怪獣8号30話のあらすじネタバレ!感想は面白い?つまらない?

スポンサーリンク
0未分類

怪獣8号最新話、30話「絶対的、要」のあらすじや内容をネタバレぎりぎりでまとめています。

スポンサーリンク

怪獣8号30話の前回までのあらすじ

スーツの活動限界を超えてしまった保科副隊長は、防衛隊に入隊する前も入隊した後も「もう刀の時代ではない」と自身が得意とする武器を否定され続けていました。

まるで自分の存在価値すら否定されていたような気分になっていた保科副隊長を救ったのが第3部隊の隊長、亜白ミナでした。

亜白隊長の期待に応えるべく、保科副隊長は「死んでも守る」と持てる技をすべて怪獣に浴びせかけます。

ただ巨大化してパワーアップした怪獣に対して、スーツの性能がゼロの保科副隊長になすすべはありません。

あえなく怪獣に捉えられ、万事休す…!

日比野カフカも他の隊員にみられる覚悟を承知の上で、怪獣への変身をはじめ保科副隊長の救出に向かおうとしていたところ、目も耳もつんざくようなすさまじい一撃が怪獣を襲います。

その正体は亜白ミナによる超長距離砲による一撃でした。

怪獣8号30話のネタバレ

「消し飛ばすぞ」

保科副隊長の窮地になんとか間に合った亜白ミナ隊長は、続けざまに怪獣へ向けて砲撃を繰り出します。

保科副隊長の斬撃ではほとんど傷をつけられなかった怪獣の体も、亜白ミナ隊長の攻撃は貫通するほどでしたが、怪獣の方はかろうじて弾道を見極めて致命傷を避けます。

「弾道を見切られてる」「再生速度も速い!」

司令部が困惑する中、保科副隊長が再び動き出します。「さてと、もうひと無茶すんで」

保科副隊長の目的は、怪獣から機動力を奪うこと。

怪獣の下半身を中心に斬撃を加え足止めできるように援護するものの、やはりスーツの解放戦力が63%程度では歯が足りません。

巨大斧を携えた四ノ宮キコルの一撃も怪獣の前には傷すら着けることができないほどでしたが、保科副隊長が甲殻を切り裂いたタイミングで四ノ宮キコルの一撃を加える作戦を血行。

四ノ宮キコルもまたスーツの活動限界を迎えオーバーヒートによる身体的ダメージを食らいますが、怪獣の膝には十分なダメージを加えることに成功します。

動きの止まった怪獣に対して、容赦なく亜白ミナが砲撃を繰り返すと、とうとう怪獣の体内に隠されていた核が露出。

「お前喧嘩売る相手間違うたで」

核もろとも怪獣は上半身を亜白ミナの一撃で吹き飛ばされるのでした。

怪獣8号30話の感想は?面白い?つまらない

怪獣8号30話では、亜白ミナのそばにいた虎の正体が少し明らかにされましたね。

名前は「伐虎(ばっこ)」で、亜白ミナが砲撃をする際、その身を挺して亜白ミナの体を支える働きをしていました。

亜白ミナの足元に虎がいる様子は第1巻でもみられ、単なる演出的な描写かとも思われましたが、もしかしたら怪獣8号のマスコット的な動物になるのかもしれませんね。

タイトルとURLをコピーしました