キングズベリーをwiki調査!北京五輪モーグル男子カナダ代表

スポンサーリンク
デフォルト 0未分類

ミカエル・キングズベリーはフリースタイルスキー男子モーグル選手で2018年平昌オリンピック金メダリスト、2014年ソチオリンピック銀メダリスト。

2022年北京五輪でもメダル獲得の有力候補となっているミカエル・キングズベリー選手の気になるプロフィールをまとめています。

スポンサーリンク

ミカエル・キングズベリー記録・戦績

Mikael Kingsbury (CAN) | Winner | Men's Moguls | Tremblant | FIS Freestyle

■オリンピックの記録・成績
2014年(ソチオリンピック)・・銀メダル

ワールドカップ(モーグル)
金メダル・・42個

銀メダル・・16個

銅メダル・・5個

■世界選手権モーグル(フリースタイル)の記録
2011年2月2日(Deer Valley、ユタ、アメリカ)・・銅メダル

2013年3月6日(Voss-Myrdalen、ノルウェー)・・金メダル

2015年1月18日(Kreischberg、オーストリア)・・銀メダル

■世界選手権デュアルモーグル(フリースタイル)の記録
2011年2月5日(Deer Valley、ユタ、アメリカ)・・銀メダル

2013年3月8日(Voss-Myrdalen、ノルウェー)・・銀メダル

2015年1月19日(Kreischberg、オーストリア)・・金メダル

ミカエル・キングズベリーwikiプロフィール

名前:ミカエル・キングズベリー(Mikael Kingsbury)

生年月日:1992年8月24日

年齢:29歳

国籍:カナダ

出身地:ケベック州サンタガット・デ・モン

身長:174cm

体重:68Kg

ミカエル・キングズベリー(Mikael Kingsbury)はフリースタイルスキー男子モーグル選手。2018年平昌オリンピック金メダリスト、2014年ソチオリンピック銀メダリスト。

2009-10年FISワールドカップ・ルーキー・オブ・ザ・イヤーを受賞し、キャリア初期に頭角を現す。

モーグルとフリースタイル総合で9度のFISフリースタイルワールドカップ優勝を誇り、男子モーグルワールドカップ最多優勝とフリースタイルワールドカップ総合優勝の記録を持っている。また、モーグルのワールドカップ通算優勝回数70回、フリースタイルワールドカップ大会連続優勝回数13回の記録を持つ[1][2]。モーグルとデュアルモーグル両方の世界選手権種目を制した初の男性選手であり、フリースタイル世界選手権では出場した12競技のうち11競技でメダルを獲得し、歴代の男性選手の中で最も多くのメダルを獲得している。

キングスベリーは2014年にオリンピック銀メダルを獲得し、2018年の平昌冬季オリンピックでは、男子モーグルのオリンピック王者として金メダルを獲得した。

ミカエル・キングズベリーの経歴

ミカエル・キングズベリー(Mikael Kingsbury)はNor-Am Cup (North American Cup)で数シーズン活躍した後、2010年にはモーグル4種目、デュアルモーグル1種目で優勝し、ワールドカップでは2年連続で4位入賞を果たすなど、大きな成功を収めた。これらの成績により、2009-10 FISワールドカップ・ルーキー・オブ・ザ・イヤーに選ばれた

キングズベリーは、ワールドカップフルシーズン最初の大会でワールドカップ初表彰台を獲得し、続く2010年12月21日にはワールドカップ初優勝を果たした。

この勝利により、FISフリースタイルワールドカップイベントで優勝した初の18歳選手となった。

キングズベリーは、さらに1回のワールドカップ優勝と5個のメダルを獲得し、2010-11 FISフリースタイルスキー・ワールドカップシーズンを、同国のアレクサンドル・ビロドウ、優勝したギルボ・コラスに次ぐ総合4位、モーグルの種目別3位で終了した。

モーグルではビロドウ、コラスに次ぐ銅メダル。モーグル2種目では最終組で転倒し、再びビロドウに次ぐ銀メダルに終わった。

■ワールドカップと世界選手権の初タイトル
2011-2012年シーズンの開幕からワールドカップ6連勝を達成。

この連勝は次の大会で2位となったものの、金メダル8個、銀メダル4個、銅メダルを獲得し、1シーズンのFISフリースタイル競技会ですべての表彰台に立った2人目となる記録を樹立した。

