東京五輪サッカーU-24ホンジュラス代表メンバーは?注目選手は?

スポンサーリンク
0未分類

東京五輪サッカーに出場するU-24ホンジュラス代表メンバーや注目選手をまとめています。

スポンサーリンク

U-24ホンジュラス代表 メンバー

2020年CONCACAF男子オリンピック予選に招集された選手は以下の20名です。

1 GK Alex Guity 20 September 1997 (age 23) Honduras Olimpia アレックス・ギティ 1997年9月20日(23歳) ホンジュラス オリンピア
12 GK Michael Perello 11 July 1998 (age 22) Honduras Real Espana マイケル・ペレロ 1998年7月11日(22歳) ホンジュラス レアル・エスパーニャ
18 GK Enrique Facusse 30 December 1998 (age 22) United States University of Kentucky エンリケ・ファクセ 1998年12月30日(22歳) アメリカ合衆国 ケンタッキー大学
2 DF Denil Maldonado 26 May 1998 (age 23) Chile Everton デニル・マルドナド 1998年5月26日(23歳) チリ エバートン
3 DF Wesly Decas 11 August 1999 (age 21) Honduras Motagua ウェスリー・デカス 1999年8月11日(21歳) ホンジュラス モタグア
4 DF Carlos Melendez 8 December 1997 (age 23) Honduras Vida カルロス・メレンデス 1997年12月8日(23歳) ホンジュラス ヴィーダ
5 DF Cristopher Melendez 25 November 1997 (age 23) Honduras Motagua クリストファー・メレンデス 1997年11月25日(23歳) ホンジュラス モタグア
6 DF Jonathan Nunez 26 November 2001 (age 19) Honduras Motagua ジョナサン・ヌニェス 2001年11月26日(19歳) ホンジュラス モタグア
16 DF Jose Antonio Garcia 21 September 1998 (age 22) Honduras Real de Minas ホセ・アントニオ・ガルシア 1998年9月21日(22歳) ホンジュラス レアル・デ・ミナス
7 MF Alejandro Reyes 5 November 1997 (age 23) Honduras Real Espana アレハンドロ・レイエス 1997年11月5日(23歳) ホンジュラス レアル・エスパーニャ
8 MF Edwin Rodriguez 25 September 1999 (age 21) Honduras Olimpia エドウィン・ロドリゲス 1999年9月25日(21歳) ホンジュラス オリンピア
14 MF Joseph Rosales 6 November 2000 (age 20) Panama Independiente ジョセフ・ロサレス 2000年11月6日(20歳) パナマ インデペンディエンテ
15 MF Kervin Arriaga 5 January 1998 (age 23) Honduras Marathon ケルビン・アリアガ 1998年1月5日(23歳) ホンジュラス マラソン
17 MF Jose Pinto 27 September 1997 (age 23) Honduras Olimpia ホセ・ピント 1997年9月27日(23歳) ホンジュラス オリンピア
20 MF Carlos Argueta 28 February 2002 (age 19) Honduras Vida カルロス・アルゲタ 2002年2月28日(19歳) ホンジュラス ヴィーダ
9 FW Juan Carlos Obregon 29 October 1997 (age 23) United States Hartford Athletic フアン・カルロス・オブレゴン 1997年10月29日(23歳) アメリカ合衆国 ハートフォード・アスレチック
10 FW Rigoberto Rivas 31 July 1998 (age 22) Italy Reggina リゴベルト・リバス 1998年7月31日(22歳) イタリア レッジーナ
11 FW Darixon Vuelto 15 January 1998 (age 23) Honduras Real Espana ダリクソン・ブエルト 1998年1月15日(23歳) ホンジュラス レアル・エスパーニャ
13 FW Luis Palma 17 January 2000 (age 21) Honduras Vida ルイス・パルマ 2000年1月17日(21歳) ホンジュラス ヴィーダ
19 FW Douglas Martinez 5 June 1997 (age 24) United States Real Salt Lake ダグラス・マルティネス 1997年6月5日(24歳) アメリカ レアル・ソルトレイク

