windows update KB5000802 / KB5000808適用でブルースクリーン回避は?

スポンサーリンク
未分類

先日のwindows update「Windows 10 Version 2004/20H2用の3月の月例更新プログラム」をインストール後、ブルースクリーンが表示される(BSOD)というPCクラッシュ事案が発生しているようです。

スポンサーリンク

windows update KB5000802 / KB5000808適用でブルースクリーン回避は?

windows updatedで「KB5000802」もしくは「KB5000808」を適用後、特定のプリンターを使用するとブルースクリーン(BSOD)が発生し、Windows 10がクラッシュするという報告が寄せられています。

ブルースクリーン画面には「APC_INDEX_MISMATCH for win32kfull.sys」というエラーメッセージが確認できます。

「KB5000802」もしくは「KB5000808」による不具合を回避するには更新プログラムをアンインストールするだけで済みます。

「KB5000802」もしくは「KB5000808」を手動でアンインストールするか、復元ポイントを設定していれば以前の復元ポイントにロールバックすることで不具合を回避することができまsう。

※ドライバーを最新のバージョン「KX Universal Printer Driver (v.8.1.1109)」にアップグレードする方法は効果がないそうです。

■手動で更新プログラムをアンインストールする手順
「設定 > 更新とセキュリティ > Windows Update」を開く。
「更新履歴の表示」をクリックする。
「更新プログラムのアンインストール」リンクをクリックする。

一覧から該当の更新プログラム(「KB5000802」もしくは「KB5000808」)を探してアンインストールを実行する。

なおアンインストール後は設定でアップデートを一時停止しておかないと、また自動で「KB5000802」もしくは「KB5000808」がインストールされ同じ不具合が発生してしまうので注意しましょう。

KB5000802 / KB5000808不具合のプリンタは?

ツイッターに投稿されている情報によると、

京セラ
リコー
Dymo
ブラザー

のプリンター一部機種で、KB5000802 / KB5000808不具合が多くみられるようです。

windows update KB5000802 / KB5000808適用でブルースクリーンにネットの反応

タイトルとURLをコピーしました