【監察医・巽教授の事件簿】公園溺死事件の犯人・真相#アンビリバボー

スポンサーリンク
未分類

2020年9月17日放送の奇跡体験!アンビリバボーでは【監察医・巽教授の事件簿】が放送されます。

この記事では、放送開始前に一足早く、事件の経緯や真相などをネタバレしています。

6300体以上の遺体を解剖してきた監察医・巽信二
公園の池の底から引き上げられた不可解な遺体の真相とは?
近畿大学医学部法医学教室、解剖室。法医学者として6300体以上の遺体を解剖してきた巽信二教授の元に、一件の解剖の依頼が。通報者は、被害者の男性の友人。遺体は、友人と一緒に夜の公園で散歩をしている時、ネコを見つけ、遊んでいるうちに、池に落ち亡くなった男性の遺体だった。通常は溺死と考えられ、遺体から見られる特徴としても、溺死と見て矛盾はなかった。しかし、巽教授は、男性は窒息死に間違いないが、溺死ではないと確信する。
巽教授は立ち会いの刑事に、事故現場で“あるもの”を探してほしいと告げた。そして刑事が確認すると、現場には巽教授が言う“あるもの”が確かにあったのだ。果たして巽教授が見抜いた、事故の真相とは?

https://www.fujitv.co.jp/unb/
スポンサーリンク

監察医・巽教授の事件簿 公園溺死事件の経緯

ある夏の朝に監察医の巽信二教授野本に警察から解剖依頼が届きます。

警察の話によると若い男性から通報が入り友人が猫と遊んでいる間に池に落ちてしまい、
救助しようと試みたがそのまま沈んでしまいどうすることもできなかった、と。

通報を受けて事故現場の公園の池に駆け付けた警察官がすぐさま捜索を始めたると、
ほどなくして被害者男性と思われる遺体が引き上げられます。

被害者男性の友人に事情を聴くと、
友人が溺れたのはまだ夜が明けないうちで、通報が遅くなってしまったのは
懐中電灯を探しに行ったり、気が動転していた」と供述。

原因不詳の水死体というだけの鑑定許可が下り、巽信二教授が司法解剖をすることとなったわけです。

巽信二教授は鑑定依頼を水死体の遺体を見るやいなや「溺死にしては少し顔面がうっ血している」という印象を持ち、
さらに遺体解剖を進めていくと、頸部は幅広く蒼白化しており背中には検視官も署員も把握していなかったアール(くぼみ)のある皮膚変色を発見。

教科書レベルでは、溺死も扼殺も同じ窒息で所見もほぼ同様に記載されているが、やはり、おかしいと違和感を隠せません。

巽信二教授はこれまでの経験から「これは溺死とは断定できない」と直感し
警察に事故現場(現場)に「あるもの」が残されていないか確認するよう指示した。

監察医・巽教授の事件簿 公園溺死事件の真相

巽信二教授が警察に探すように指示した「あるもの」とは…

巽信二教授に聞かれた警察は驚いた顔をして「あります。」と答え、証拠の写真も見せてきました。

あるものとは「鉄パイプ」のようなもので、巽信二教授は警察に
「池の周りに円筒鉄パイプで作られた高さ1mくらいの柵はあるか?」
と尋ねていたんです。

円筒鉄パイプの存在を確認した巽信二教授は「これは殺人である」と確信し、
何者かが円筒鉄パイプ越しに被害者男性の頸部を腕で締め付け殺害したという仮説を立てます。

長時間にわたって円筒鉄パイプが背中に強く押し付けられることからアール(くぼみ)がつくことも説明できるおとから、
警察はすぐさま捜査を事故死から殺人に切り替え、被害者男性の友人に殺人の容疑がかけられることになります。

その後の警察の取り調べで被害者男性と通報した被害者男性の間にはパワハラに近い上下関係があり、前々から、使い走りをさせられて気分が悪かった。当日も、無理難題を言われ、最後に馬鹿呼ばわりされて、耐えかねた被疑者がカッとなって犯行に及んだことが判明します。

もしも、巽信二教授が背中にのこされたアール(くぼみ)から円筒鉄パイプの存在に気づかなければ、この事件は事故死として処理され、完全犯罪が成立していたかもしれません。

監察医・巽教授とは?

出身地:大阪
学歴:近畿大学医学部卒
生年月日:昭和29年8月14日
血液型:A 型
趣味:シャコガイの飼育、ゴルフ

巽信二教授は、近畿大学の講師、助教授を経て2007年に近畿大学医学部の法医学教室の主任教授に就任。

1985年より大阪府監察医事務所の監察医も担当しているほか、
大阪府監察医事務所の監察医の他、大阪府・大阪市被虐待児鑑定医も歴任。

2010年には大阪府警を中心に捜査協力が評価され法務大臣賞、大阪高等検察庁検事長賞を受賞しています。

2005年の近畿大学医学部の教授の平均年収は1616万円と紹介されています

タイトルとURLをコピーしました