紅白2019観覧応募はがき書き方・当選倍率は?紅白歌合戦観覧申込み受け付けはいつ?

スポンサーリンク

視聴率が年々低下していて打ち切りの声をささやかれてはいるものの、
それでも紅白歌合戦では高視聴率を出し続けるお化け番組であることは変わりありません。

多くの家庭で12月31日は紅白歌合戦にチャンネルを合わせることが多いと思われますが、
そんな紅白歌合戦2019の観覧募集も例年と同じような感じで行われるとみられます。

スポンサーリンク

紅白歌合戦2019観覧応募の募集時期はいつからいつまで?

紅白歌合戦の観覧募集はいつからいつまで実施されるのかというと、
例年10月上旬から募集開始がNHKから告知され、
10月下旬に募集が締めきられています。

直近の例を挙げると、

  • 2018年10月5日(金)~10月22日(月)
  • 2017年10月7日~10月24日

となっていますが、注意をしなければいけないのは、
最終日に「必着」であること。

たとえば2018年の場合、最終日の10月22日に
普通にポストにハガキを投函しても
紅白歌合戦2018観覧応募には間に合いません。

10月22日にはNHKにハガキが届いていなければいけないので、
締切ギリギリの場合には郵便局の方に到着日を確認をして、
間に合いそうになければ速達で配達してもらう必要があります。

紅白歌合戦2019観覧応募方法ははがき?インターネットは?

紅白歌合戦2019観覧に応募したいのであれば、応募方法は
はがきでの応募のみとなっています。

インターネットなどその他の手段での応募は例年には見られないので、
紅白歌合戦2019観覧応募も従来のやり方を踏襲すると思われます。

またハガキの応募でも使用するハガキは「郵便往復はがき」
が必須となっているので通常の官製はがきや私製ハガキを使わないように気を付けましょう。

紅白歌合戦2019観覧にあたって入場料(チケット代)は無料ではあるものの、
応募ができる人には下記のような条件があります。

  • NHKの受信料を支払っている人
  • NHKの受信料を免除されている人

「受信料免除」となるのは、生活保護や奨学金を受けている人
障害手帳を持っている人などが対象者となります。

紅白歌合戦観覧者と応募者は同一人物である必要があり、
当日(12月31日)の紅白歌合戦会場では本人確認も行われます。

紅白歌合戦2019観覧応募ハガキの書き方(宛先,電話番号,NHK受信料お客様番号)は?

紅白歌合戦2019観覧応募に使用するハガキは、
そのまま当選結果を知らせるハガキとして使用されるため、
往復はがきを使うことが条件となっています。

往復はがきの「往信用」には、

■表面
宛先:〒119-0362 NHK紅白歌合戦 公開係

■裏面

応募する本人(観覧者)の

  • 郵便番号
  • 住所
  • 名前
  • 年齢
  • 電話番号

応募する本人の氏名・電話番号は必ずNHK受信登録をしている
受信契約者名・電話番号を記入するようにしてください。

往復はがきの「返信用」には、

■表面

応募する本人(観覧者)の

  • 郵便番号
  • 住所
  • 名前

往復はがきの返信用はがきが自宅に郵送されるように
住所・氏名を記入します。

■裏面

何も書きません。

紅白歌合戦観覧応募抽選の当落結果が印刷されて返信されてきます。

当選確率を上げようとシールの貼り付けたり、
メッセージを書き込まないように気を付けましょう。

紅白歌合戦2019観覧応募ハガキ書き方の注意点

下記のような点に注意をしないと紅白歌合戦2019観覧応募ハガキが無効となったり、
当選をしても失格になってしまう可能性があるので注意をしましょう。

  • 郵便往復ハガキ以外を使用している
  • 応募者の氏名・電話番号がNHKに受信者登録したの氏名・電話番号ではない
  • その他、記入に不備がある
  • 郵送以外の手段で送付した(宅急便やNHKに直接持ち込み)
  • 締切日の翌日以降にハガキが届いた
  • 「住信用裏面」と「返信用表面」の郵便番号、住所、名前が異なる
  • 紙・シール等の貼り付け・修正液を使用した形跡がある
  • NHK受信登録している1世帯(1家族)につき応募は1つのみ

紅白歌合戦2019観覧応募の当選結果・当選倍率は?

紅白歌合戦2019観覧応募で見事に当選した場合、例年、12月上旬から中旬にかけて、
応募ハガキに記入をした申込住所宛に郵便はがきで当選結果が通知されます。

他の歌番組と違って落選しても通知がされ、
2018年だと12月初めから12月10日過ぎまでに
当落結果が通知されたようです。

当選者には入場整理券(1枚で2人入場可)が別途郵送されます。

気になる当選倍はというと、700倍~800倍といった感じになりそうです。

過去には当選倍率が1000倍近くになったこともあるようですが、

  • 2016年 応募991,306通、当選枚数1,342枚 当選倍率738倍
  • 2017年 応募932,319通、当選枚数1,223枚 当選倍率761倍

という風に数字が発表されています。

※NHKホールの客席数は3,601席

紅白歌合戦は一般的な歌番組に比べると当選倍率は極めて高い傾向がありますね。汗

タイトルとURLをコピーしました