SixTONES・SnowMan(スノスト)紅白2019出演時間・順番は?歌う曲( ジャニーズJr)は?

SixTONES(シックストンズ,シクスト)とSnow Man(スノーマン)のスノスト紅白歌合戦出場が2019年の最後の目玉と言えるかもしれませんね。

まだメジャーデビュー前だというのに、ドームツアーを超満員にしたり、
ananなどの表紙を飾ってたちまち重版という一大旋風を巻き起こしているSixTONES・Snow Manが、
ジャニーズJrを引き連れて紅白歌合戦2019でメドレーを披露することが発表されました。

SixTONES・SnowMan(スノスト)紅白歌合戦2019出演時間・出演順番は?

ジャニーズの中にはメジャーデビューを果たしていて数万人規模のライブコンサートツアーを開催しているにもかかわらず、
いまだに紅白歌合戦出場していないグループもあります。

  • NEWS
  • KAT-TUN
  • Kis-My-Ft2
  • ジャニーズWEST
  • A.B.C.-Z

こうした先輩を差し置いて、SixTONES(シックストンズ,シクスト)とSnow Man(スノーマン)のスノストが紅白歌合戦出場が決まったのは、
レギュラー出演者ではなくて企画出演ではあるものの、SixTONES・SnowManの紅白出場は、
ジャニーズの歴史でも紅白歌合戦の歴史でも異例中の異例と言えるのではないでしょうか。

そして気になるのは、SixTONES・SnowManの出演時間や出演する順番になってくるわけですが、12月27日の公式発表によると、全体では6番目の後、白組の純烈による「純烈のハッピーバースデー」の後に行われることが判明しました。

事前の予想通り、曲順から想定される出演時間は、

20時前後(19:50~20:10)

となりそうです。

以下、予想ないようになります。
現時点では公式発表はないものの、過去の紅白で行われたジャニーズ参加企画が参考になりそうです。

紅白ではスペシャルゲストによる企画やサプライズゲストによるライブも行われるのも恒例となっていて、
過去にジャニーズグループが参加したものもありますが、いずれも紅白歌合戦前半に集中しています。

SixTONES・SnowManの出演する時間は少なくとも【19時15分~20時55分】の間となることはほぼ確実で
さらに近年の企画放送時間を考えると、

20時前後(19:50~20:10)

となることが予想されます。

■2018年(第69回)企画「夢のキッズショー~平成、その先へ~」
5番目:King & Prince、Sexy Zone、キッズショー出演者全員「WAになっておどろう」

■2015年(第66回)企画コーナー アニメ紅白
7番目(最後):V6・紅白出場歌手「鉄腕アトム」

■2014年(第65回)企画コーナー嵐meets妖怪ウォッチ
「ようかい体操第一」(Dream5)
「A・RA・SHI」~「ゲラゲラポーのうた」(キング・クリームソーダ)

参考:歴代のジャニーズ紅白出演順番

2018年(第69回)
48番目:嵐
27番目:関ジャニ∞
25番目:Sexy Zone
14番目:King & Prince
7番目:Hey! Say! JUMP

■2017年(第68回)
41番目:嵐
28番目:TOKIO
24番目:関ジャニ∞
10番目:Sexy Zone
1番目:Hey! Say! JUMP

■2016年(第67回)
38番目:TOKIO
46番目:嵐
33番目:KinKi Kids
19番目:V6
9番目:Sexy Zone
1番目:関ジャニ∞

■2015年(第66回)
48番目:SMAP
41番目:V6
32番目:嵐
30番目:TOKIO
23番目:関ジャニ∞
3番目:Sexy Zone

■2014年(第65回)
48番目:嵐
38番目:SMAP
36番目:TOKIO
30番目:関ジャニ∞
23番目:V6
2番目:Sexy Zone

■2013年(第64回)
48番目:SMAP
45番目:嵐
33番目:関ジャニ∞
30番目:TOKIO
1番目:Sexy Zone

SixTONES・SnowMan(スノスト)紅白歌合戦2019歌う曲は?

