鳥飼茜の学歴(大学,高校)や本名プロフィールのwiki経歴は?#セブンルール

スポンサーリンク
未分類

鳥飼茜さんは「サターンリターン」「先生の白い嘘」などの漫画を通じて、
女たちが直面する痛みや喜びの生々しく描く女性漫画家の一人。

「地獄のガールフレンド」では世間の激流でもみくちゃにされる
アラサー女性の本音や苦悩を赤裸々に描いたことが評判を呼びドラマ化もされましたが、
「セブンルール」や「5時に夢中」といったテレビ番組にも出演するようになりましたね。

スポンサーリンク

鳥飼茜wikiプロフィール(本名,大学など)

本名:非公開
生年月日:1981年8月13日
出身地:大阪府
大学:京都市立芸術大学(最終学歴)

Twitter(ツイッター):@torikaiakane

鳥飼茜(とりかい あかね)という名前は本名ではなくペンネームだそうです、
大学の友人に名付けてもらったあだ名をそのまま流用しています。

鳥飼茜さんの漫画作品にもよく現れていますが、
生来のだらしなさから子供のころから父親に「グズラ」と呼ばれ、
小学生の先生には忘れ物大王と呼ばれるなど、まるでちびまる子ちゃんの作者のさくらももこさんをなぞるような人生。

高校・大学と進学をしても鳥飼茜さんのずぼらさは治る気配はなかったようで、
単位が足りなかった為に学年末に一人で補習を受けさせられたり、
恩赦で進級・卒業させたもらったなどのエピソードを持っています。

鳥飼茜は古谷実の下でアシスタント

鳥飼茜さんは大学在学中に漫画賞に応募した作品が1発目で賞金15万円の賞を受賞するも、
その後に出したやつは全部、少女漫画の賞金1万円の賞くらいの小ヒットが続きます。

中学生や高校生が出して受賞するような賞ばかりで「自分は芸大で絵を習って、年齢も上で、いろんな物事を少しは知っているつもりなのに」と、
精神的にもかなりきつい心境に追い込まれたそうです。

そこで実績のある漫画家さんの下でアシスタントとして働くことにしたんですが、、その人が青年誌『ヤングマガジン』で数々の連載を持つ古谷実さん。

鳥飼茜さんはすごく大好きな作家さんで今も神のように尊敬をしているそうです。

鳥飼茜さんが本格的にデビューする前にも古谷実さんからは
「鳥飼さんは普段喋っていることのほうが全然面白いから、もっと普段喋っていることを描きなよ」
とアドバイスをしてくれたそうです。

鳥飼茜の漫画作品や受賞歴

2004年に読み切り作品で「別冊少女フレンド DX ジュリエット」でデビューすると、
2010年に月刊の青年誌「モーニング・ツー」で『おはようおかえり』の初連載をスタート。

その後、「おんなのいえ」や「先生の白い嘘」といった漫画作品を発表していく中で、
「おんなのいえ」が2014年「このマンガがすごい!2014」オンナ編の第9位を獲得。

「このマンガがすごい!2014」オンナ編では

ミステリと言う勿れ
元カレが腐男子になっておりまして。
二匹目の金魚
7SEEDS 外伝
凪のお暇

といった作品が上位にランクインしており「凪のお暇」がドラマ化されたように、
新人漫画家にとっては漫画がヒットするかどうかの登竜門的な賞かもしれませんね。

■鳥飼茜の漫画作品一覧
ドラマチック
わかってないのはわたしだけ
おはようおかえり(全5巻)
おんなのいえ(全8巻)
先生の白い嘘(全8巻)
地獄のガールフレンド(全3巻)
ロマンス暴風域(全2巻)
前略、前進の君(Maybe!で連載中)
マンダリン・ジプシーキャットの籠城(ダ・ヴィンチで連載中、既刊2巻)
漫画みたいな恋ください
サターンリターン(ビッグコミックスピリッツで連載中、既刊3巻)

鳥飼茜のドラマ化された漫画作品「地獄のガールフレンド」

「地獄のガールフレンド」は2019年10月に地上波ではないもののFODでドラマ化されました。

加藤ローサ、武田梨奈、猪塚健太、上村海成、桜井ユキといった役者が出演し、
全く関わりのなかった女性3人がそれぞれを客観視し、ストレートに意見しあうのがストーリのメイン。

性格や仕事、立場が全く違うものの“友達がいない”という唯一の共通点を持つ女性3人は、
最初はプライベートに踏み込まれることを拒否するものの、やがて今まで誰にも言えなかった悩みを明かせる間柄になっていきます。

鳥飼茜は離婚・再婚後に浅野いにおと結婚!

鳥飼茜さんは同じく漫画家の浅野いにおさんと結婚したこと報告をしていますが、
実はそれ以前に結婚・離婚を経験していたので、バツイチの再婚ですね。

鳥飼茜さんと浅野いにおさんが再婚に至るまでのなれそめは、
2018年6月から9月までの4ヶ月間にわたってwebちくまで連載された「漫画みたいな恋ください」にもつづられています。

ほぼ同時期の私生活をつづった日記漫画で、浅野いにおさんと出会う前の当時の恋人との確執や、
元夫との間に生まれた息子との衝突などが赤裸々に描かれています。

漫画家としての苦悩も描かれていたんですが、連載中は実名が伏せられていた
「恋人」が浅野いにお氏だったということが明らかになりました。

ちなみに浅野いにおさんの代表作である「ソラニン」2005年から2006年にヤングサンデーに連載され、宮﨑あおいさん主演により映画化されています。

他にも代表作は『おやすみプンプン』『うみべの女の子』などがあります。

鳥飼茜の子供は?

鳥飼茜さんは子供はいるのかというと、Twitterを見ると息子さんがいらっしゃることがわかります。

タイトルとURLをコピーしました