佐々木麟太郎の父・身長をwiki調査!進路は?

スポンサーリンク
デフォルト 0未分類

佐々木麟太郎さんは花巻東高校で1年生からベンチ入り・スタメン起用されているドラフト注目選手。

花巻東高校の監督を父親にもつ佐々木麟太郎さんの気になるプロフィールをまとめています。

スポンサーリンク

佐々木麟太郎の父親は?

佐々木麟太郎さん父親は花巻東高校で20年以上も監督をしている佐々木洋さんです。

言わずと知れた、エンゼルスの大谷翔平、マリナーズの菊池雄星らを育て上げた名将で、「目標設定シート」という独自の指導方法がメディアでも注目されました。

佐々木麟太郎さんもおそらくは子供の頃から父親について行って、大谷翔平や菊池雄星を間近で見てきたんじゃないでしょうか。

将来の大きな目標を真ん中に置き、そのために何をすべきかを細かくチャートにして書きこんでいくというもので、佐々木麟太郎さんももちろん、父の指導の下で目標設定シートを書いていると思われます。

ちなみに菊池雄星は、

「実戦で使えるピッチャー」

「MAX155キロ」

「甲子園で優勝」

こんな言葉が記されています。

■佐々木麟太郎の父親プロフィール

生年月日:1975年7月27日

年齢:46歳

出身:岩手県北上市

出身高校:岩手県立黒沢尻北高校

出身大学:国士舘大学

現役時代は捕手として活躍しますが、甲子園出場経験はありません。

大学卒業後は教育実習をしていた横浜隼人高校の教諭に採用され、野球部コーチを務めると2000年に社会会科教諭として就花巻東高校に赴任。

バドミントン部や女子ソフトボール部の顧問を務める。2002年に野球部の監督に就任。

寄宿舎の舎監長として寮生の生活全般を統括。

監督4年目
全国高校野球選手権大会2005年(2回戦)
監督6年目
全国高校野球選手権大会2007年(1回戦)
監督8年目
選抜高等学校野球大会2009年(準優勝)
全国高校野球選手権大会2009年(ベスト4)
監督10年目
全国高校野球選手権大会2011年(1回戦)
監督11年目
選抜高等学校野球大会2012年(1回戦)
監督12年目
全国高校野球選手権大会2013年(ベスト4)
監督14年目
全国高校野球選手権大会2015年(3回戦)
監督17年目
選抜高等学校野球大会2018年(ベスト8)
全国高校野球選手権大会2018年(1回戦)
監督18年目
全国高校野球選手権大会2019年(1回戦)

佐々木麟太郎の身長・体重は?

佐々木麟太郎さんの身長体重は、高校1年生の時点ですでに出来上がっている言える大柄な体格をしています。

身長:183.0cm

体重:118.0kg

ちなみに、すしを50貫以上食べる大食漢で、中学時代は1度の食事で白米丼3杯とラーメン3人前を食べたり、5合の炊飯器を1人で空にしたこともある

タイトルとURLをコピーしました