小林樹斗の中学や読み方などwikiプロフ調査!進路は進学?ドラフト?

スポンサーリンク
未分類

小林樹斗投手は2020年の日本プロ野球(JPB)ドラフト会議で注目されている野球選手の一人。

これまでに数多くのプロ野球選手を輩出している野球の名門高校・智辯和歌山高校でエースピッチャで1番打者を担っている小林樹斗投手の出身中学などプロフィールを調査!

球種・球速といったプレースタイルの他、ドラフトに向けたスカウトの評価もまとめています。

スポンサーリンク

小林樹斗投手wikiプロフィール!読み方は?

名前 : 小林樹斗(こばやし たつと)
出身地 : 和歌山県美浜町
生年月日 : 2003年1月16日
小学校:美浜町立松原小学校
中学校:美浜町立松洋中学校
高校:智辯和歌山高校
チーム:松原少年野球クラブ(小学校)
身長 : 181cm
体重 : 78kg
投打:右投右打
ポジション:投手
50m走:6.4秒
遠投:110m

小林樹斗投手は小学校から軟式野球をはじめ、中学校では硬式野球チームには所属せずに学校の部活の軟式野球部に所属しています。

小林樹斗投手の出身中学やチームは?

小林樹斗投手は美浜町立松洋中学校に通い2番手投手だったようです。

軟式野球だったことから同じ智辯和歌山でキャプテンをしている細川凌平選手さんとは違い、
ジャイアンツカップに出場したり日本代表として世界大会に出場するといった経験はありません。

小林樹斗投手の成績は?

小林樹斗投手は1年生夏からベンチ入りすると和歌山県大会の準々決勝の日高高校戦でリリーフとして初登板。

9回を無失点(2奪三振)に抑えてチームの勝利に貢献するものの、続く準決勝の紀北工業高校戦ではアウトを取れずに2失点で途中降板。

それでも智辯和歌山は地方大会を制して甲子園出場を果たすものの、
甲子園では無念のベンチ外となってしまいました。

1年生秋はローテーションの一人に加わり、県大会準決勝の南部高校戦で1回を投げ無失点に抑えるなどチームの優勝に貢献。

近畿大会では1回戦の大阪偕星高校戦で1回を投げて無失点に抑え確実に結果を残す選手に成長すると、
センバツ甲子園では、2回戦の熊本西高校戦で1 2/3回を無失点を抑える力投を見せています。

2年春はエースナンバーの背番号18を託されて準決勝の明石商業高校戦では3回裏からリリーフ登板し8回まで無失点で抑える好投を見せています。

ただ最終回に来田涼斗外野手にサヨナラ本塁打を打たれるなど打者4人と対し1つのアウトをとっただけで3失点と試合には敗戦しています。

2年生夏の和歌山県大会では背番号1を担い準々決勝の神島高校戦に先発して7回無失点(8奪三振)、決勝の那賀高校戦も先発して5 2/3回を1失点に抑えて2年連続で甲子園出場を決定。

甲子園では1回戦の米子東高校(鳥取)戦で最終回のマウンドに立ち、強打者らを前に、
3球すべてストレートという配球で空振りの2者連続の3球三振、最後の一人も148キロのストレートで空振りの三振に打ち取り1回を無失点。

3回戦の星稜高校(石川)戦では先発で登板するも、4回途中1失点と先制点を許し途中降板となり延長戦の末に敗れています。

2年生秋は県大会で優勝を果たし近畿大会に出場すると1回戦の初芝立命館高校(大阪)戦に先発し3回3失点い、
準々決勝の智辯学園高校(奈良)でリリーフ登板するも追加点を許し、試合も敗れてやや調子を落としていた時期だったのかもしれません。

2年生秋の成績はチームは近畿大会ベスト8で、小林樹斗投手は7試合(22回1/3)に登板し被安打20/ 奪三振27/ 四死球4/ 自責点7/ 防御率2.82 / 奪三振率10.88 / 与四死球率1.61となっています。

甲子園通算(19春夏):4試合、0勝1敗、12 1/3投球回、防御率1.46、被安打率7.30、奪三振率7.30、四死球率2.92

地方大会通算(近畿:18秋19春秋、県大会:18夏秋):8試合、8 2/3投球回、防御率9.35、被安打率14.54、奪三振率8.31、四死球率7.23

20年アマ野球有力選手 智弁和歌山・小林樹斗【⑤スポニチ潜入】

小林樹斗投手の球種・球速は?

