太陽フレアで飛行機に影響は?電子機器が壊れる?

スポンサーリンク
デフォルト 0未分類

太陽フレアの影響で飛行機に何らかのトラブルを招く危険はないんでしょうか?

太陽フレアが活発に活動しているタイミングで飛行機が飛ばない・欠航することはあるんでしょうか?

スポンサーリンク

太陽フレアで飛行機に影響は?電子機器が壊れる?

太陽フレアは、電子機器の障害があるので飛行機は欠航になる可能性はゼロであはりません。

現在はGPSの情報を使用した航法が主流で、この航法を使用する際は、RAIM予測と言う、GPSの正確性を予測する事になっています。

太陽フレアの影響のある場合は、その航法は使用出来ない規定になっています。(普段よりRAIM予測は行っています。)

GPSの仕組みとRAIM機能(FDEも)について
今回はGPSの仕組みと複雑なRAIM機能とFDEについて解説していきます。

その場合は、GPSを使用しない航法を使用して飛行する規定になっており、飛行出来ない事はありませんので、予想以上に大規模な影響がない限り、飛行機が欠航することはなさそうです。

しかし、地上のシステムやその他運航に重要な電子機器に太陽フレアの影響が及ぶとこの限りではないと思います。

磁気嵐によって電波通信が通じなくなって航空機との通信が出来なくなったり、航行システムに影響が出るというリスクはゼロでありません。

過去にもそういう事例はありましたが、それでも飛行機が墜落するほどの事故にはなっていません。

太陽に巨大黒点が出現、航空機や衛星に支障―過去24年で最大
 天文物理学者たちは現在、過去24年間で最も巨大な太陽黒点群を注視している。

そもそも、飛行機が墜落するレベルの電磁波が発生するなら人間はもちろん地上のあらゆるものに多大な影響が発生します。

大丈夫だと航空会社が判断すれば飛ぶだろうし、ダメなら欠航になるだけです。

結局は航空会社の判断に任せるしかありません。

ちなみに、飛行機が雷の影響を全く受けないと言われますが、電気は導体の表面を流れる性質があるからです。

このため、飛行機に落ちた雷は飛行機の表面を流れ抜けていくので、飛行機に雷が落ちても機内には何の影響もありません。

しかし、飛行機に雷が落ちた場合にまったく危険がないわけではありません。雷のエネルギーはとても大きいため機体の損傷につながる場合もあります。

飛行中の飛行機がレーダーで積乱雲を見つけると避けて飛ぶのは気流が悪いという問題と落雷を避けるためです

タイトルとURLをコピーしました