スーザン・ルフェーブル(マリー・ウォルシュ)脱獄犯が32年の逃亡生活

スポンサーリンク
デフォルト 0未分類

マリー・ウォルシュは脱獄犯として32年の逃亡生活の中でスーザン・ルフェーブルを名乗って結婚し家庭を持っていました。

3人の子供にも恵まれたものの、逃亡生活に終わりがやってきますが、「奇跡体験!アンビリバボー」や「ありえへん世界」でも紹介されました。

スポンサーリンク

スーザン・ルフェーブル(マリー・ウォルシュ)脱獄犯が32年の逃亡生活

■奇跡体験!アンビリバボー放送内容
【家族も知らない過去…母は脱獄犯だった!!】
2018年2月15日(木) 19時57分~20時54分

良妻賢母と評判の母…突然暴かれた信じられない衝撃過去!32年の逃亡生活!今は理想の良き母親に!隠された苦悩と葛藤!その時家族は!?家族の愛で仰天結末!

2008年、アメリカ・カリフォルニア州。この地に住むウォルシュ家は幸せを絵に描いたような家族だった。父・アランと母・マリーと3人の子供たち。マリーは家族を第一に考えるだけでなく、ボランティアにも積極的に参加する理想の主婦だった。しかし、ある日、何者からか監視されている気配を感じるようになる。家族の運命は一体どうなってしまうのか!?ミシガン州デトロイト女子刑務所から1人の女性受刑者が脱獄。脱獄したのは、19歳のスーザン・ルフェーブル。麻薬取引を現行犯逮捕、麻薬組織のリーダーとして懲役20年の判決を受け、服役中だった。家族への聞き込みなど捜査を行うもスーザンの足取りはつかめずにいた。しかし、警察のHPに目撃情報が寄せられた。そして、スーザンが住んでいると思われる家へとやって来ると…。一見関係ない2つの物語に隠された驚くべき真実とは一体!?
http://www.fujitv.co.jp/unb/

マリー・ウォルシュ、受刑者140217、スーザン・ルフェーヴルは同じ女性ですが、それぞれが全く異なる人生を表しています。

1974年1月8日、19歳だったウォルシュは、当時交際していたリチャード・A・アンダーソンとともに、トーマス・タウンシップでのおとり捜査で、おとり捜査官にヘロインを売った容疑で逮捕されました。

ルフェーヴルとアンダーソンは麻薬と共謀の罪を認め、それぞれ10年から20年の実刑判決を受けたが、ウォルシュは有罪を認めたことで執行猶予を約束されたという。

ウォルシュは、「私は、まさに獣の腹の中に入れられたのです」と語った。「いわゆる麻薬戦争を目の当たりにし、司法制度が麻薬問題にどのように対処しているかを目の当たりにしました」とウォルシュは語っています。

ウォルシュは、逮捕前に薬物を使用していたことは認めていますが、刑務所でのリハビリは刑期を終えようとしている人たちのためのものであり、彼女の1年19日の刑務所生活のほとんどは、改善しようとするよりも苦悩に満ちたものだったと言います。

ウォルシュさんは、「他の人たちと同じように私をクズにすると言われ続けました」と語ります。”彼らは私を潰すつもりだと言った”

1973年にアーサー・ヒル高校を卒業した彼女は、「外に出るしかない」と決心したという。

1976年にウェイン郡のスコット矯正施設から脱獄する際には、有刺鉄線のフェンスを登り、ジャケットで痛くないようにカバーした。

外には、祖父アルバートが待機していた。
祖父の車で自宅に戻り、両親から衣服・歯ブラシ・現金200ドルを渡される

そこから友達の車に乗り換え、カルフォルニア州へ逃亡に成功する

「私は逃亡者になりたくなかった」と彼女は言った。”一方では、そんな状況から逃れて自由になったことは本当に気持ちが良かったのですが、一方では本当に不安で、知っていることはすべて捨ててしまいました。”

“私は、刑務所での生活がどれほどひどいものかを知っていました。廊下ではレイプの音が聞こえてきて、いつ自分の番号が上がってくるのかと思っていました」とウォルシュは語ります。”誰も受刑者を信じてくれないから、私はこのような活動をしているのです。”

ウォルシュ被告の共同被告人でベトナム帰還兵のアンダーソンは、釈放されるまで約2年間服役した。彼は4年後に処刑スタイルで殺された。彼の殺害は未解決である。

1981年9月29日、スパルディング・タウンシップのイースト近くのバナー沿いを散歩していた夫婦が、水を張った溝の中にアンダーソンの遺体を発見した。

一方、ルフェーヴルはすでに西のカリフォルニアに向かっていた。彼女はミドルネームのマリーを名乗り、デイという名字を使い始めた。社会保障番号も自分と同じものを作り、カリフォルニア州の運転免許証も取得したという。

「免許証を手にしたときは誰よりも驚きました」と語る彼女は、新しいアイデンティティによって、ショッピングモールのジュースバーなど低賃金の仕事に就くことができましたが、それ以外の仕事はあまりできませんでした。「でも、1年後には別の仕事に移らなければならないことが多かったのです」。

年が経つにつれ、彼女は結婚し、3人の子供を授かった。しかし、彼女は常に検出を警戒していたという。

アメリカでは時効がない。一度迷宮入りした事件を2006年から再捜査することとなり、ホームページに情報を提供を呼び掛けていた。

ウォルシュはカリフォルニアの自宅でごく普通の生活を送っていました。でも、いつも心配していました。

2008年3月、サンディエゴ郊外に住む女性を探しているという匿名の情報が当局に寄せられたが、ウォルシュさんによると、その情報は単なる失踪者リストのサイトに過ぎなかった。捜査当局は彼女の身元を確認し、2008年4月に連邦保安官がウォルシュを、彼女が夫のアラン・ウォルシュと3人の子供と一緒に住んでいるカリフォルニア州デルマーの家の近所で呼び止めた。

その1ヵ月後、彼女は再びミシガン州の刑務所に入り、再びスーザン・ルフェーブルとなっていた。

2008年9月、彼女は脱獄の罪を認め、5年間の執行猶予と18ヶ月の仮釈放を言い渡されました。2009年1月、仮釈放委員会のメンバーは、満場一致で彼女の釈放を決定した。

旦那のアランも子供たちも、マリー(スーザン)が脱獄囚だという秘密は知りませんでした。

2004年にはマリー(スーザン)の母親が死去しましたが、逮捕される危険があるので葬儀に出席できないということもありました。
 
 

タイトルとURLをコピーしました