PayPayボーナス運用は99円も手数料は有料化?回数制限・ペナルティは?

スポンサーリンク
デフォルト 0未分類

PayPayボーナス運用が2022年3月24日(木) から一部で手数料が有料化されることが発表されました。

PayPayボーナス運用に資金を追加する際に1.0%の手数料が差し引かれるということですが99円も手数料は有料化?

スポンサーリンク

PayPayボーナス運用は99円も手数料は有料化?回数制限・ペナルティは?

PayPayボーナス運用の手数料は有料化は次のようになっています。

■交換(追加)するPayPayボーナスが100円未満の場合
現在と変わらず、選んだコースの参照資産の価格を基に、PayPayボーナスがそのまま運用ポイントに交換(追加)されます。

■交換(追加)するPayPayボーナスが100円以上の場合
お客様が選んだコースの参照資産の価格に1.0%のスプレッドを考慮し、PayPayボーナスが運用ポイントに交換(追加)されます。

「ボーナス運用」の一部有料化について - PayPayからのお知らせ
 キャッシュレス決済サービス「PayPay」内のミニアプリで提供する投資の疑似運用体験ができるサービス「ボーナス運用」の利用規約を、2022年3月24

○100円以上の追加をすると1%分の手数料(スプレッド)が課される

○100円未満の追加の場合は手数料無料

○引き出し(売却)時は手数料不要

といったルールに変更されました。

もしチャージ金額を1000円入れようとしたら10円取られることになりますが、99円で10回入れたら手数料かからないということになります。

99円追加を複数回行い1日(あるいは一定期間中)に累計で100円以上追加した場合も手数料かかりません

ただし、50回目で追加できなくなったという報告があり、そのうち99円でチャージできる回数に上限が設けられるなど、対策される可能性はあります。

タイトルとURLをコピーしました