イカゲームコインがチャート急落で60億の時価総額が蒸発!詐欺か?

スポンサーリンク
デフォルト 0未分類

イカゲームコインとは、韓国ドラマ「イカゲーム」にインスパイアされて作られたとされる暗号通貨。

10月20日に発行されたイカゲームコイン(Squid Gameトークン)は一時は1日で2400%、数日間で4万5000%も上昇していました。

スポンサーリンク

イカゲームコインがチャート急落で60億の時価総額が蒸発!詐欺か?

「9セントのコインが3日間で130倍暴騰…」 「怪しい」イカゲームのコイン?

ネットフリックスオリジナルの「イカゲーム」が世界中で人気を博したことで、世界中で興行旋風に乗じようとする様々な手法が登場している。米国では「イカゲーム」にインスピレーションを得て作ったという、「怪しい」仮想通貨まで登場、コインの価格が暴騰しているという。

とんでもない話だが、投資規模を見るとものすごい。取引から3日間で時価総額が84億6761万ドル(約9648億円)を突破している。9セント(約10.2円)のコインが3日間で130倍も暴騰したことになる。これに対し、米メディアなどでは「投資する前に格別な注意を払わなければならない」と呼びかけた。
https://news.yahoo.co.jp/articles/09e7162244d26c24517d899af5ee6b653e6ed436

イカゲームコイン1個当たり11.76ドル(約1339.46円)まで跳ね上がり一時は時価総額はなんと84億6761万ドルにも達しました。

ところが11月1日早朝(米国時間)に急落し、15分間で約60億ドルの時価総額が失われる結果となりました。

このイカゲームコインのウェブサイトとソーシャルメディアのアカウントはすでに閉鎖され、創設者たちのSNS上のプロフィールも存在しないことも判明。

このプロジェクトの背後に居る詐欺師たちが、推定210万ドル(約2億4000万円)を持ち逃げしたと報じられてています。

タイトルとURLをコピーしました