Alex Guity アレックス・ギティ

Alex Nahid Guity Barrios(1997年7月20日生まれ)は、ホンジュラスのプロサッカー選手で、C.D.オリンピアとホンジュラス代表のゴールキーパーとして活躍しています。身長180㎝。

グィティは、2019年4月8日にF.C.モタグアと0-0で引き分けたリーガ・ナシオナルで、オリンピアでプロデビューしました。

CONCACAF男子オリンピック予選大会ゴールデングラブ:2020年
CONCACAF男子オリンピック予選大会ベストイレブン:2020年

Michael Perello マイケル・ペレロ

12 GK Michael Perello 11 July 1998 (age 22) Honduras Real Espana マイケル・ペレロ 1998年7月11日(22歳) ホンジュラス レアル・エスパーニャ

Enrique Facusse エンリケ・ファクセ

18 GK Enrique Facusse 30 December 1998 (age 22) United States University of Kentucky エンリケ・ファクセ 1998年12月30日(22歳) アメリカ合衆国 ケンタッキー大学

Denil Maldonado デニル・マルドナド

デニル・オマール・マルドナド・ムンギア(1998年5月26日生まれ)は、ホンジュラスのプロサッカー選手で、リーガMXのパチューカからレンタルされているチリのクラブ、エバートン・デ・ビーニャ・デル・マルとホンジュラス代表でディフェンダーとしてプレーしている[1][2]。

モタグア
マルドナドは、ディエゴ・バスケス監督が率いるF.C.モタグアでプロとしてのキャリアをスタートさせました。2015年9月6日、ホームでのC.D.レアル・ソシエダ戦(4-2)でデビューした[3]。 2018年12月2日、アペルトゥーラ大会準決勝のプラテンセF.C.戦で初ゴールを決めた[4]。

パチューカ
2020年1月19日、マルドナドはメキシコのC.F.パチューカに1年間のレンタル移籍で加入し、6カ月が経過した時点で買い取りオプションが付くことになった[5]。 翌1月28日、コパMXラウンド16のヴェナドスF.C.戦で3-1(合計4-2)の勝利でデビューした[6]。

エバートン
9月9日、パチューカとモタグアがマルドナドのローンを2021年7月まで延長することに合意したため、マルドナドはチリ・プリメーラ・ディビシオンのエバートン・デ・ヴィーニャ・デル・マルに6カ月間貸し出された[7][8]。

代表歴
アンダー17
マルドナドはホンジュラス代表として、2015年FIFA U-17ワールドカップ(チリ)に出場した[9]。

アンダー20
マルドナドは、コロンビアで開催された2018年中米カリブ大会にホンジュラスU-20で出場しました。全5試合に出場し、トリニダード・トバゴ戦ではゴールを決めた[10]。

アンダー23
2019年7月23日、マルドナドはペルーのリマで開催された2019年パンアメリカンゲームのホンジュラス代表に選出された[11]。 彼は大会を通してチームのキャプテンを務め、メキシコとのPK戦で決定的なPKを決めてホンジュラスを決勝に送り出した[12]。 彼は金メダルマッチに出場したが、ホンジュラスはアルゼンチンに4-1で敗れた[13]。

シニア
2019年9月5日に行われたプエルトリコとの親善試合で、先発としてシニア代表にデビューした[14]。

Wesly Decas ウェスリー・デカス

Wesly Roberto Decas(1999年8月11日生まれ)は、ホンジュラスのプロサッカー選手で、Motaguaの左サイドバックとして活躍しています。

モタグア・リザーブ、アトレティコ・インデペンディエンテ、クラブトライアル
デカスはF.C.モタグアとの契約でキャリアをスタートさせた。彼はアトレティコ・インデペンディエンテと契約するまで、リザーブチームでプレーしました。2017年のCONCACAF U-20選手権と2017年のFIFA U-20ワールドカップでU-20代表として国際的な印象を残した彼は、イングランド・プレミアリーグのチームであるリバプールF.C.とオランダ・エールディビジのチームであるPSVアイントホーフェンからトライアルのオファーを受けた[要出典]。