モーグルで初のFISフリースタイルクリスタルグローブ、そしてフリースタイル全種目で総合優勝、クリスタルグローブを獲得した

現在に至るまで、優勝、表彰台、得点の面で最も成功したワールドカップシーズンであり、シーズン中の彼の業績は、いくつかのFIS記録を更新、またはそれに匹敵するものであった。

キングズベリーの総合得点90.77点は、2003年以来、男子フリースタイル・ワールドカップ・シーズンで達成された最多得点である。

モーグルでは最大1300点のうち1180点を獲得し、個人種目におけるシーズン最多得点の男子FISフリースタイル・ワールドカップ記録を樹立した。

また、モーグル男子選手として最年少でクリスタルグローブを獲得し、シーズン最多表彰台記録(13回)を樹立したほか、アメリカのジェレミー・ブルームが持つワールドカップ最多連勝記録と同じ6勝を挙げた。

2012-13年シーズンは、6勝に加え、2位1回、3位2回の計12大会で9回の表彰台を獲得した。この成績により、モーグルで2度目のFISタイトルと、2年連続の総合クリスタルグローブを獲得した。

2013年FISフリースタイル世界選手権では、モーグルで予選1位、チームメイトのビロドウが2位となり、自身初の世界選手権タイトルを獲得した。キングズベリーは、「この日をずっと待っていたし、世界選手権のタイトルを獲得する日を夢見ていた」という。この日のために夏の間頑張ってきたので、とてもうれしい。今朝起きたら、世界選手権のムードが漂っていた。完璧な気分だった。体も完璧だったから、今日もいけると思った」[12] キングズベリーは次にデュアルモーグルの決勝に出場し、チームメイトのビロドウと再び決勝対決をすることになった。彼はまたもや彼を倒すことができなかったが、それでも銀メダリストとして2つ目のダブルメダルを達成した[13]。

■ブラッサードを超える
2013-14シーズン、ミカエルは開幕から3連勝を飾った。しかし、最初の3戦でいずれも2位だったカナダのチームメイト、ビロドウが復活を遂げ、その後のワールドカップ3大会で優勝し、FISワールドカップモーグル、総合ランキングの両方でキングズベリーを追い抜いた。

ソチ五輪では、最終滑走で小さなつまずきがあったものの24秒71でフィニッシュし、ビロドウの26秒31に次ぐ2位となり、自身初の五輪メダルを獲得した。 [14] オリンピックで初のメダルを獲得したキングズベリーは、「金メダルを狙っていたが、表彰台に立つだけでもクレイジーだし、チームメイトと一緒にいるなんて、信じられない」と語った[14] ワールドカップの結果から、彼は金メダル候補であったが、キングズベリーは再び金メダルを狙って驚いたビロドーに追い越された。

オリンピックでの活躍の後、キングズベリーは次の3大会でそれぞれ3位、1位、4位、ビロドウは4位、9位、2位となり、2014年3月16日に行われたシーズン最後の2大会目で、ライバル同士の重要なデュアルモーグル決勝が組まれることになった。21歳のキングズベリーは決勝でビロドウを破り、キャリア21勝目を挙げ、その過程で彼は幼少期のロールモデルであるジャン・リュック・ブラッサードを抜き、カナダ人によるワールドカップ最多優勝記録を更新した(この同じイベントで、ビロドウの銀メダルはブラッサードと並ぶカナダ人のワールドカップメダル獲得数タイとなった)[15]。

シーズン最終戦を迎えたキングズベリーは、男子フリースタイル総合優勝をビロドウに3点差、男子モーグル優勝を31点差でリードしていた。最終種目のデュアルモーグル決勝では、再び2人が対決。ビロドウは「世界最高峰の選手を相手に最後の滑りができて本当に光栄だ」と述べ、キングズベリーに勝利して引退した[16]。キングズベリーはさらに銀メダルを追加し、最終的にビロドウに1点差をつけてフリースタイル総合優勝、男子モーグル優勝を決めた。キングズベリーは890点、ビロドウは879点と、総合3位のパトリック・デネンに倍のポイントをつけて今シーズンを締めくくった[17]。

