工藤あき(医師)のwiki経歴を調査!工藤孝文とダイエット外来!

スポンサーリンク
未分類

工藤あき医師はダイエット・美肌・エイジングケアを得意とするお医者さんで日本でのインナーボタニカル研究の第一人者。

旦那の工藤孝文医師と共にテレビに出演することも増えている工藤あき医師の気になるプロフィールをまとめています。

スポンサーリンク

工藤あきのダイエット外来とは?

工藤あき医師は副院長を務めている病院「工藤内科」でダイエット外来(肥満外来)の診察を行っていまsう。

ダイエット外来(肥満外来)とは医学的に安全な減量に計画的に取り組むと同時に、
適正体重を維持させることを目的とした外来で、医師や管理栄養士の指導の下で適正体重を目指していきます。

ダイエット外来(肥満外来)で対象となるのは、

ダイエットで効果が出ない
過食気味で食事量を減らせない
ストレスでついつい食べ過ぎてしまう
一時的にやせるけれどリバウンドを繰り返す
出産後の体重をもとに戻したい
原因が思い当たらないのに、太ってきた
好きなものを食べても太りたくない
BMIが25以上あって生活習慣病を抱えている
何をやってもやせられない
ダイエットが続かない

といった悩みを抱えている人になります。

工藤あき医師は「太る原因は人それぞれ」だと断言しています。

ストレスによるドカ食いをしてしまう人もいれば、出産による甲状腺ホルモンや女性ホルモンなどのホルモンバランスの乱れが原因で体重増加してしまう人がいます。

ダイエットは単純に考えると摂取カロリーに対して消費カロリーを増やすことでやせることができるものの、
そもそもの出発点が異なっている点を考慮してアプローチ方法を変えなければいけません。

工藤あきのダイエット外来では食べ方のくせや心理状態が食行動にどう影響しているかまで詳しく分析。

その人が無理なく続けられて最大限に効果を生み出せるオーダーメイドのダイエット法を提案してくれます。

ダイエット・コレステロール外来について
年齢を重ねるとともに体重が落ちにくくなった、毎年の健康診断で体重が増えていっている、コレステロールが高いと言われている。
こういった方々のための外来です。「医学的根拠」に基づいた効果的かつ効率的なアドバイス、一人では続かない方のための専任医師によるマンツーマンサポート、健康的に減量できるようプログラムを進めていきます。健康相談のつもりでお気軽にご相談ください。

http://www.kudonaika.com/info/loss.html

工藤あきのツイッターやインスタグラム

工藤あき医師はツイッターやインスタグラムなどSNSアカウントは開設していないようです。

工藤あきの結婚した旦那(夫)は?子供はいる?

工藤あき医師の旦那さんは「痩せる出汁」でも有名な工藤孝文さんです。

テレビ番組「ホンマでっか!」や「主治医の見つかる診療所」などにも出演しているタレント医師で、
工藤あきさんは旦那の工藤孝文さんと共に普段は工藤内科に勤務をしています。

医者としての顔を持つ傍らで2児の母を持つワーキングマザーでもあります。

工藤あきwikiプロフィール

名前:工藤あき
最終学歴:久留米大学医学部
資格など:日本東洋医学会・漢方医
所属学会など:日本消化器病学会・日本消化器内視鏡学会・日本糖尿病学会・日本高血圧学会・日本抗加齢医学会・日本女性医学学会・日本内科学会認定医

腸活×菌活を活かしたダイエット・美肌・エイジングケア治療で
日本でのインナーボタニカル研究の第一人者

インナーボタニカルとは「植物由来で内面から美しく」なることを目指すもので、
果物やハーブ、花などの「ボタニカル」成分を摂取することで内側からキレイを目指す「インナービューティー」という新しい美容コンセプト。

「ボタニカル」とは英語で植物を意味する単語です。

工藤あきの経歴

工藤あき医師も旦那と工藤孝文と同じく『ホンマでっか!?TV』などのテレビ番組に出演をしています。

フジテレビ『ホンマでっか!?TV』
韓国ソウル放送(SBS TV)「日曜特選」
NHK「ひるまえほっと」

工藤あきの年収は?

工藤あき医師は普段は内科病院で副院長として診察に当たっています。

いわゆる開業医になりますが、夫婦二人で運営していることから年収は1000万円弱程度になるのかもしれません。

ただ、メディア出演も抱えていますから、工藤あき医師の年収は2000万円クラスだと推定されます。

工藤あきの本やテレビ出演歴

『体が整う水曜日の漢方』(著者 工藤孝文 工藤あき)を2020年7月24日に発売

「なんとなく不調」から、肌荒れやシミなど美容の面のお悩みまで、よくある59の症状別に解消、予防する食材と食べ方を紹介しています。
また、週1回だけ取り入れるゆるい漢方の始め方も紹介

【目次】
はじめに
第一章 体をいたわる週一養生
第二章 疲れ・不調のときの漢方
第三章 病気のときの漢方
第四章 体の不調・痛みのときの漢方
第五章 水曜日の養生

タイトルとURLをコピーしました