FCフアレス
2017年8月29日、デカスはアセンソMXのメキシコチーム・FCフアレスと1シーズンの長期レンタル契約を結んだ[1]。 2018年1月10日、コパMXのLobos BUAP戦で3-1の勝利を収め、デビューを果たした。

C.D.ナシオナル
2018年7月22日、ポルトガル・プリメイラ・リーガのチームであるC.D.ナシオナルは、デカスを2年間のローンで獲得したことを発表しました[2]。 デカスは、2018年8月26日のビトリア・セトゥーバル戦(2-1)でデビューしました[3]。 同僚のブライアン・ロチェスと一緒にプレーし、ロチェスから家族に会わせてもらったこともありました[4]。 2019年1月24日、デカスは「プレーしていなかったので辞めたが、それが影響した」と言って、ナシオナルとの契約を解除しました[5]。

アトランタ・ユナイテッド2
2019年2月15日、アトランタ・ユナイテッド2は、2019年シーズンのデカスのローン契約を発表しました。[6] デカスは、セントルイスFCとの2-0のアウェイ戦で、フロレンティン・ポグバの代役として出場し、デビューを果たしました。

Carlos Melendez カルロス・メレンデス

カルロス・エドゥアルド・メレンデス・ロサレス(1997年12月8日生まれ)は、ホンジュラスのプロサッカー選手で、ホンジュラス・リーガ・ナシオナルのF.C.モタグアでディフェンダーとして活躍しています。

カルロスの兄、デニス・メレンデスもプロのサッカー選手である

メレンデスは、2018年7月28日に行われたC.D.マラソンとのリーガ・ナシオナルの0-0の試合で、ヴィーダでプロデビューを果たした

Cristopher Melendez クリストファー・メレンデス

Cristopher Aaron Melendez Suazo(1997年11月25日、ホンジュラス、アトランティダ州、ラ・セイバ生まれ)は、ホンジュラスのサッカー選手です。現在の所属クラブは、ホンジュラス・リーガ・ナシオナルのモタグアです。

モタグァ
2016年のアペルトゥーラ大会では、ディエゴ・マルティン・バスケスが監督を務めるモタグアのリザーブチームとプロチームを交互に戦うようになった。2016年9月8日、3-1の敗北に終わったオリンピアとのスーペルクラシコでプロデビューを果たしました。

Jonathan Nunez ジョナサン・ヌニェス

Jonathan Adid Nunez Garcia(2001年11月26日生まれ)は、ホンジュラスのプロサッカー選手で、Motaguaの右サイドバックとして活躍しています。

Jose Antonio Garcia ホセ・アントニオ・ガルシア

Jose Antonio Garcia Robledo(1998年9月21日、養老町オランチート)は、ホンジュラスのサッカー選手です。現在の所属は、ホンジュラス・リーガ・ナシオナルのオリンピアです1。

ジュニアナショナルチーム
U-20ホンジュラス代表にも選ばれています。2018年7月10日、コロンビアのバランキヤで開催される「第23回中米カリブ大会」にカルロス・タボラが招集したことが発表されました。

Alejandro Reyes アレハンドロ・レイエス

ホセ・レイスとして知られるホセ・アレハンドロ・レイス・セルナ(1997年11月5日生まれ)は、ホンジュラスのプロサッカー選手で、レアル・エスパーニャのミッドフィールダーとして活躍しています。

