岩瀬晶子の年齢や生年月日をwiki調査!結婚相手は初恋の人?ドラマ出演は?

スポンサーリンク
0未分類

岩瀬晶子さんは劇団「日穏 -bion -」の主催者で、自ら舞台に立つだけではなく脚本や演出も手掛けるマルチな才能を発揮。

過去には「藤本ケイ」としてアナウンサーの経歴も見られる岩瀬晶子さんの気になるプロフィールをまとめています。

スポンサーリンク

岩瀬晶子wikiプロフィール

岩瀬晶子インタビュー~宇都宮公演を語る~

名前:岩瀬晶子

出身地:栃木県宇都宮市

身長:160cm

体重:45kg

出身高校:栃木県立宇都宮女子高校

最終学歴:Virginia州立William and Mary 大学国際関係学部

特技:英会話、東北弁、日本舞踊、ジャズダンス、和装着付け、目玉リレー

資格:TOEIC940点、英語検定準一級、普通運転免許

趣味:映画・演劇鑑賞、一人旅(バックパッカーで30カ国以上)

事務所:Camino Real

所属劇団:日穏 -bion –

瀬晶子さんは留学を経て帰国すると、

IMAにてTOEIC&英会話講師
アップルコンピューター
外資系生保(翻訳業務)

などを経て、フリーアナウンサーに転身。

スポーツ・情報番組等のレポーター、テレビニュースのキャスター、ラジオ番組のパーソナリティー、ナレーターなどを幅広く担当。

バイリンガル司会として国際的式典、会議、イベントなど数多く担当していました。

芸能活動では青年座研究所実習科を経て、2008年には劇団「日穏 -bion -」を主宰し、企画・脚本も担当しています。

日穏 bion のあゆみ Part1

岩瀬晶子の経歴

日穏-bionという劇団の舞台『初恋』について・・・主宰の岩瀬晶子さんに聞く

岩瀬晶子さんは主に舞台で活躍しており、日穏-bionの舞台「初恋」では第4話 昭和39年・冬「故郷の雪」に桃子の役で出演。

舞台「初恋」とは、戦後、高度経済成長期、そして現代、それぞれの時代を生きた人達の、ちょっぴり甘く、切ない4つの恋の物語。
第4話は古い娼館で働く年増の娼婦・桃子の元へ、一人の男が客としてやってくる、というストーリーでした。

テレビ番組には、「警視庁捜査一課9係」「特捜9」「遺留捜査」など、、脚本執筆と共に出演もこなしています。

■岩瀬晶子の出演映画
「ミナマタ」(2020年)Masako Matsumura役
「アースクエイクバード」(2019年)Kato役
「二宮金次郎」(2019年)よし役(金次郎の母)
「I AM NOT A BIRD」(2018年)-リポーター役
「JUKAI-樹海-」(原題:「THE FOREST」)(2016年)-校長役
「燦々ーさんさんー」(2013年)-鶴本祥子役
「青いソラ白い雲」(2012年)-相馬役
「明日泣く」ホステス役(2011年) -ホステス役
「下校するにはまだ早い」(2010年)-目白陽子役
「けさらんぱさらん」(2010年) -加藤靖子役

■岩瀬晶子の出演ドラマ
「警視庁捜査一課9係」Season12 第6話 (テレビ朝日)-武井晃子役
「遺留捜査」第3話 (テレビ朝日)-大竹香澄役

■岩瀬晶子の出演CM
ヤマダ電機ハウステック
典礼会館「娘であり妻であり」篇
浅草浄苑
サンスターGUM
カネボウ専科クラシエ
スターツコーポレーション
キリンビール
スズキ自動車スィフト

岩瀬晶子と藤本ケイの関係は?

岩瀬晶子さんは過去にフリーアナウンサーとして活躍していた時期もありますが、その時の名前は「藤本ケイ」と名乗っていました。

岩瀬晶子のツイッターやインスタグラム

岩瀬晶子のツイッター
@b_i_o_n

岩瀬晶子のインスタグラム
@akikoiwase.bion

岩瀬晶子のフェイスブック
@akiko.iwase.79

岩瀬晶子のブログ

岩瀬晶子の高校や大学など学歴は?

岩瀬晶子さんは栃木県立宇都宮女子高校在学中に、英語弁論大会栃木県代表として全国大会に出場するほどの英語力がありました。

高校3年時にカリフォルニア州の高校へ一年間交換留学すると、高校卒業後、再度渡米し、Virginia州立William and Mary 大学国際関係学部を卒業しています。

岩瀬晶子の身長・体重は?

岩瀬晶子さんの身長体重は次のとおりです。

身長:160cm

体重:45kg

岩瀬晶子の家族は?父親・母親・兄弟姉妹は?

岩瀬晶子さんの母方の祖父は、児童文学者で後の日本児童文学者協会名誉会長の藤田圭雄さんです。

■藤田圭雄の作品

『たのしく科学を』日新書院 1948
『新しい生活のくふう』牧書店 1954
『くらしの12か月』牧書店 1959
『うたうポロンくん』小峰書店 1962
『とんちゃんよさようなら はっきりもののいえる子にする童話』実業之日本社 1963
『うたのないきゅうかんちょう』フレーベル館 1964
『少年少女東京オリンピック全集2 美しい人間像』黎明書房 1965
『ふたつのたいよう』あかね書房 1965 
『ぼくは海賊・子どもの詩集』フレーベル館、1965 
『童謡歳時記』牧書店 1965
『けんちゃんあそびましょ』講談社 1966、講談社青い鳥文庫 1981
『コトバ・ことば・言葉』牧書店 1967
『けんちゃんしっかり!』講談社 1968
『山が燃える日』講談社 1969
『歌の中の日本語』朝日新聞社 1970
『日本童謡史』あかね書房 1971
『まいごになったおうむ』至光社 1971
『おじいさんのばいおりん』至光社 1972
『地球の病気』国土社 1975、新版2002
『甲子園の土』講談社 1976
『解題戦後日本童謡年表』東京書籍 1977
『ハワイの虹 随筆集』晩成書房 1978
『詩と童話の世界』教育出版センター 1985
『チンチン電車の走る街 大正しりとりうた』金の星社 1985
『月の絵本 少年詩集』理論社 1985
『東京童謡散歩』東京新聞出版局 1988
『童謡の散歩道』日本国際童謡館 1994

岩瀬晶子の結婚した旦那(夫)や子供は?

調査中
岩瀬晶子さんのプライベートについて調べられる範囲ではスキャンダルが報じられたこともなければ彼氏に関する情報は一切ありませんでした。

同性婚に関しては、今のようにずいぶんと話題になる前、渋谷区でも同性婚が区議会で成立する2015年3月以前から賛成を表明していました。

昔、本で読んだのですが、あるネイティブ・アメリカンの部族では、性別が2つではなく、4つあったそうです。
「男らしい男」
「女らしい女」
「男らしい女」
「女らしい男」の4つ。

それを知って、私は妙に納得しました。

なるほど、それが人の自然の形なんだ!!

「性別は2つ」と決めつけてしまっている現代の社会の方が間違っているのではないでしょうか。

同性婚の合法化によって、少しでもその矛盾がなくなればいいのですが・・・

http://bionharu.blog49.fc2.com/blog-entry-462.html
タイトルとURLをコピーしました