ナイジャヒューストンの戦績

スポンサーリンク
0未分類

ナイジャヒューストン(Nyjah Imani Huston)は「ハンドレールマスター」の異名を持つスケートボード選手で、レールの上をライディングする安定感は他の追随を許さないものがあります。

2021年の東京オリンピックでもやはりアメリカ代表で金メダルの最有力候補・ナイジャ・ヒューストンさんの気になるプロフィールをまとめています。

スポンサーリンク

ナイジャ・ヒューストンの戦績

ナイジャ・ヒューストンは世界最高峰のコンテスト『STREET LEAGUE』で20回以上の優勝を飾っており、2010年、2012年、2014年、2017年、2019年は総合チャンピオンというスケボーではゆるぎない絶対王者として君臨しています。

■2004年(9歳)
Volcom Damn Am:4th(ストリート)
Volcom Damn Am:ベストトリックスモールレール(ストリート)
ヴォルコムダムアム:ベストトリックビッグレール(ストリート)

■2005年(10歳)
タンパアム:1位(ストリート)
KR3。 2005年AM AM(ストリート):1位
西49カナディアンオープン(ストリート):4位
グローバルアサルト2005(ストリート):2位

■2006年(11歳)
デューアクションスポーツツアーライトガードオープン、デンバー(パーク):2位
デューアクションスポーツツアーパナソニックオープン(パーク):2位
デューツアー、総合順位:4位(パーク)
デューアクションスポーツツアーバンズインビテーショナル、ポートランド(ストリート):4位
X-Games 12ストリートファイナル:8位
グローバルアサルト:2位(ストリート)
バンズダウンタウンショーダウン:2位(ベストトリック-階段)

■2007(12歳)
eS Game of SKATE Pro:2位
etniesグーフィー対レギュラー(グーフィーチーム):2位

■2008年(13歳)
マルーフマネーカップ(ストリート):2位
2009
Maloof Money Cup Pro(ストリート):3位
XゲームXV :2位(ストリート)
ワールドカップスケートボード、年末ランキング(ストリート):4位

■2010(14歳)
タンパプロ:2位
Maloof Money Cup 2010 OC:2回目(ストリート)
Street League Skateboarding 1st Series、1位Stop(Glendale、Arizona):1位(ストリート)
ストリートリーグスケートボーディング第1シリーズ全体:第1(ストリート)
XゲームXVI :2位(ストリート)

■2011(15歳)
タンパプロ:2位
ストリートリーグスケートボーディング第2シリーズ、第1ストップ(シアトル、ワシントン州):第1位
Street League Skateboarding 2nd Series、2nd Stop(カンザスシティ、ミズーリ州):1位
Street League Skateboarding 2nd Series、3rd Stop(グレンデール、アリゾナ州):1位
Street League Skateboarding 2nd Series、4th Stop(ニューアーク、ニュージャージー州):2位
ストリートリーグスケートボーディング2シリーズ総合:2位
XゲームXVII :1位((ストリート)

■2012(16歳)
ストリートリーグスケートボーディング3シリーズ、1位(ミズーリ州カンザスシティ):1位
ストリートリーグスケートボーディング3シリーズ、セカンドストップ(カリフォルニア州オンタリオ州):1位
ストリートリーグスケートボーディング3rdシリーズ、3rd Stop(アリゾナ州グレンデール):4位
ストリートリーグスケートボーディング3シリーズ、4位(ニュージャージー):1位
ストリートリーグスケートボーディング3シリーズ全体:1位

■2013(17歳)
タンパプロ(フロリダ州タンパ):2位[24]
タンパプロ(フロリダ州タンパ):ベストトリック-1位
X Games XIX (Foz doIguacu):1位(ストリート)
X Games XIX (バルセロナ):1位(ストリート)
ストリートリーグスケートボーディング(カンザスシティ):1位
XゲームXIX (ロサンゼルス):1位(ストリート)
キンバリーダイヤモンドカップ ( 南アフリカ ):1位(ストリート)

■2014(18歳)
タンパプロ(フロリダ州タンパ):1位
ストリートリーグスケートボードプロオープン(ロサンゼルス):1位
Xゲームオースティン2014 モンスターエナジーメンズスケートボードストリート:1位
ストリートリーグスケートボーディング(シカゴ):1位
ストリートリーグスケートボーディング(ロサンゼルス):1位
ストリートリーグスケートボーディングスーパークラウン世界選手権(ニュージャージー):1位

■2015(19歳)
タンパプロ(フロリダ州タンパ):2位
ストリートリーグプロオープン(バルセロナ):1位
X Gamesスケートボードストリート(オースティン):ゴールド
ストリートリーグスケートボーディング(ロサンゼルス):2位
ストリートリーグスケートボーディング(ニュージャージー):2位
ストリートリーグスケートボーディングスーパークラウン世界選手権(シカゴ):2位
キンバリーダイヤモンドカップ ( 南アフリカ ):1位(ストリート)

■2016年(20歳)
タンパプロ2016:4位
X Gamesスケートボードストリート(オスロ):1位
レッドブルハートラインズコンテスト(デトロイト):1位
ストリートリーグプロオープン(バルセロナ):2位
Xゲームオースティン2016モンスターエナジーメンズスケートボードストリート:2位
ストリートリーグスケートボーディング(ミュンヘン):3位
ストリートリーグスケートボーディング(ニューアーク):1位

■2017年
タンパプロ2017:5位
レッドブルハートラインズコンテスト(デトロイト):1位
ストリートリーグプロオープン(バルセロナ):1位
デューツアー(カリフォルニア):2位
ストリートリーグスケートボーディング(ミュンヘン):1位
ストリートリーグスケートボーディングスーパークラウン世界選手権(ロサンゼルス):1位
Xゲーム(ミネアポリス):3位

■2018年
X Gamesメンズスケートボードストリート(ミネアポリス)2018:1位
X Gamesメンズスケートボードストリート(シドニー)2018:1位
ストリートリーグスケートボーディングスーパークラウン世界選手権(リオデジャネイロ):1位

■2019年
Xゲームスケートボードストリート(上海):1位
デューツアー(カリフォルニア):7位
ストリートリーグスケートボーディング(ロサンゼルス):8位
X Gamesスケートボードストリート(ミネアポリス):2位
X Gamesスケートボードストリートベストトリック(ミネアポリス):1位
ストリートリーグスケートボードスーパークラウン世界選手権(サンパウロ):1位
Street League Skateboarding (London): 1st

■2021
Dew Tour Des Moines, Iowa – Olympic Qualifiers – 1st Place Men’s Street –

タイトルとURLをコピーしました