2017年FIFA U-20ワールドカップのホンジュラスU-20代表に選出され、グループステージで敗退した同代表の全試合に出場しました[1]。

2019年CONCACAFゴールドカップのホンジュラス・シニア代表に選出され、2019年6月21日、0-1で敗れたキュラソー戦で、ミハエル・チリノスの代役として76分に出場し、デビューを果たした[2]。

Edwin Rodriguez エドウィン・ロドリゲス

エドウィン・アレクサンダー・ロドリゲス・カスティーヨ(1999年9月25日生まれ)は、ホンジュラスのプロサッカー選手で、C.D.オリンピアやホンジュラス代表でセントラルまたはワイドのミッドフィールダーとして活躍しています。

Joseph Rosales ジョセフ・ロサレス

Joseph Yerimid Rosales Erazo(ジョセフ・ロザレス、2000年11月6日)は、ホンジュラスのサッカー選手で、Indepのミッドフィールダーとして知られています。La Chorrera.

クラブ
2018年にはパナマ1部リーグでデビューしました。

代表歴
ホンジュラスU-20代表では、2019年U-20ワールドカップに参加しました。

Kervin Arriaga ケルビン・アリアガ

Kervin Fabian Arriaga Villanueva(1998年1月5日生まれ)は、ホンジュラスのプロサッカー選手で、Marathonの守備的MFとして活躍しています。

アリアガは2017年2月5日、クラウスーラ大会のジュタルパF.C.戦で3-1の勝利を収め、プラテンセF.C.でデビューした[1][2]。 翌4月12日のC.D.レアル・ソシエダ戦では1-1の引き分けで初ゴールを決めた[3]。

2019年7月23日、アリアガはC.D.マラトンと契約した[4]。 翌8月17日のロボスUPNFM戦で1-0の勝利でデビューした[5]。 9月28日のF.C.モタグア戦で2-1の勝利で初ゴールを決めた[6]。

代表歴
2020年10月10日、ニカラグアとの親善試合で代表デビューを果たした[7]。

Jose Pinto ホセ・ピント

17 MF Jose Pinto 27 September 1997 (age 23) Honduras Olimpia ホセ・ピント 1997年9月27日(23歳) ホンジュラス オリンピア

Carlos Argueta カルロス・アルゲタ

チームは、ホンジュラス・ナショナル・リーグのクラブ・デポルティボ・オリンピアです。

Juan Carlos Obregon フアン・カルロス・オブレゴン

フアン・カルロス・オブレゴンJr. 1997年10月29日生まれ)は、アメリカ生まれのホンジュラス人プロサッカー選手で、USLチャンピオンシップクラブのHartford Athleticでフォワードとして活躍しています。

オブレゴンJr.は、ニューヨーク州ニューヨークで、ホンジュラスからの移民であるフアンとマリアの間に生まれた

大学、アマチュア、ユース
オブレゴンJr.は、2015年から2016年までの2年間、シエナ大学で大学サッカーをプレーしました[2]。 大学在学中の2016年には、USL PDLのF.A.ユーロにも出演しました[3]。 シエナ在学中、オブレゴンJr.は、ハートフォード・アスレチックでもチームメイトとなるコナー・マクリンと一緒にプレーしました[4]。

大学卒業後、オブレゴンJr.はリーガMXのネカクサに入団。20歳以下のチームに所属し、24試合に出場して6ゴールを記録した[5]。

2019年9月、オブレゴンJr.はUSLチャンピオンシップのリオグランデバレーFCと契約した[6][4]。

2021年4月、オブレゴンJr.は、2021年のUSLチャンピオンシップ・シーズンに向けて、USLチャンピオンシップ・サイドのハートフォード・アスレティックと契約した[7]。

代表歴
2017年、ホンジュラスU-20チームに所属していたが、2017年CONCACAF U-20選手権に参加している間は出場しなかった[8]。

オブレゴンJr.は、2021年3月に開催された2020年CONCACAF男子オリンピック予選選手権のホンジュラスU-23チームで初出場し、ホンジュラスがハイチに3-0で勝利した際に後半から出場した。オブレゴンJr.はホンジュラスの開幕ゴールを決め、チームがアメリカを破り、夏季オリンピックの出場権を獲得するのに貢献した[1]。

