない。
亡くなられた方のご冥福を、負傷された方のご回復を、お祈りします


昔、まだ人身事故の後に入場規制がなかった頃、ものすごい人で、四方八方を囲まれて酸素が足りないなと思った瞬間息が吸えなくなって目の前が真っ白になった経験がある。
気絶しかけて崩れ落ちそうになった瞬間、周りの方々が手を差し伸べてくれて、その後すぐに人なみが動き始めて呼吸戻ったけど、今回もそうして倒れて動けなくなった人がいたんじゃないかと思う。


時差通勤という言葉がまだメジャーでなかった頃、満員電車の山手線で、何度か死ぬ思いをしたことがあります。壁横だと肋骨が押し付けられて肺が開かなかったりしますので、柔らかい人間の身体に囲まれていた方がまだマシだと悟りました。四方から押されると、本当に片足ずつ浮き上がります。自分ではどうにもなりませんでした。体格が大きい方ではないので、逆に埋もれて酸素が吸えなくて叫んだこともありました。映像を見るたび当時を思い出して、若い方たちがどんなに苦しかったろうかと胸が痛みます。

タイトルとURLをコピーしました