赤兎馬カンフーの元ネタは?パリピ孔明

スポンサーリンク
デフォルト 0未分類

赤兎馬カンフーは漫画「パリピ孔明」に登場するキャラクターの一人。

ストリート出身の若きカリスマラッパーという設定ですが、赤兎馬カンフーの元ネタは?

スポンサーリンク

赤兎馬カンフーの元ネタは?パリピ孔明

『パリピ孔明』のラップバトルはすごかった “本物”だった置鮎龍太郎、千葉翔也、木村昴

2015年から2020年にかけて放送された『フリースタイルダンジョン』(テレビ朝日系)の影響なのか、フリースタイルラップに寛容な雰囲気が世に醸成されたように感じる。実際、現実世界だけでなく、アニメの世界でも登場人物がフリースタイルラップを披露するシーンも珍しくない。今回はバイブスがブチ上がったアニメ『パリピ孔明』、『ゾンビランドサガ』でのフリースタイルラップを振り返りたい。

 『パリピ孔明』のフリースタイルラップは圧巻だった。第5話では、MCバトル選手権DRM3年連続優勝を果たすも、周囲からの期待やヘイトに押しつぶされ、ラップとは距離を置く生活を送る天才ラッパー・KABE太人(CV:千葉翔也)が登場。

 そんなKABE太人に不満を持つカリスマラッパー・赤兎馬カンフー(CV:木村昴)は、街中でKABE太人を見つけるなり、フリースタイルラップを仕掛ける。
https://news.yahoo.co.jp/articles/05eeaff2ec5f93c031715405ec4622ae3c3a2119

■赤兎馬カンフー(CV:木村昴)
KABE太人が現れるまでMCバトルで無敗を誇ったストリート出身の若きカリスマラッパー。KABEの憧れだった人物でもあり、赤兎馬カンフー自身も自分に土を付けたKABEが燻っている事に不満を持ち、再びMCバトルで対戦する事を熱望している。ワルなので口も早いが手も早い。

赤兎馬カンフーは、日本のラップバトルシーンを解説した動画から、呂布カルマではないかと見られています。

赤兎馬カンフー(パリピ孔明)にネットの反応は?

タイトルとURLをコピーしました