■ワールドカップの記録
FISは2014-15シーズン開幕前に、「ビロドウがいなくなった今、…シーズンのストーリーは、誰かが、誰かが、ミカエル・キングスブリーのモーグル至上主義に挑戦できるかどうかになるだろう」と提言していた。 「18] キングズベリーはこの問いに、カナダ・フリースタイル協会が「フリースタイル史上、間違いなく最も多作で印象的なシーズンのひとつ」[19]と評した、日本の田沢湖で行われたワールドカップシーズン第8戦のデュアルモーグル決勝で、チームメイトのフィリップ・マーキに19-16で勝利したことで答えました。この勝利により、キングズベリーは、9位という不本意な成績でシーズンをスタートしたFISワールドカップモーグルで、ジェレミー・ブルームと共有していた6連勝の記録を更新し、7連勝を達成した[19]。この勝利は、キングズベリーの若いキャリアにとって28度目のFISフリースタイルスキーのワールドカップ優勝で、フランス人のエドガー・グロスピロンと同着で歴代のトップとなる記録であった。22歳での達成は、グロスピロンの78回に対して、キングスベリーは60回のワールドカップでの達成となった[19]。

この時点でキングスベリーは、前日の田沢湖でのモーグル大会で優勝し、すでにモーグルシーズン4連覇を達成していた。しかし、シーズン最終戦のクォーターファイナルヒートでまさかの転倒を喫し、8位でフィニッシュした[20]。また、モーグルとフリースタイル総合のクリスタルグローブも、4シーズン連続で獲得した[21]。

ワールドカップでの活躍の中、モーグルのデュアル種目でキングスベリーはカナダのチームメイトであるフィリップ・マルキとマーク・アントワーヌ・ギャニオンを抑え、初の世界選手権のタイトルを獲得した。これは、世界選手権のデュアルモーグル種目史上、一国が表彰台を独占した初めてのケースである。モーグルでは、予選を1位で通過しファイナル2に進出したアンソニー・ベンナに次いで2位となり、金メダルを守ることはできなかった[22]。それでも2位という成績により、世界選手権での6大会連続表彰台獲得は継続されることになった。

キングズベリーは、ワールドカップ・モーグルスキーの男子優勝記録を打ち立てるために、約9カ月間、次の機会を待たなければならなかった。2015-16年シーズン開幕戦のフィンランドでのデュアルモーグルでは、決勝でフランスのベンジャミン・カヴェを20-15で破り、5シーズン連続でモーグルとフリースタイル総合のクリスタルグローブを獲得した。 2016-17年シーズンには、ディアバレーのシングルとデュアルモーグルを2度にわたって制した最初のスキーヤーとなった[1]。デュアルモーグルでは、対戦相手を合計スコア144-31で破り、男子ワールドカップ58回目の表彰台を獲得し、エドガー・グロスピロンを抜いて歴代最多となる一方、歴代優勝回数を37に伸ばした[23]。

2018年1月、キングスベリーは、ハンナ・カーニー(アメリカ)の47勝を抜き、ワールドカップ最多勝の新記録を樹立した。翌月、キングスベリーは86.63のスコアでピョンチャンオリンピック金メダルを獲得した[24]。 12月11日、キングスベリーはカナダの年間トップアスリートを称えるルーマーシュトロフィーを受賞し、記録達成のシーズンが報われた[25]。 これに続いて12月27日にThe Canadian Pressの男性年間アスリートのライオネルコナチャー賞も受賞し、いずれもフリースタイルスキヤー初の受賞であった[26]。

キングスベリーはワールドカップ開幕戦の練習中にT4とT5椎骨を骨折し、短縮された2020-2021年ワールドカップシーズンの最初の3大会を欠場した。最後の2大会で復帰し、いずれも優勝した。その後、カザフスタンで2日間で2つの世界タイトルを獲得した。

ミカエル・キングズベリーのツイッターやインスタグラム

ミカエル・キングズベリーのツイッター

ミカエル・キングズベリーのインスタグラム
@mikaelkingsbury
https://www.instagram.com/mikaelkingsbury/

ミカエル・キングズベリーのフェイスブック

ミカエル・キングズベリーの身長・体重は?

ミカエル・キングズベリー選手の身長体重は次のとおりです。

身長:174cm

体重:68Kg

ミカエル・キングズベリーの彼女は?

調査中
ミカエル・キングズベリー選手のプライベートについてネットメディアやSNSなど調べられる範囲では結婚していることを確認できるような情報は掴めませんでした。

タイトルとURLをコピーしました