My 600-lb Lifeのダイエットは危険?事故の口コミ・評判は?

スポンサーリンク
未分類

「My 600-lb Life」とは、日本語に訳すと「私の600ポンドの人生」といった意味。

アメリカで放送されている人気のダイエット番組で、主に体重600ポンド(272㎏)を超える人たちの過酷な減量の様子と共にビフォーアフターを記録したドキュメンタリーとなっています。

スポンサーリンク

My 600-lb Lifeとは?

My 600-lb Life(私の600ポンドの人生)は、2012年から放送されているアメリカの人気リアリティテレビシリーズ。

各エピソードでは、登場人物が少なくとも600ポンド(272㎏)の体重があることを計測してから始まるのが恒例で、
健康的なレベルに体重を減らすために彼らの試みをカメラが追い、1年もしくは数年かけて病的に肥満の生活を改善する様子が放送されています。

患者は、ヒューストンの外科医Younan Nowzaradan(通称:Dr. Now、ドクター・ナウ)の指導の下で、厳密な食事療法に従うことによって、自分自身で減量に挑戦し、
その後、患者の進捗状況に応じて、さらに減量を支援するためにリスクの高い胃バイパス手術やスリーブ胃切除術を提供することもあります。

My 600-lb Lifeとには死亡例も

My 600-lb Lifeでは残念ながら死亡例も報告されています。

ただMy 600-lb Lifeの番組で行われたダイエットや治療が原因で命を落としたわけではなく、My 600-lb Lifeに出演後、肥満に健康上の問題で人生を終えてしまった人たちがいます。

2012年にスタートして以来、悲しいことに合計6人が亡くなっています。

■コリーサ・マクミリアン
シーズン8のコリーサは2020年9月22日、ラオスのバトンルージュで41歳でこの世を去った。

検視の結果、コリーサは減量手術の合併症による自然死で、悲しいことに回復することはなかったとのこと。

シリーズでは、コリーサが胃スリーブ手術を受けるという彼女の目標を達成するために、トークセラピーと一緒にドクター・ナウの治療を受けていました。

「私はこれまで以上にうまくいっているように感じています 」と彼女は自分の出演回の最後を締めくくっていました。

■ジェームスキング
49歳のジェームズ・キングは2017年のシーズン5でTLCのヒットシリーズに初出演し、その後も数年にわたってフォローアップ出演を重ねていました。

2020年4月3日にテネシー州ナッシュビルで死去したものの、死因は明らかにされていない。

6人の子供を持つ父親でもあり19人の孫を持つ祖父でもあったジェームズ・キングの体重は「My 600-lb Life」の出演当時791ポンド(約360kg)。

2018年に撮影されたフォローアップエピソードでは、体重は840ポンド(約381㎏)まで増えていました。

■ケリー・メイソン
ケリー・メイソンは「My 600-lb Life」の2019年のエピソードに登場。

彼女が最初にドクター・ナウのオフィスに到着したとき、ケリーは724ポンド(約328㎏)の体重がありましたが、数ヶ月の間に劇的に体重を落とすことに成功しました。

そんなケリーは42歳の誕生日まであと1日に迫っていたある日、悲しいことに、心臓発作のために睡眠中に亡くなりました。。

■ショーン・ミリケン

ショーン・ミリケンは「My 600-lb Life」常連の一人でしたが29歳という早すぎる死を迎えています。

番組出演時には体重900ポンド(約410㎏)を超えていたものの、減量手術とドクター・ナウの指導で400ポンド以上(約181㎏以上)の減量に成功しました。

しかし数年後、ショーンは感染症に関連した一連の合併症で命を落としています。

■リサ・フレミング
リサ・フレミングは「My 600-lb Life」シーズン6に出演しましたが、シーズン終了後に亡くなっています。

出演当時、700ポンド以上(約320kg以上)もある寝たきりの状態で、家から出すのに7人の救急隊員が必要なほどでしたが、
ドクター・ナウの減量手術のおかげで200ポンド(約90㎏)の減量に成功したものの、病気に倒れ、そのまま回復することができなかった。

■ジェームズ・ボナー

ジェームズ・ボナーはリサ・フレミングが亡くなるわずか1週間前に人生を終えました。

2人はシーズン6の共演者で、当初の体重650ポンド(約295gk)の半分以上を減量することに成功していました。

しかしジェームズ・ボナーはその後、はうつ病に苦しみ「自分の悪魔と正面から向き合う時が来た」と自殺してします。

■ロバート・ブッシェル
シーズン6のロバートは、悲しいことに「My 600-LB LIFE」の撮影中に他界した最初の出演者となりました。

ニュージャージー出身のロバートは840ポンド(約381㎏)の体重になった時にドクター・ナウの助けを求め、肥満外科医の助けを借りて340ポンド(約154㎏)の減量に成功しました。

しかし、ロバートは鎮痛剤中毒も患っており、番組撮影中に致命的な心臓発作に見舞われ、
彼が亡くなってから4か月後にエピソード(シーズン6、エピソード8)が放送されています。

■ヘンリーフット
体重750ポンド(約340㎏)で登場したヘンリーは「高校の同窓会に出たい」という目的で体重を落とそうと「My 600-lb Life」に出演。

ドクター・ナウのおかげで、ヘンリーは体重の半分以上を失い、最終的には275ポンド(約124㎏)になりました。

悲しいことに、彼のエピソードが放送された一年後に亡くなりました。

タイトルとURLをコピーしました