もまれ牡蠣の通販お取り寄せは?楽天・amazon価格は?旅サラダ

スポンサーリンク
デフォルト 0未分類

「もまれ牡蠣」は三陸の海で3年間じっくりと育った宮城県・気仙沼の唐桑で育てられた牡蠣

テレビ番組「旅サラダ」でも紹介されたもまれ牡蠣の通販お取り寄せ情報をまとめています。

スポンサーリンク

もまれ牡蠣の通販お取り寄せは?

「もまれ牡蠣」が育てられている宮城県・気仙沼といえば餌となるプランクトンが豊富であることから牡蠣の養殖で全国的に有名ですね。

気仙沼産の牡蠣は一般的な養殖期間の1年半から2年ほどで出荷される牡蠣でさえ濃厚でクリーミーな味わいが特徴ですが、「もまれ牡蠣」は3年もの長い歳月をかけて育てられます。

通常の牡蠣の倍ほどの大きさになり食べごたえ抜群のもまれ牡蠣は年間を通じて安定した流通量となっているので、通販サイトでも取り扱いが充実しています。

もまれ牡蠣の楽天・amazon価格は?

殻のキワまで身がぎっしりで旨味がぎゅっと詰まったもまれ牡蠣はアマゾンでの取り扱いはなかったものの、楽天ではもまれ牡蠣が通は可能となっています。

楽天でもまれ牡蠣を通販するにはこちら

もまれ牡蠣の食べ方は?

■牡蠣の表面を洗います
汚れが気になる場合は軽くタワシで洗い、水気を切っておきます。

■貝殻の上下を確認します
貝柱の位置は上下2ヶ所です。深くくぼんでいるほうを下に、平らな方を上にします。

■貝殻の合わせ目にナイフを差し込みます
ナイフが入りづらい場合は先端を金づちで割り隙間を作ります。(金づちがない場合はキッチンばさみで殻先を数ヶ所切ります)

■上殻の貝柱を切り外します
ナイフを奥まで差し込みテコの原理で貝を開きます。
ナイフを上の殻に添わせて少しづつ動かし貝柱を切りはずします。

■上殻の貝柱を切ったらゆっくりと上の殻を外してください

■下殻の貝柱を切り、むき身を取り出し、流水で洗います
殻の細かな破片を取り除いてください。

もまれ牡蠣の味感想は?

タイトルとURLをコピーしました