SixTONES(シックストンズ,シクスト)とSnow Man(スノーマン)のスノストが歌う曲はすでに発表されていますね。

LET’S GO TO EARTH(LGTE)
Let’s Go to Tokyo(LGTT)

の2曲を披露することが発表されていますが、
紅白歌合戦と言えば何かとサプライズ演出が行われているので、
別の曲のパフォーマンスも期待できるかもしれません。

ちなみに、「LET’S GO TO EARTH(LGTE)」や「Let’s Go to Tokyo(LGTT)」は、
舞台「JOHNNYS’ World -ジャニーズ・ワールド-」などで披露されることで有名な曲ですね。

Let's Go To Earth / SixTONES、SnowMan
JOHNNYS’ ALL STARS ISLAND

SixTONES・SnowMan出演の紅白歌合戦(2019)再放送や見逃し動画配信は?

例年「NHK紅白歌合戦」は地上波・BSともに再放送されることはありません。

再放送があったとしても過去の名場面を編集して作成されたものなので、
SixTONES・SnowManのパフォーマンスが再放送されたとしても、
最初から最後まで余すところなく見れるかどうかは極めて怪しいものがあります。

テレビでの再放送はあまり期待できないので見逃した紅白歌合戦を視聴するには
unextやhuluといった動画配信サービスを利用するのをおすすめしますが、
NHKの動画配信サービス「NHKオンデマンド」でも紅白歌合戦を放送されることが予想されます。

月額990円でNHKオンデマンドに入会して松任谷由実(ユーミン)出演の紅白歌合戦を視聴しても良いと思いますが、
オススメなのはNHKオンデマンドのコンテンツも取り扱っているunextを利用することです。

通常バナー

31日間無料
1200円分のポイント
月額1,990円

と、月額料金金額だけ見るとU-NEXTの方がNHKオンデマンドよりも高いものの、
U-NEXTは無料期間内に解約をすれば月額料金が発生することなく文字通り無料でどうがコンテンツを楽しめます。

継続利用するとしても毎月1200円分のポイントがもらえるので実質的な月額は790円となり、NHKオンデマンドよりも安くなります。

海外ドラマ、洋画、アニメなどなど、UNEXTでは幅広ジャンルの動画コンテンツが用意されていて、
配信作品数が2019年11月の段階ですでに16万本突破を突破し、
1年で2万本を超えるペースでラインナップが増えています。

動画配信サイトにはhuluやnetflixなどもありますが、
動画のボリュームに関しては、unextがダントツの1位なので、
単純計算で動画1本あたりの視聴料もそれだけ安くなりますね。

それにNHKの受信料と比べてもUNEXTの月額料金の方が安くなり、
そもそもテレビでNHK放送番組を見る必要すらなくなり、
逆に毎月の余計な出費を減らすことができてしまいます。

それでいて、unextには、

初回31日間の無料体験ができる
約70種類の雑誌も読み放題
ブルーレイディスクに相当する高画質(1080p)
ポイントは映画館の引き換えチケットにも交換できる
デバイス3~4台で違う動画を同時再生可能

といったメリットがあります。

u-nextはいつ申し込んでも、契約日から1ヶ月ごとに月額料金が発生するので、
月末に申し込みをしても無料期間が短くなることはなく1ヶ月分(30日分)きっちり無料期間を楽しめるし、
無料期間中からでも600ポイントをもらって最新の映画や好きなドラマを楽しむことができます。

雑誌もファッション誌からスポーツ紙、週刊誌など幅広いジャンルで無料ですから、
月に2冊くらい雑誌を購入しているのであれば、UNEXTに切り替えるだけで十分に元がとれます。

もちろん動画はダウンロード可能なので、通勤、通学中や車で移動している間も、
通信量のことを気にせず好きなドラマや映画を楽しむことができますよ。

通常バナー

SixTONES・SnowMan(スノスト)紅白出場に関するツイッターの反応

タイトルとURLをコピーしました