Rigoberto Rivas リゴベルト・リバス

リゴベルト・マヌエル・リバス・ビンデル(1998年7月31日生まれ)は、ホンジュラスのプロサッカー選手で、インテル・ミラノからレンタルされているセリエBのレッジーナ1914とホンジュラス代表で、ミッドフィールダーまたはフォワードとしてプレーしています。

プラート
ホンジュラスのバルファテで生まれた[1]リバスは、イタリアのレガ・プロのクラブ、プラートでプロとしてのキャリアをスタートさせました。2016年5月8日にプロデビューを果たした[2] リバスは同シーズン、同クラブの19歳以下のユースチーム「ベレッティ」でもプレーしていた[3] リバスは2013年2月24日、プラートのU15チームでも試合に出場している。しかし、彼はまだ資格を得ていなかった(正式に登録されていなかった)ため、FIGCが3-0でグロッセートに有利な結果を与えたように、チームはグロッセートとの試合に負けてしまった[4]。

インテルナツィオナーレ
プラートは2014年にインテルナツィオナーレと3年間のパートナーシップ契約を結び[5]、2016年8月30日にリバスを当初は一時的にインテルナツィオナーレに売却した[6]。 同クラブの19歳以下のチームは2016-17年のカンピオナート・ナツィオナーレ・プリマヴェーラで優勝し、決勝戦ではリバスが先発出場した[7]。

また、リバスはインテルのトップチームからも招集を受けた。19歳以下の監督であり、トップチームの世話役でもあるステファノ・ヴェッキは、2017年5月28日のウディネーゼ戦でリバスを招集した。リバスは42番のシャツを割り当てられた。彼は未使用の代役だった[8] リバスは2017年7月9日にトップチームで非競争的なデビューを果たした[9] 彼は7月7日にインテルと直に契約した[10] 。

ブレシアへのレンタル
2017年8月31日、セリエBのブレシアと買い取りオプション付きのシーズンレンタル契約を結んだ[11] 9月10日、1-0でアウェイのパルマ戦に勝利した際、64分にマッテオ・コルテシに代わる交代要員として、ブレシアでセリエBデビューを果たした。 [12] 10月8日、ヴィルトゥス・エンテラとのアウェイ戦で3-0の敗戦を喫し、74分にアレッサンドロ・マルティネッリと交代した。[13] 10月20日、クレモネーゼとのアウェイ戦で2-0の敗戦を喫し、ブレシアで初めて全試合に出場した。[14] 。

テルナナへのレンタル
2018年7月21日、リバスはテルナナに2019年6月30日までのレンタル移籍で契約した[15][16] コッパ・イタリア第2戦のカルピ戦でデビューし、2-0の勝利で2点目を決めた。

レッジーナへのレンタル
2019年9月2日、レッジーナにレンタル移籍した[17]。 翌11月23日、レンデ戦で4-1の勝利を収め、リバスは初ゴールを決めた[18]。 2020年8月27日、インテル・ミラノとレッジーナは、レンタル期間をもう1シーズン更新した[19]。

代表歴
リバスは、2017年のCONCACAFゴールドカップでホンジュラス代表から招集を受けた[20]。 しかし、最終的なメンバーからは外れた[21]。 しかし、2019年6月5日と9日に行われたパラグアイとブラジルとの親善試合では招集を受けた[22]。 パラグアイ戦では先発でデビューし、1-1の引き分けに終わった[23]。

Darixon Vuelto ダリクソン・ブエルト

Darixon Eniel Vuelto Perez(1998年1月15日生まれ)は、ホンジュラス出身のプロサッカー選手で、レアル・エスパーニャのフォワードとして活躍しています。

