闇金ウシジマくんフリーエージェントくん編の最後(ラスト)ネタバレ!あらすじは?

スポンサーリンク
デフォルト 0未分類

漫画「闇金ウシジマくん」フリーエージェントくん編の最後(ラスト)はどんな結末なでしょうか?あらすじは?

スポンサーリンク

闇金ウシジマくんフリーエージェントくん編の最後(ラスト)ネタバレ!あらすじは?

漫画「闇金ウシジマくん」フリーエージェントくん編の主人公は村上仁くん。

以前ヤンキーくん編で出てきたマサルの友達のデブでない方です。友人達と比べ、日雇いで働いている自分をみじめに思った村上仁くん。一念発起で親から貰った(貯金をしてくれてた)なけなしの金をはたき、どうやら世間で儲かっていると噂の怪しげなアフィリエイトビジネスに手を出してみた。思いの外ビジネスは難しく、たちまち資金が尽きてしまう。

ひょんなことからこのビジネスのからくりに気づいた村上仁くんは塾長天生翔(与沢翼氏に似ている)に近づこうとカウカウから借金をして金儲けに奔走する。勧誘も次々成功し、売上上位に。が勧誘した仲間達(カウカウに借金をさせた)に裏切られ天生翔共々お金を奪われてしまう。(この時の仲間はヤンキーくん編に出てきたフードを目深に被ったスタンガン持ったガキ共です)何もかも失いその時にお金を稼ぐのだけが幸せだという事でないと気づいた村上仁くんは、最後親に詫びを入れ元の日雇いに戻っていきました。同じく天生翔も天生塾を引退する。後日海に近い田舎で
低所得の若者達でも暮らせるような企業を立ち上げている村上仁くんの姿が…村上仁くんを裏切った仲間達はマサル率いる獏木達にやきを入れられせっかく奪ったお金も獏木達に持っていかれました。最後、とある場所で
携帯を確認する村上仁くん。身体障害者になってしまった仲間達や(獏木達にアキレス腱をニッパーで切られた)、仁のお父さん達など色んな繋がりのある人達からのメールを確認した。
その内フリ-エージェント時代に知り合った彼女のりなから電話が。お金持ちでなくなっても付いてきてくれた彼女りな。村上仁くんと久々に会い将来の展望を語り合っている所にマサルから一本の電話が…。復讐くん、ヤクザくん編に続く…。おわり

ちなみに逃亡者くん編でのマサルの偽名で村田仁は村上仁をもじっているのかと思われます。

■加賀勝(かが まさる)wiki
第9話で入社した不良少年。「ヤクザくん」編および「逃亡者くん」編のキーパーソンの1人。通称:マサル。
貧しい母子家庭に育ち、高校にも行かない無為な日々を過ごしていた。そんな中、愛沢とトラブルを起こし『カウカウファイナンス』に連れて来られたことがきっかけで入社。その後、愛沢に殺されかけ丑嶋に助けを求めるが、会社の顧客名簿を盗み、丑嶋に内緒でその客に金を融資していたため見殺しにされる。しかし間一髪で高田に助けられる。その後、丑嶋に土下座をして、カウカウファイナンスをクビにはならず働き続けることになる。
その後はこの一件に加え、カウカウファイナンスから金を借りていた自分の母親を風俗に売ろうとしていた丑嶋を恨み、復讐の機を伺うようになる。当初から比べ徐々に風貌が変わり、「目つきの悪いチビ」と言われ、鍛えてもいるようで力は強くなり、風貌はヤンキーそのものとなる。闇金から金を借りている母親を軽蔑しながらも、母親思いな一面も見られる。コンビで行動する時は高田と共にいることが多い。返済の意思を見せない債務者へは暴力も厭わないが、丑嶋に追い込まれた債務者を「ちゃん」付けの愛称で呼び、最後まで心配する描写も見られた。
「ヤクザくん」編では、丑嶋に恨みを持つ飯匙倩組や肉蝮と手を組み丑嶋への復讐を実行する。カウカウファイナンスを辞めた加納を拉致するなどして、丑嶋への復讐作戦は順調に進めているように見えたが、熊倉に説得されたことにより飯匙倩組の金庫番を殴り、中の金を奪い途中で逃亡し、復讐自体も最終的には失敗した。
「逃亡者くん」編では、逃亡先の沖縄で闇金業を営む金城の元で「村田仁(むらた じん)」という偽名を使い生計を立てている。沖縄でも債務者から厳しく取り立てを行う一方で、のどかの境遇を見て彼女を救うために動く。しかし、復讐前に高田へ持ち掛けた話の内容から沖縄へ潜伏していることを丑嶋に勘付かれ、戌亥に居場所を特定されたことにより丑嶋に捕まり、自身の行いによって加納の死を招いたという事実を突きつけられ愕然とする。一時は丑嶋に殺されることも覚悟していたが、奪った金を取り戻して帰ろうとする丑嶋にあっけにとられ思わず本音を叫ぶ。最終的には丑嶋と和解するも別れを告げられ、のどかの元からも去った。
その後は大阪で手配師をやっており、最終話では高田と沖縄で再会し、細々と金融業をやりながら暮らしていることが明かされた。

闇金ウシジマくんフリーエージェントくん編にネットの口コミは?

タイトルとURLをコピーしました