桑山哲也の前妻や年収をwiki調査!子供は?学歴・出身高校は?

スポンサーリンク
0未分類

桑山哲也さんは日本唯一のベルギー式配列・アコーディオン奏者で結婚した嫁は女優の藤田朋子さん。

病気で体重が増えたことも明らかにされた桑山哲也さんの気になるプロフィールをまとめています。

【桑山哲也】コム・デ・シネマ〜映画のように【アコーディオン】
スポンサーリンク

桑山哲也wikiプロフィール

名前:桑山哲也(くわやま てつや)

生年月日:1972年4月13日

年齢:49歳(2021年6月現在)

出身地:北海道札幌市

血液型:O型

職業:アコーディオン奏者

事務所:ホリプロ

家族構成:父は桑山真弓(作曲家、アコーディオニスト)、母は桑名朋子、4歳上の姉、3歳上の兄

桑山哲也さんは父親が「音楽教室」を経営していたことと姉の影響もあり6歳からアコーディオンを始めると、12歳で全日本アコーディオンジュニアコンテストで優勝。

ジュニアコンテスト優勝をきっかけにフランスの著名なアコーディオン奏者で、今まで弟子を断ってきたデデ・モンマルトル氏に呼び出され「キミに教えたいと思った」と指導してもらうチャンスに恵まれます。

桑山哲也の経歴

中学2年生から親元を離れ千葉でアコーディオンのレッスンを受けるようになり、中学3年生の時には再び全日本アコーディオンコンテストジュニア部門1位、さらに総合2位に輝くなど、10代からプロのアコーディオン奏者として活躍し始めます。

■桑山哲也の主な受賞歴・出演歴
第4回全日本アコーディオンコンテストジュニア第1位
第5回全日本アコーディオンコンテストジュニア2部・1位
第5回全日本アコーディオンコンテストジュニア総合・準優勝
フランス・シャルトル・アコーディオン・フェスティバルへ(日本人最年少出演)
シャンソンの祭典『パリ祭』のレギュラーサポートメンバー
オーチャードホール、スーパーアコーディオン・コンサート・ゲスト出演

桑山哲也のツイッターやインスタグラム

桑山哲也のツイッター
@KuwayamaT

桑山哲也のインスタグラム
@monmalutolu

桑山哲也のフェイスブック

桑山哲也の高校や大学など学歴は?

桑山哲也さんの通っていた中学や高校については学校名は明らかになっていないものの、
中学では千葉に音楽留学するまではサッカー部に所属していたそうです

ただ中学1年生から早くも当時の周囲の影響もあったのかヤンキー化して、茶髪のパンチパーマおまけにソリコミまで入れるビーバップハイスクールをほうふつとさせる風貌だったようです。

中学卒業後、札幌に戻って工業高校に進学しますが、高校は地元でも有名な不良の巣窟ということで、パンチパーマの暴走族に逆戻り。

ちなみに、札幌で工業高校というと、札幌工業高校や琴似工業高校などがあります。

高校時代には両親と不仲となりワンルームマンションでひとり暮らしをしたり、ケンカが原因で高校を2年で中退するなどあれた生活をしていたようです。

桑山哲也の身長・体重は?

桑山哲也さんの体重については具体的な数字は公表されていないものの身長は様々なメディアに出演する様子から165㎝前後とみられます。

桑山哲也の結婚した嫁は藤田朋子

桑山哲也さんは2005年4月に女優の藤田朋子さんと結婚しています。

当時の年齢は桑山哲也さんが33歳、藤田朋子さんが40歳という7歳の年上婚となりました。

■藤田朋子プロフィール
本名:桑山 朋子※旧姓 藤田
生年月日:1965年8月3日(55歳)
出身地:東京都 世田谷区
身長:158cm
血液型:A型
出身高校:玉川学園高校
最終学歴:玉川大学文学部外国語学科英語学専攻
職業:俳優・女優

