底辺の職業ランキングとは?底辺仕事の一覧で就活の教科書に批判殺到

スポンサーリンク
デフォルト 0未分類

「底辺の職業ランキング」というコンテンツを公開していたことで「就活の教科書」に批判が殺到。

webサイトからはすでに該当記事は削除されていますが、「底辺の職業ランキング」という記事タイトルとその内容については大きな波紋を広げています。

スポンサーリンク

底辺の職業ランキングとは?底辺仕事の一覧で就活の教科書に批判殺到

就活情報サイト「底辺の職業ランキング」に批判殺到 12の職を羅列…運営会社は削除し「事実関係を確認する」

 記事は2021年5月までに公開された。編集部員と就活生の対話形式で、「世間一般的に呼ばれている底辺職業ランキングについて解説していきます」「底辺職の特徴やデメリット、底辺職を回避する方法について紹介していきます」と進む。

 記事の冒頭では「何を底辺職だと思うのかは人それぞれ」だとし、「一般的に底辺職と呼ばれている仕事は、社会を下から支えている仕事です。そのような方がいるからこそ、今の自分があるのだということには気づきましょう」と書かれている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/afc395511b4316d52e74df6bcab947ca920ac50d

「就活の教科書」の「底辺の職業ランキング」では 底辺職の特徴について、

(1)肉体労働である
(2)誰でもできる仕事である
(3)同じことの繰り返しであることが多い

という3点を挙げて12種類の職業を平均年収とともに紹介。

ただ記事内容をきちんと読むと、「就活の教科書」では「底辺の職業ランキング」を通して一定の職業を見下すとかさげすんでいるというわけではありません。

どちらかというと、仕事内容のわりに対価(報酬が見合わない)業種といったニュアンスで「底辺の職業ランキング」を取り上げています。

記事の冒頭では「何を底辺職だと思うのかは人それぞれ」としているように、「底辺の職業ランキング」で取り上げている業種に関しては給与体系を見直すべき職業なんじゃないかという目を背けてはいけないのではないでしょうか。

指摘されている介護職にもっとお金を注ぎ込むべきなのではないでしょうか?

「底辺の職業ランキング」はそういった提言をしているとも解釈できそうです。

底辺の職業ランキング(就活の教科書)にネットの口コミは?

タイトルとURLをコピーしました