小籠包の神様パオ(ソー:ラブ&サンダー)元ネタは?みんなの感想は?

スポンサーリンク
デフォルト 0未分類

ソー:ラブ&サンダー(ソーラブアンドサンダー)で小籠包の神様パオの元ネタは?

■ソー:ラブ&サンダーあらすじ
『アベンジャーズ/エンドゲーム』後の世界―。
アスガルドの王として、そして宇宙を救うヒーローとして、家族や恋人、人類を守るために戦い走り続けてきたソーだが、多くの大切な人を失い、いつしか戦いを恐れるようになっていた。そんな彼が”自分は何者なのか“と我に立ち返り、「ヒーローは卒業だ。」と、ゼロから新たな道を歩むことを決める―。ハード・ロックスタイルの派手な衣装に身を包み“自分探し”に迷走していたソー。ノープラン&お茶目なソーの、波乱万丈な冒険の予感させるロック・バトル・アドベンチャーが遂に始動!

スポンサーリンク

小籠包の神様パオ(ソー:ラブ&サンダー)元ネタは?みんなの感想は?

「ソー:ラブ&サンダー」予告【仲間 “ソー”動員!の最強チームで立ち向かえ!】

全知全能の神ゼウスのいる星で神々が集う集会の中には多くの神が集っていましたが、小籠包の神に注目した人がたくさんいたようです。

タイトルとURLをコピーしました