藤田朋子さんは1987年の舞台『レ・ミゼラブル』で女優デビューすると、翌年の1988年放送ドラマ『ノンちゃんの夢』でテレビデビュー。

以降はトレンディドラマなど数多くの映画やドラマに出演するようになりますが、

1898年には『THE WOMAN IN ME』で歌手デビューも果たしており、その可愛い歌声にも定評があります。藤田朋子さんの代表作と言えるドラマ『渡る世間は鬼ばかり』は1990年から長期に渡ってストーリーの中心・岡倉大吉家族の五女・本間長子でレギュラー出演しています。

2014年にヘアヌード写真集「藤田朋子 遠野」をめぐって当時のワイドショーを大いに賑わせました。

2021年6月現在は結婚16年を迎えますが、藤田朋子さんと桑山哲也さんとの間には子供は生まれていません。

藤田朋子さんと桑山哲也さんの馴れ初めをさかのぼると、出会いは2000年ごろです。

趣味の音楽で自分のバンドを持ちボーカルを担当している藤田朋子さんは、仲間に誘われて桑山哲也さんのライブを聴きに行き、そこで面識を持ちますが、藤田朋子さんの桑山哲也さんの第一印象は、年下にもかかわらず「親戚の面白いおじさんみたい」だったとのこと。

ここから恋愛感情が生まれるとはちょっと考えにくい出会いですが、音楽を通じて交流がはじまりいつしか、グループで遊びに行く仲になります。

ある時には、ディズニーランドにグループで遊びに行く予定をしていたところ、結果的に2人きりで行くことになるなど、徐々に2人の距離は縮まっていき、藤田朋子さんは桑山哲也さんのことを恋愛対象として意識をするようになります。

大きな転機となったのは、桑山哲也さんがバーで深酒をしているときに藤田朋子さんとメールのやり取りをしていた時のこと。

お酒の勢いもあり、桑山哲也さんは「僕は藤田さんのこと好きですよ」とどストレートに気持ちを伝え、藤田朋子さんは自分の方が7歳も年上で日ごろから冗談ばかり言う桑山哲也さんの真意を最初は疑っていたものの、どうやら本心であることが判明。

それから交際に発展し、現在は結婚15年以上が経過しています。

桑山哲也の年収は?

桑山哲也さんの職業はアコーディン奏者ですが、日本に300人ほどいるとされるアコーディオン奏者は、イタリアのボタン式クロマチック・アコーディオンを使用しているとのこと。

桑山哲也さんは、唯一のベルギー式配列奏者で、他の演奏者とは一線を画す存在となっていることから、年収もその技術・演奏に反映しているとみられます。

いわゆる一流の演奏家になると1000万円を超える年収を得られるようになりますが、桑山哲也さんの場合、どこの交響楽団にも属さないフリーの音楽家です。

音楽教室で生徒を教えているわけでもなさそうなので、収入にはかなりの波があると思われますが、それでも1000万円近い年収になるんじゃないでしょうか。

実際に桑山哲也さんはランボルギーニを愛車としています。

4000万円はくだらない言わずと知れた高級車の代名詞で維持費も相当な金額なることから、2000万円近い年収があるかもしれませんね。

桑山哲也の病気って?

桑山哲也さんは、2014年に出演したテレビ番組『主治医が見つかる診療所』で人間ドックを受けて、放置するとヤバいと診断された病気が発覚しています。

腎臓結石に加えて、なんと動脈硬化そして、18mmもの大きさ脳動脈瘤が見つかります。

脳動脈瘤に関しては、放置すると、くも膜下出血を引き起こす可能性もある深刻な状態でした。

当時の桑山哲也さんは、40歳前後で、

500mlのコーラを毎日5本飲むなどの暴飲暴食
1日20本のタバコを吸う

という、お世辞にも健康的な生活とは言えないライフスタイルを過ごしていました。

身の危険を感じ、禁煙を決意するなど不摂生な生活を改める決意を固めた桑山哲也さんは、体重95キロから20キロ以上も落とし。夫婦で「こんな僕でもやせました」という本も出版。

2016年に再び『主治医が見つかる診療所』に出演したところ、禁煙はできていたものの今度は高血圧が判明。

昼食後の血圧は155-112、腰痛のためソファで寝るときの血圧は124-85、午前10時半に起床したときの血圧は167-119と、これ以上血圧が上がると危険な状態であると診断されていました。

タイトルとURLをコピーしました