小林樹斗投手は年を宇ごとに着々と球速が伸びています。

2年春のセンバツですでに140キロ後半のキレ味の鋭いストレートを連発していましたが、
冬場は走り込みとウエートトレで下半身を強化。プロテインと牛乳を摂り、
背筋力は200キロを計測し、スクワットで170キロを持ち上げる下半身の強化に努め、
3年夏は150キロ、151キロ、152キロと着々と最速を更新。

体の近くで高い位置から縦に腕を振り下ろす伸び上がるようなストレートで
和歌山・代替大会の決勝戦では初芝橋本を相手に最終回に登板すると1イニングを三者三振に抑えています。

ちなみに2020年の高校ドラフトで注目投手の球速は下記のようになっています。

153km 山下舜平大 福岡大大濠 3年
153km 加藤翼 帝京可児 3年
153km 髙橋宏斗 中京大中京 3年
152km 松本隆之介 横浜 3年
152km 木下幹也 横浜 3年
152km 菊地竜雅 常総学院 3年

変化球は2種類のスライダー、チェンジアップ、フォーク、カーブ、スプリット、カットボールと多彩なボールを投げ分けることができるものの、
制球力に関してはまだ改善点が見られるようです。

和歌山県独自大会3回戦・市立和歌山には7-4で逆転勝利を飾るも、カーブがスッポ抜けてリズムを崩すと相手の4番打者にストレートの四球を与えて連打で1点を許します。

なお無死一、二塁のピンチが続きあわや再逆転という曲麺では味方守備陣の好プレーで難を逃れています。

小林樹斗(智弁和歌山)奪三振集 対和歌山東 2019春季大会準々決勝

小林樹斗投手の進路は進学?ドラフトのスカウト評価は?

巨人・武田チーフスカウト「ストレートの力がいい。トップレベル」
巨人・水野巡回投手コーチ「2人(中森、小林樹)とも素晴らしい」
巨人・岸スカウト「まだまだ出ると思う。上位の可能性もあるのでは」「プロ入り1年目の後半か、2年目から戦力になりそうな印象がある。まっすぐで空振りが取れるのが魅力。」
横浜・安倍スカウト「真っすぐも走っていたし、変化球も良い。腕の振り、体つきが良くなっている。(ドラフト)上位に推したい選手」
阪神・渡辺スカウト「真っすぐがいいね。おもしろい投手」「ボール自体は悪くなかったですし強さもありました」
阪神・和田豊球団テクニカルアドバイザー「いいものを見たわ。三振を取りにいって取り切る。あれだけ腕を振ってコントロールがつくのは素晴らしいのひと言。球質が良く、後ろ(クローザー)の資質もある。ドラフト上位の投手だと思う」
広島・鞘師スカウト「真っすぐにキレも力もある。強弱をつけて投げられている」
中日・山本スカウト「まっすぐ1本で試して、アウトコース低めに投げられる。これだけ投げられるのは何人もいない」
中日・中田宗男スカウト顧問「リリーフの方が向いているからと、今はリリーフで使っているそうだ。球質が重そうで、直球を投げるときと変化球を投げるときのフォームの見分けがつかない。ドラフト上位は間違いない。高校生としては早い段階で出てくる素材だ」
中日・中田宗男スカウト顧問「小林君は安定感がありますね。余力を残して投げているし全体を見渡して投げている。今日は馬なりでした」
ヤクルト・小川GM「2人(中森、小林樹)とも高校生投手として完成度が高い」
ソフトバンク・宮田善久スカウト「うちの投手陣と比較すると厳しい見方をしてしまいますが、緩急を使えるようになってきた。もっと空振りが取れる決め球を覚えれば、さらに良くなると思います。ドラフト上位24人の中に入ってくるでしょう」
西武・渡辺GM「高校生では非常にレベルが高い投手」
日本ハム・林孝哉スカウト「本塁ベース付近のボールが強い(球威がある)という特徴がある。この夏に向けて、状態がしっかり上がってきた。気持ちが入った投球で、中継ぎ、抑えタイプ。」
日本ハム・林孝哉スカウトと吉村浩GM「楽しみな素材。球が強く、変化球もいい。バッテリーで楽しみなのでGMにも見ていただいた」
オリックス・谷口スカウト「体重移動が素晴らしい。横から見たら日本ハム・金子のようだった」
オリックス・下山真二スカウト「相手が直球だと分かっていても、まっすぐで空振りが取れる。低めにも投げられる。ワクワクさせてくれる投手だ。」

智弁和歌山野球部2020のメンバー

名前ポジション出身地出身中学中学所属
1小林樹斗投手和歌山松洋中学軟式野球部
2石平創士捕手兵庫大成大阪福島シニア
3川上珠嵐内野手和歌山東和紀州ボーイズ
4綾原創太内野手和歌山貴志紀州ボーイズ
5平田晃将内野手大阪福泉南和泉ボーイズ
6大西拓磨内野手奈良白鳳奈良葛城ボーイズ
7小林白彪外野手和歌山由良和歌山日高ボーイズ
8細川凌平外野手京都嵯峨京都東山ボーイズ
9徳丸天晴外野手大阪蒲生大阪東ボーイズ
10大仲勝海控え和歌山西浜和歌山ボーイズ
11矢田真那斗控え和歌山太地和歌山南紀ボーイズ
12宇井治都控え和歌山緑丘和歌山南紀ボーイズ
13髙嶋奨哉控え和歌山岩出第二粉河シニア
14畑脩平控え大阪福泉南山直ボーイズ
15宮坂厚希控え和歌山太地和歌山南紀ボーイズ
16大林優平控え大阪昭和中百舌鳥ボーイズ
17角井翔一朗控え鳥取岸本鳥取中央シニア
18中西聖輝控え奈良光陽橿原磯城シニア
19池田泰騎控え大阪登美丘中学軟式野球部
20伊藤大稀控え和歌山笠田中学軟式野球部
タイトルとURLをコピーしました