2013年9月8日、1-2で敗れたアウェーのオリンピア戦で先発出場し、わずか15歳でシニアデビューを果たしました[1]。

2014年10月16日、マラソンとのホーム戦で1-1の引き分けとなった際に、同点ゴールを決め、シニアとしての初ゴールを記録しました。翌年5月には、デンマークのスーパーリーガ・クラブであるFC Midtjyllandのトライアルを受けたが[3]、何の成果も得られなかった。

2016年6月7日、ブエルトはスペインのセグンダ・ディビシオンに所属するCDテネリフェと1年間のレンタル契約を結んだ[4]。

代表歴
2019年11月14日、CONCACAFネーションズリーグのマルティニーク戦でホンジュラス代表サッカーチームとしてデビューした[5]。

Luis Palma ルイス・パルマ

ルイス・エンリケ・パルマ・オセゲラ(2000年1月17日生まれ)は、ホンジュラスのプロサッカー選手で、ヴィダでミッドフィールダーまたはフォワードとしてプレーしている[2]。

クラブでのキャリア
母国ホンジュラスのヴィーダで2シーズンを過ごしたパルマは、2019年2月12日にUSLチャンピオンシップのレアル・モナークスにレンタル移籍しました[3]。

Douglas Martinez ダグラス・マルティネス

ダグラス・マルティネス(1997年6月5日生まれ)は、ホンジュラス出身のプロサッカー選手で、メジャーリーグサッカーのレアル・ソルトレイクとホンジュラス代表のフォワードとして活躍しています。

ホンジュラスのオランキートで生まれたマルティネスは、Vidaのユースでキャリアをスタートさせました。

ヴィーダ
2013年9月7日、16歳のマルティネスは、ホンジュラス1部リーグのレアル・ソシエダ・デ・トコアとの試合で、ヴィーダでプロデビューを果たしました。この試合は2-2の引き分けに終わりました。2016年7月31日、トコアのエスタディオ・フランシスコ・マルティネス・ドゥロンで行われたレアル・ソシエダ戦で、1-1の引き分けに終わった試合でプロ初ゴールを決めました。

2016年10月5日、ユナイテッド・サッカー・リーグのニューヨーク・レッドブルズIIで10日間のトライアル期間に入ることが確認された[1]。 ニューヨーク側でのトライアルの後、マルティネスはヴィーダに戻り、2017年のシーズン中に13回出場し、9試合に先発して1ゴールを決めた。

ニューヨーク・レッドブルズII
2016年のトライアルでクラブに感銘を与えたマルティネスは、2017年4月26日、CDヴィーダからニューヨーク・レッドブルズIIにレンタル移籍することが発表されました[2]。 2017年5月6日、マルティネスはニューヨークでのデビューを果たし、ハリスバーグ・シティ・アイランダーズに3-1で勝利し、クラブの決勝ゴールを決めました[3]。

レアル・モナークス
2019年1月23日、マルティネスはアメリカに戻り、USLチャンピオンシップのレアル・モナークスに加入しました[4]。

レアル・ソルトレイク
レアル・モナークスで活躍したマルティネスは、MLSの親会社であるレアル・ソルトレイクに移籍した[5]。

代表歴
2017年のCONCACAF U-20選手権では、6試合中5試合に先発出場し、1ゴールを挙げ、ホンジュラスは2位で2017 FIFA U-20ワールドカップ(韓国)の出場権を獲得しました。2019年にペルーで開催されたパンアメリカンゲームにホンジュラス代表として出場し、2得点を挙げて銀メダルを獲得しました[6] マルティネスは、10月10日と13日に行われたCONCACAFネーションズリーグの試合でシニアチームに招集されました。デビュー戦となったトリニダード・トバゴ戦では、アウェーのトリニダードで2-0の勝利を収め、得点を決めた[7]。

タイトルとURLをコピーしました